発信力を高めるコトはネットビジネスで必須!ブログで鍛えるテクニック

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

発信力ってあまり聞き慣れない言葉ですよね?私もあまり聞いたことがない言葉ですが、無意識に鍛えることができていました。

この発信力は今後も必要とされ、鍛えておいて損はない力です。もう攻撃力と防御力を高める時代は終わりです。

ビジネスの基本は「発信」すること

発信力 ビジネス
ビジネスで「発信」することは非常に重要なことですが、なぜ必要とされているのか?

発信力が必要とされる

発信力とカッコつけた言い方ではありますが、この力は現在も今後も必要になってきます。ネットが当たり前の時代。

SNSで拡散されるために、常日頃ネタ探しをしている人は多いのでは?しかも人気の商品などの写真を撮ってSNSに投稿する。

それではライバルが多いので、他の人は既に知っている情報かもしれません。情報発信には、人の興味を引く力があるのです。私はSNS戦士ではないので、違う方法で発信しています。

きむ
SNSはネタ系のコンテンツでも拡散される。ふざけたことをするだけで注目を浴びることができるので、過剰なことをする人が多くなっているのが問題。それは発信力ではなく異常力。

わかりやすく伝える力

発信をすることで必要なことは「わかりやすく伝える」こと。

学校の教科書を読んでもつまらないと感じたはずなのに、先生が面白く伝えてくれるだけで、つまらない教科書の内容が面白く感じることができます。

不思議なことですが、このように伝え方が違うだけで、受信する側の興味を引きつけることができます。伝え方が上手い人はビジネスでも成功している人が多いですね。

プレゼンが上手いイメージがありますし、伝える力が非常に高いということです。

ネットビジネスでも発信することが基本

アフィリエイトで稼ぐためにも、情報を発信することが基本となります。

リアル、ネット、どちらの世界でも発信することは必要で、発信する力がある人は、生き残ることができます。

私はネットを使って発信しています。1日外に出ることなく家の中で発信することは当たり前。こんな奴でも稼ぐことができるのが魅力なのがネットビジネス(笑

ネットの場合は、自分の家にいながら、全国の人に向けて情報を発信することができるのが、非常に大きなメリットですね。

わざわざ、各地域を回って伝えたいことを伝えることをしなくていいわけですから。気分転換に喫茶店で発信するなど、場所問わず発信することができるのもメリットの1つ。

きむ
ネットでも情報発信できる時代。リアルにこだわると、逆に取り残されてしまう。

引きこもりでも情報発信できる時代

引きこもりでも、ネット環境とパソコンさえあれば、情報発信できる時代です。私は引きこもって情報発信をしているわけですが、毎日が自由です。

何も縛りがないので、自分との戦いにはなりますが、引きこもっても情報は発信できるということです。引きこもりをナメんなよー(笑

ブログで発信力を鍛える方法

発信力 鍛える
ネットで情報発信する1つの方法としてブログがあります。私はブログで情報を発信して、グーグル上にゴミを量産しているわけですが、このブログで全国の人に情報発信できるので、効率よく発信することができますね。

また、ブログで発信力を鍛えることができるのでオススメですね。まあ、私が発信力を鍛えている方法は単純ですが紹介しておきます。

自分に自信を持つ

自分に自信を持って情報発信する。ただこれだけです。初めは自信がないことは当たり前ですが。自信を持つことを意識するだけでもいいので、自信を持つこと。

自信を持って発信できるようになれば、自然と記事をスラスラ〜っと書けるようにもなりますし。根拠がなくても自信を持つことも、1つの力です。

ひたすら発信し続ける

ブログで鍛える場合は、ひたすら発信しているだけで、発信力を鍛えることができます。

毎記事、何も考えずに更新しては意味がありませんが、ダメだと感じたところは改善して、発信することを繰り返すうちに、自分の発信方法を作ることができます。

もちろん諦めてはいけません。ひたすら発信し続けてください。

どうでもいいことでも発信する

どうでもいいことを発信することは、意外と難しく、内容を盛り上げることができずに終了というパターンになってしまうことがほとんど。

どうでもいい記事をいかに盛り上げていけるかを考えるだけでも、発信力を磨くことができます。真剣に考えたとしても、どうでもいいことなのですが(笑

まあ、これも1つの鍛え方ということです。

本を読んで知識を広げる

本を読んで知識を広げることで、いろんなことを発信できるようになります。本の知識を丸パクリ、コピペするのは絶対ダメですが、本の知識があることで、発信する内容の幅が広がります。

そもそも、知識がないと情報を発信することができませんので、情報を発信したいと思っていることについて、詳しくなる必要があるということです。

本を読むなり、ネットで検索するなりして、自分の知識の幅を広げていくといいですよ。私も、たまに本を読んでいますが、息抜きにもなるのでオススメです。

きむ
月に1冊でもいい。とにかく知識を広げること。引きこもっている場合、本の知識は貴重な発信材料になり、自分の知識を高めることもできる。

何かの集まりに行く

私も一応人間なので、たまに人間と触れ合うことをする努力をしています。

まあ、コミュ障を発揮したり、挙動不審になったり、汗をダラダラかいたりと、妖怪人間寸前の状態になってしまいますが、情報を集めるためにも頑張って人間と交流しています。

人からの情報って、本とは違って感情も伝わってくるのが面白いところですね。なので、印象に残ったことは、絶対に忘れないですが、頭に入っていないことがほとんど(笑

本は、何回も読み返すことができるので、ボケが始まっている私にとっては、やっぱり本がいいのかも。

受信する側のことも考える

発信力 受信者
発信力を高めること必要ですが、逆に受信する側の立場を考えることも必要になってきます。

受信者が何を求めているのか

発信する前に受信する人が何を求めているのか考える必要があります。

受信者も情報をリサーチしていますが、発信者も受信者のことをリサーチする必要があるのです。

これはアフィリエイトの場合ですが、リアルビジネスの場合でも、受信者のことを考えてビジネスをします。

受信者が「何を」求めているかを徹底的にリサーチすることは、発信する際には必要になります。

人の気持ちはわからない

人間って何を考えているかわかりませんよね?私のような妖怪人間寸前の人もいれば、すごく気さくで誰とでも仲良くなれる人もいます。

リアルビジネスの場合、人の気持ちがわからない状態でビジネスをすることになるので、非常に難しいと私は思っています。

車屋の場合、来てくれたお客さんが全員車を買ってくれるわけではないですし、ただ情報収集に来ているだけの人がほとんどですよね?

この人は絶対に買ってくれるとか、人の気持ちはわからないので、全部を真剣に相手にしてしまうと疲れるだけです。

まあ、プロになると、客が冷やかしに来ていることは見抜けるかもしれませんが、それでも、相手が何を考えているかを完全に読むことはできません。

ネットであれば受信者に向けて発信しやすい

ネットで発信する場合は、一方的に記事を書いて放置しておけば、見たい人が見てくれて、どうでもいい記事と判断されれば、そのままスルーされるだけなので非常に楽。情報を発信するだけでいいのですから。

しかし、クソ情報を発信するだけでは、グーグルとユーザーは評価してくれないので、付加価値をつけることを考えなくてはいけません。

簡単にいうと、人がしていないことをするだけ。人がしていないことは「めんどくさい」と感じることです。

きむ
めんどくさいと感じるからこそやる意味がある。しかし、実際にやってみると本当にめんどくさいことが多い。めんどくさいを当たり前にしてしまおう。

逆に受信者になる

逆に自分が受信者になって、受信者の気持ちを探ることも必要になります。受信者が何を求めているのか、しっかりとリサーチすることで、何を発信すればいいのかわかるようになるので。

何か発信したいことがある場合は、まずは受信者になってください。

発信に感情を入れる

リアル、ネットどちらでも発信に大きく力を与えるのが「感情」です。感情をむき出しにしている人って、なぜか、見てしまいませんか?

感情で人の興味をひきつけることができ、聞き手、読み手を楽しませることができます。

感情があると、人は興味を示してくれる

先ほども言いましたが、感情がある人に人は興味をしまします。感情が豊かな人って、人を惹きつける力があり、実際、感情豊かな人の周りには人が集まりやすいです。

私の場合は、ブログで感情を出すことがありますが、リアルでは冷徹なクソジジイ。眉間にしわを寄せて、話しかけてくんなオーラをまき散らかしています(笑

そんなこともあって人間からは嫌われ者です。リアルでの人とのつながりが広い人は、ネットでの繋がりを広くすることもできるので、二刀流で人の心を掴むことができます。

感情は人を悲しませることもでき、楽しませることできる「武器」です。これを生かすためにも、自分の感情が出せるフィールドで発信する方が有利ということです。

ブログの場合、感情を出すのが難しい

ブログで情報発信する場合、感情を出すことは非常に難しくなってしまいます。リアルの場合、声のトーンでも感情が伝わって来ますが、ブログの場合は文字のみ。

文字のみで感情を伝えることは難しいので、工夫する必要があります。強調したい部分は赤文字にしたり、フォントサイズをでかくするだけでも、その言葉の印象が変わるので、そういった工夫を私はしています。

文字のみでも感情を出すことはでき、自分思ったことを、そのまま文字にするだけでOK。何もカッチカチの文章にする必要はありません。

画像で勝負!もはや文字いらず

文字がなくても画像だけで勝負することもできます。私はしたことがない方法ですが、画像で人間の感情を揺さぶることができるのも事実。

面白い画像で人を楽しませることができます。絵がめちゃくちゃ上手い人は、その絵をブログに貼り付けるだけでも、人の心を引きつけることができますね。

ブログでは、いろんな方法で人を集めることができ、その中の1つに「視覚」で勝負する方法もあるということです。SNS戦士たちは、主に視覚で勝負していることが多い傾向がありますね。

きむ
ブログの場合は、内容はもちろん、読みやすさを考えることも必要。

自分で発信すること

まあ、当たり前のことなのですが、自分自身で発信することですね。

ブログの場合、記事を外注することができるので、お金に余裕がある場合は頼ってしまうことも。自分の情報を発信したいと本気で思っている場合は、外注に頼んではいけません。

自分の言葉を自分でしっかり発信することを意識してください。自分の言葉で発信することは、発信力を高めることと、ブログに価値を生み出します。

これは、人がめんどくさいと感じるところなので、自分で発信し続けるだけで、他の人とは一味違うブログにすることができます。

まとめ

発信力はリアルでもネットでも活躍する力です。言葉と文字で人を動かすことができるのです。

これだけを聞くと人をコントロールしているみたいで怖いですが、実際、私たち人間は、言葉と文字にコントロールされています。

私もいろんな人の言葉、文字にコントロールされています。コントロールされて、コントロールすることを繰り返していくうちに、発信力は自然と身につきます。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。