人生どん底から這い上がる「仕事で逆転」する秘訣は失敗の数を増やす

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

お金がなくなって危機感を感じたことがある人って結構いると思います。

日々の生活すら危うい状態になってしまうと、その日、食べていけるのかを考えるようになってきますし、マイナス思考になりやすい。

この状態から這い上がるためには、芯の強さが必要になってくる。

とてもじゃないですけど、いきなり会社を辞めることはオススメできない。

会社を辞める

会社を辞めたいと思っている人は多いけど、なかなか辞めることってできませんよね?

転職したとしても、その転職先で人生がうまくいくとは限りませんし、逆に給料が少なくなってしまって生活が苦しくなってしまうかもしれません。

その逆も考えられますが、会社を辞める時って、マイナス方向に考えてしまう。

私には、なぜかその考えがなかった。

単に脳みそが単純でバカだったと言うのもあるのですが、やりたいことをやりたいという理由で会社を辞めた。

何をするのかも決まっていないのに・・・。

収入0円

会社を辞めたので、もちろん収入は0円に。

退職金も20万円程度と、かなり少なかったので、あまり退職後の生活の足しにはならなかった。

転職をすることも、真剣に考えていなかったので、お先は真っ暗。

貯金が300万円あったので、「なんとかなるだろう」と思い、自分の人生のことを真剣に考えずに、ゲームしていました。

借金はなかった

300万円の貯金があったので、その貯金を切り崩しての生活。

借金をすることはなかったのが救いですし、私のような状況より、もっとひどい状況になっている人はいると思います。

ただ、貯金の桁が変わった頃くらいに危機感が出始め、真剣に「アフィリエイト」と向き合うように。

人間って、危機感を感じた時に、行動力が高くなり、頭の回転が早くなる。

これを実感した時でもありましたね。

毎日が楽しくなかった

会社で働いているときは、毎日が楽しくなかったですし、マイナス思考になりがちになっていた。

仕事で出世することよりも、自分の時間を大切にしたかったので、真剣に仕事をすることもなかったですし、どちらかというとサボることをしか考えていなかった。

サボるために、仕事を早く終わらせることを考えていたのですが、頑張ったところで早く帰れるわけでもなく、逆に仕事が増えた。

自分の部署の仕事を早く終わらせると、違う部署の仕事を手伝うことを、なぜか私だけがやらされる。

時間を奪われる。

何にも楽しくなかった。

毎日、会社と家を往復するだけで、充実している感覚は全くなかった。

会社で働くことが全てなのか?

こんな生活を続けていくうちに「会社で働くことが絶対なのか」「この生活スタイルでないといけないのか」と考えるように。

もちろん、会社で働いて給料をもらうことは重要ですし、生活するためには必要なこと。

会社に属することも働く方法の1つ。

だけど、私にはこの会社に属することは性に合わなかったようだ。

このようなことを考えていくうちに「働き方ってもっとあるのでは」と考えるようになりましたし、会社を辞めることは悪いことではないのでは?と思うようにもなりました。

その後、しっかりと会社を辞めて、ニート生活を満喫することに。

【仕事を辞める勇気】知識・スキル・実績がない状態から起業するまでに学んだこと

2017.05.20

時間だけが唯一の武器

会社を辞めた後は、自分にとっての最大の武器になるのは「時間」と「貯金」

この2つをどう使っていくか真剣に考える

ことはせずに、ひたすらゲームをする毎日。

いきなり会社の束縛から解放された反動でダラけてしまったのです。

けど、今までにない開放感と自由を手に入れた感じ。

会社を捨てたことでストレスフリーな生活になるのですが、貯金が日に日に減っていく。

そして、気がついたら自分の武器が「時間」しかない状態に。

この武器で何をするのか?

この「時間」という武器で何をするのか?

私は「アフィリエイト」を始めたのですが、そんな簡単にいくはずもなく、収入0円生活は続く。

絶対に稼げるという保証はない。

しかし、初めて自分からやってみようと思ったことをやっていたので、会社で働いているような嫌な感覚は全くなかった。

やってみたけど結果でない

全ての時間をアフィリエイトに使う行き青で作業に取り組んだのですが、それでも結果は出ない。

寝る時間を削るという感覚もなく、気がついていたら寝ていなかったという日も少なくない。

1ヶ月、2ヶ月、3ヶ月・・・。

作業をしまくる毎日が続くのですが、それでも結果を出すことができずに、疑心暗鬼になることもあった。

ただ、何もしない毎日の方が怖いという感覚になっていたので、その後もひたすら作業に没頭する。

けど、楽しかった

結果が出ない毎日が続いたのですが、全然諦める気配はなかったですし、楽しく作業をしていましたね。

誰かに強制されているわけでもないですし、やりたくない仕事をしているわけでもない。

自分がやりたいことをしているだけだったので、本当に趣味に世界に入り込んでいる感覚でずっと作業していました。

会社員の時に、こんな感覚で仕事をしたことがない。

これが充実していることなのか?

結果が出ていないのに、充実している。

不思議な感覚だった。

貯金がなくなる

結果が出ない毎日が続いたことで、とうとう貯金がなくなってしまうという状況に。

愛車のハーレを100万円で売り、なんとか食いつなぐことができたのですが、この100万円が底を尽きると、次はゲームソフトや服など、家にあるものをとにかく売りにいく。

これからもこんな生活が続くのかと考えてしまうようにもなりましたね。

少しだけ、マイナス思考になってしまったのですが、アフィリエイトを辞める気にはならなかった。

少し意地になってこともあって「結果が出るまで絶対に作業し続けたる!」と見えない何かと毎日戦っていた。

結果が出だす

見えない何かと戦っているうちに、少しづつで結果が出だすようになりました。

少し収入が出始めたと思いきや、また収入が0円になってしまうということを繰り返すように。

収入0円に戻っていたけど、前のやっていることに対してなんの変化がない状態よりかは、はるかにマシになったことが嬉しかった。

失敗を繰り返すことで、何がいけないのかがわかるようにもなってきたので、失敗してもいいと思うようにもなりました。

スポンサードリンク

どん底を感じてもマイナス思考にはならない

貯金がなくなって、売れるものを売って生活する。

この状況になっても、マイナス思考になることはなかったですね。

理由はわかりませんが、よっぽど会社から解放された気持ちの方が強かったのだと思います。

なぜかマイナス思考にならなかった

他の人から見ると、「このままダメ人間になっていくのかな〜」という生活をしていたのですが、当の本人はなぜかお気楽。

根拠はないけどなんとかなると思っていましたからね。

  • やりたいことをやっている
  • 初めて充実を感じた
  • 「ピンチ」より「楽しい」の方が強かった

初めて自分でやりたいと思ったことをやっている。

自分で何かを生み出そうとしている充実感。

ピンチな状況に変わりはないのですが、ピンチというよりも楽しさの方は強かったですし、この生活スタイルが好きになっていた。

人と会うこともせずにひたすら家に引きこもってパソコンをカタカタ叩く。

パソコンすら使えなかった私が、まさかこんな仕事をするなんて会社を辞めた時は思ってもいなかった。

失敗しても笑っていた

新しいことを始める時は、失敗はつきもの。

私も、何回失敗したのかわからないくらい失敗しました。

その失敗で収入0円になる可能性もあったけど、失敗しても笑っていましたし、この方法ではダメということが知れたと、前向きに物事を捉えるようになっていました。

前向きに物事を捉えることができると、どんどん前に進んでいくことができる。

趣味に没頭している時もこんな感覚ですよね?

このとき、私の趣味は「仕事」になっていた。

会社員の時、あんだけ仕事が嫌いだったのに。

挑戦する楽しさを知った

自分がやりたいことに挑戦する楽しさを知ってしまうと、もう抜け出せません。

没頭するほど、自分にとっての楽しみがあると、レベルアップしている自分を実感することができる。

これが、結構快感になってくる。

ゲームのレベル上げ作業をしているのと同じ感覚。

私は自分のレベル上げ作業をして、自分の人生ゲームを楽しんでいるのです。

  • 仕事(戦闘)をすればお金を稼ぐことができる。
  • 投資をすれば身の回りの設備(装備品)が良くなる。

リアル世界もゲーム世界とやっていることは変わらない。

ただ、ゲームの世界の方が楽しいと感じている人は多い。

挑戦する楽しさを知ると、リアル人生をゲーム感覚で楽しむことができるようになりますよ。

他人にどう思われても自分を貫く

会社を辞めてアフィリエイトをする。

このことを、友人、家族などにいきなり話すとどんな答えが返ってくるか?

当然、批判されます。

「絶対無理だって!」「転職した方がマシだと思う」「胡散臭い」などと、言われることも。

心配してくれるのは、非常にありがたいことですが、「守りの姿勢の人が多い」ということを会社を辞めてから気がつくようになりました。

自分のやりたいことを貫いている人って、少ないんだなと。

生活をするために働いている人は多いけど、自分が楽しむために働いている人は非常に少ない。

また、そんな職業に巡り会う確率は非常に低い。

自分が好きな仕事をして、人より多くのお金を生み出すことは難しい。

しかも、収入に波がある。

だけど、私は辞めたくなかったですし、この自由な生活スタイルを守ると決めていた。

遠回りでも大丈夫

何かに挑戦しようとする時、近道しようとする人がいます。

まだ、何も知識がない状態なのに、お金の力で近道しようとする。

スノボーを始める時に、道具だけ一流のものを買う人ってたまにいませんか?

まあ、モチベーションを高める意味ではいいのかも知れませんが、いきなり一流のものを買ったとしても、その効果を最大限に発揮することはできません。

私は、道具を買うときは、かなり安いものを買います。

その安いものを使って自分のスキルを上げる。

スキルが上がってから、一流の道具を買うことで、その道具の素晴らしさがわかりますし、最大限に効果を発揮することができる。

なので、私の身に周りには安物の道具ばかりが揃っている。

私は、遠回りしてもいいので、まずは自分のスキルを高めることを心がけていました。

近道しようという考え

近道しようという考えになってしまうと、

  • いきなり何かに頼る
  • 自分のスキルはそのまま

という状態になってしまいます。

基本が「何かに頼る姿勢」になってしまうので、お金だけが武器になってしまう。

知識、スキル、ノウハウ作りは後回しにして、すぐに結果を出そうとする。

投資をすることは素晴らしいのですが、自分の知識がなければ、業者に足元を見られることがありますし、スキルがなければ、仕事の質を高めることはできません。

ノウハウも失敗を何回も繰り返して作り上げることになるので、近道をしてしまうと大事な部分が抜けてしまうことが多い。

私は、めんどくさいことを抜かさないように心がけている。

挑戦と失敗を繰り返す

上記でも言いましたが、失敗を繰り返すことで、自分のノウハウができます。

失敗専用のメモ帳を作ることで、何がいけなかったのかがすぐにわかる。

失敗することは遠回りになってしまうのですが、何かを成功させるには必要な部分なのです。

しかし、ほとんどの人が失敗を抜かそうとする。

近道したい人が多いということですし、自分のスキルアップをすることを意識していない人が多いということにもなります。

近道するより、遠回りする方が得なこと多いですし、結果的に近道になっていることもあります。

失敗する人の特徴「失敗を成功に変える」ことができる人の考え方

2017.04.14

私の場合マシな方

貯金がなくなって、その日暮らしを経験した私ですが、中にはもっとひどい状況になった人もいるはず。

借金を何百万円と抱えているわけではなかったので、私の状況はレベルが低い方だと思っています。

運が良かったのか、その日暮らしになったくらいに、仕事が軌道に乗り出したので、めちゃくちゃ苦労をしているわけではありません。

嫁・子供がいない

会社をすぐに辞められたのも、独り身だったというのが大きかったですね。

家族を養っている立場になれば、自分1人の独断で会社を辞めることはできませんし、家庭崩壊の危機になってしまう恐れがあるので、守りに入ると思いますし。

やりたいことをやるにも、タイミングは非常に重要だと思います。

そのタイミングが来た時に行動を起こせるか。

これだけで、だいぶ変わりますよ。

経費が少ない

アフィリエイトという仕事は非常に経費が少ない。

会社を立ち上げるとしても事務所を構える必要がありませんし、店舗を構える必要もない。

パソコン、スマホさえあれば、カフェなどで仕事をすることができる。

  • サーバーの維持費が年間5000円〜10000円程度
  • ドメインの維持費が年間1つ1000程度。

数十サイト運営したとしても、飲食店などの経費と比べると、非常に少ない。

外注することもできますが、私の場合、できることは自分で行なっているので、アフィリエイトで使用している年間の経費は20万円にも満たない(2017年度)

こんな気楽さがあったので、続けられた。

借金しなくても起業できた

こんな感じて、適当に仕事をしていた私ですが、結果的に起業することに。

起業すると言っても、今までとやることに変わりはありませんので、肩書きだけはいっちょまえに社長で、実質ニート生活です。

飲食店をオープンさせると、店舗に1000万円、2000万円必要なり、銀行などから融資してもらうという話はよく聞きますが、アフィリエイトにはそんな大金がなくても仕事を始められる。

初期投資として5000円もあれば1サイト運営することができてしまう。

その1サイトで月100万円稼ぐこともできてしまう。

ネット内に、格安で自分お店を構える感覚ですね。

しかも、維持費もそれほど必要ない。

起業する敷居が非常に低かったので、起業できましたが、お金の動きが激しいビジネスをしている場合は、すぐに決めていなかったかもしれない。

ただ、一応事務所は借りている(シェアという形で)。

人生「お金じゃない」って言うけど・・・

「人生はお金じゃない」って、たまにいう人がいますが、私はお金は必要だと思います。

極端な話、愛だってお金で買うことができてしまう(私は嫌ですけど)。

生活するためにもお金が必要。

娯楽を楽しむためにもお金が必要。

お金って、何をするにしても必要になってくるのです。

「お金なんてなくてもいい」と言っている人でも、最低限のお金は必要としている。

人生、お金が必要になってくるんです。

やっぱりお金は必要!

私は、お金はあった方がいいと思っていますし、このお金の多さが「自分の信用」が数値化されたものだと思っています。

なので、お金をもっと稼ぎたいと思っていますし、お金を稼ぐために行動しています。

「お金が大好き!」と外で叫ぶことはできませんが、この記事内では叫ぶことができますよ。

私は「お金が大好きです!!」

「お金を稼ぐ=悪いこと」ではない

お金を稼ぐ、お金をたくさん持っている人のイメージって、悪いイメージが多くないですか?

「何か、悪いことをして稼いでいるんじゃないの?」と思われることも。

このような考えになっている人は、お金を稼いでいる人に嫉妬しているだけだと思うんですよね。

お金を稼いでいる人の中には悪いことをしている人もいますが、ただ、その人たちが目立っているだけの話。

ニュースで悪事を働いて大金を稼いだ話はよく聞きますが、まっとうに稼いでいる人はなかなかニュースで取り上げられない。

だから、悪いイメージが多くなっている。

成功者のニュースに興味を示す人って少ないですからね。

嫉妬してしまうから。

お金を稼いでいる人の中には、どん底な人生を経験して、そこから這い上がっている人もいる。

まとめ

私の場合、どん底の手前でなんとか食い止めたって感じですが、ここから這い上がるのは簡単なことではありませんでした。

ほとんどの人が味わったことがない経験ができましたし、なんとかなりました。

会社員の時の私は、思考が停止していましたが、思考が停止することは怖いことだと実感することもできましたね。

思考を稼働させないと、自分を高めていくことはできませんし、退化していく。

考えて考えて、行動しまくってお金を稼ぐ。

たくさんお金を稼いだっていいと思いますよ。

ただ、たくさんお金を稼ぐためには、人と違ったことをしないといけない。

その勇気があるかどうかで、人生が変わってきますよ。

という、お話。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。