何を始めるにも「形から入るタイプの人」はお金が減っていく

スポンサードリンク

ゴルフ、スノーボード、サーフィン、キャンプなど、人によって趣味は違ってきますが、こういった趣味には道具必要になってきます。

趣味以外でもバッグや財布なども生活する上で使っている人は多いでしょう。

たまに、道具をすぐに買い替える人ってたまにいますよね?

こういうタイプの人はお金が減っていくのです。

もちろん道具を買ったらお金は減りますが、そう言った問題ではないのです。

なぜ道具にこだわるの?

道具にこだわる人はお金が減っていきます。

それは、何に対しても頼ってしまうからです。

ゴルフの場合であれば、ゴルフクラブが必要になってきますが、初めての場合、ボールにすら当てることは難しいでしょう。

しかし、「ゴルフって楽しー」と次の日に高価なゴルフクラブを買う人がいます。

まだまだ使えるのにゴルフクラブを買い換える人もいます。

私は「なぜ買い換えるの?」と思います。

「まだそのクラブ使えるのに…」と。

いきなり高価なゴルフクラブを買う人も

「道具に頼りすぎだろ!」と思います。

このタイプの人たちに共通していることは”自分の力でなんとかしよう”と考えないことです。

高価な道具で練習していませんか?

このタイプに人は、基本的に頼ってしまうことが多く、道具にも頼りますし、人にも頼ります。

仕事も他人任せの人が多いでしょう。

いきなり高価なゴルフクラブを買っても、当の本人が下手くそであれば、下手くそのままということに気がついていないのです。

もうそれはただの”高価な練習用クラブ”なのです。

練習するだけであれば、安価のクラブでも十分です。

私も実際、ネット通販で4980円の知らないメーカーのゴルフクラブセットでずっと練習していましたから。

昔働いていた上司に「なんだそのクラブは!」とバカにされましたが、別に気にしませんでしたね。

現在ゴルフはしていませんが、私の中ではまだ現役のクラブです。

そのクラブしか持っていないので(笑

ドライバーは中古で9000円くらいのものを購入しました。

安価なゴルフクラブセットでしたが、ドライバーでは300ヤード近くとばせるようになりました。

高価な道具を揃えたからといって、自分の能力が高くなるわけではない。

安価な道具でレベル上げをする

高価な道具を買うのであれば、安価な道具を買って、その差額分で自分のスキルアップをするというのが私の考えです。

貰い物でも十分練習することはできるでしょう。

自分のレベルさえ上がってしまえば、どのクラブを使っても、対応しやすいでしょうし、仕事でもこの考え方は使えますしね。

根本的に解決しようとしない

道具や人にすぐ頼る人は、根本的に解決しようとしません。

ほとんどの行動が一時しのぎにしかなっていないのです。

”良い道具を買ってできるようになったと思うことで満足してしまう”

”人に頼って、その場をしのぐことで安心してしまう”

このように根本的にその物事を解決しようとしないのです。

このことに気づかないうちはお金が減っていく人のままです。

モチベーションを上げることができる

高価な道具を買うことで、モチベーションを上げることができます。

形から入るタイプの人は、何かを続けるため、何始めるきっかけとして、高価な道具を揃えたりすることが多いです。

これは、これでアリな方法だと思いますし、投資した感覚になれればいいのかなと思います。

しかし、モチベーションを上げるために高価な道具を買う人にはある特徴があります。

その特徴は、「燃え尽きてしまいやすい」ことです。

高価な道具を揃えて、1つのことに没頭したけれど、1年後、2年後には飽きてしまって、道具を使わなくなってしまうことがあるのです。

これでは、投資したお金がもったいなくなってしまいますが、投資することに損することはつきものなので、いいのかもしれませんが、お金は減ってしまいます。

形から入ることにもメリットはありますが、お金に関しては減っていってしまうことが多い。投資と割り切ることができなければ、損した感覚になってしまう。

真の価値を見出せない

自分のスキルを上げてから道具にこだわるようになると、

「このクラブは高価だけど自分には合わないな」

とその物の本当の価値を知ることができるようになるのです。

他人任せに仕事をしている人は、

”口は達者だが、いざ大事な仕事を任されると何もできない”

ということが多いのです。

その物事に自分がついていけないのに、道具にこだわったり、人任せにするのは、順序が間違っています。

お金に嫌われていませんか?

まずは自分自身のスキルアップを計りましょう。

この2つが身についてしまった生活では、お金に嫌われます。

道具にこだわると、いろんなものにお金を使ってしまい、人任せに仕事をすると、部下や上司からは信頼されず、出世することが難しくなってしまいます。

お金は入ってこないし、自分からお金を出しているということになるのです。

まとめ

このように、何かに依存しないと、何もできない人はいます。

自分で物事を解決する力を身につける重要さをわかっていないのです。

道具に頼っても自分の能力が低ければ、宝の持ち腐れになりますし、人任せにしている人は、その物事を理解しているつもりでも、実は理解できていないことがほとんどです。

また任せる相手も人間ですので、自分の思い通りには動いてくれないこともあるでしょう。

そういったことを考えると、まずは自分を育てていく必要があるということですね

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。