異業種への挑戦!起業して「孤独」をゲット!成功できるのか?

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

今している仕事に不満がある、やりがいがないと感じている人の中には「異業種」に挑戦したいと考えている人がいるのでは?

私も転職して、異業種に挑戦して起業しましたが、案外なんとかなっています。

安定を捨て、不安定と共に生活する。

私が経験した異業種挑戦して感じたこと、異業種交流会に行く必要はあるのか?を紹介。

過去の知識が役に立たない

異業種 過去の知識
異業種に挑戦するということは、過去の知識が役に立たないことがほとんど。今までやってきたことをリセットして新しい自分を手に入れる。

言っていることはカッコいいですが、そんな簡単にできることではないですね。自分を高めるには、何かを捨てなければ進まないこともあります。

私は仕事を捨てました。もうゴミ箱に捨てるような感覚で(笑

また、過去の知識が全く通用しないことも実感することに。しかし、自分の視野が広がっている実感もある。

0からのスタート

全く0の状態からのスタートになるので、何をするにしてもわからないことだらけ。

今の時代、ネットで検索することで、なんでも調べることができるので、なんとかなっていますが、それでも自分のノウハウが確立させるのは難しい。

0から1までが遠い

異業種への挑戦で感じたことは1歩1歩がかなり遅いということ。

歩く一歩は早いですが、異業種に挑戦すると一歩進むのに数時間、数日かかったりしますから(笑

かなりノロノロと前に進むことになりますが、それはそれで苦にならない。

年収ダウン

年収ダウンすることが1番気になった部分ですね。お金がないと生活できないので。

転職するにしても年収がダウンするのを覚悟して会社を辞めないといけない。

結果が出ない

異業種へ挑戦するのはいいのですが、結果がすぐに出ない環境で続ける必要があります。

この、何も変化のない環境で挑戦続けるのは簡単なことではない。自分の挑戦していることを疑うこともある。

その環境で続けることができなければ、今までしてきたことが無駄になってしまう。

フレアちゃん
過去の知識が役に立たないことに挑戦するのは怖すぎるよ。
ライフくん
会社で働いていたら給料もらえるけど、異業種へ挑戦するとなると、かなり不安定になるよなー。
フレアちゃん
収入0の期間があるとか、不安で頭がおかしくなっちゃいそう(笑
ライフくん
毎日パニック状態になるかもな(笑

異業種への挑戦は楽しい?

異業種 挑戦
異業種に挑戦するのは楽ではないが楽しいことでもあります。常に、知らないことと触れ合うことになるので、視野が広がり、自分を成長させることができる。

異業種に挑戦する場合、「楽しい」と感じることができなければ、異業種に挑戦する意味はないかと、私は思っています。

楽しくないと思った仕事を辞めて、また楽しくないことをやっても意味がないような気もする。

未知の世界を知ることができる

異業種=未知の世界。

会社で働いているときは、同じことの繰り返しが多いですが、異業種に挑戦すると、常に未知との戦いになります。

わからないことを調べていると、調べている内容の一部分が理解できなくて、さらに深く調べる。

こんなことを毎日繰り返すことになるので、かなり視野は広がる。しかし、本当に1歩が遅い(笑

スキルアップする

ノロノロのスピードではあるが、確実にスキルアップすることができる。スキルアップを実感すると、挑戦に意味があったと思えるようになり、さらに挑戦したくなる。

ただこれを繰り返すだけ。会社で働いている時の単純な作業を繰り返すのではなく、未知なる知識をインプットすることを繰り返す。

自分のやりたいことができる

せっかく異業種に挑戦するのですから、自分のやりたい分野に挑戦したいですよね?

私の場合、「別に興味のないことを始めて続けた結果、やりたいことになった変な奴」と自分のことを知ることができた。

自分のやりたいことをやっている時は、自分を知ることもできる。自分の調子がはっきりとわかるようになり、休憩するときは休憩する。

集中力が高いときはガンガン仕事をするという、メリハリのあるスタイルで仕事ができるようになった。

理想と現実の違いを知る

自分のスタイルで仕事をする環境を手に入れても、すぐに結果が出るわけではない。理想と現実の違いを知る。

ここで、現実よりも理想をしっかりと明確にすること。何も目的がないのに異業種に挑戦しても楽しくないですから。

現実がズタボロでも理想がしっかりと定まっていれば、それが原動力になる。

ライフくん
楽しいことをやるにしても、リスクが大きすぎる。
フレアちゃん
リスクを背負わないと、やりたいことはできないのか〜。やりがいは、かなりありそうだけど。
ライフくん
退屈で安定した毎日か。楽しくて不安定な毎日か。退屈で安定した毎日を送っている人は多そうだな。
フレアちゃん
私も安定した毎日派だよ。自分で何かしようと考えたこともない。
ライフくん
やっぱ現実は厳しすぎるよな(笑

起業して「自分の時間」を手に入れる

起業 自分の時間
私の場合、なんとなく起業したのですが、起業しなくても、ノマド、フリーランスでなんとかはなりますし、自分の時間を作ることができます。

フリースタイルで仕事ができる。なんて素晴らしい仕事なんだと思いますが、思うだけで、やっていない人は多い。

その理由は、安定を捨てることができないから。自分の時間を手に入れるためには安定を捨てなけれないけない。

工場勤務からアフィリエイト

私は工場で働いていたのですが、いきなり会社を退職して、アフィリエイトに挑戦することに。

まあ、なんとかなるやろ〜という感じで挑戦しましたが、この頃は、挑戦することよりも、ただ退職したかっただけ。

仕事を捨てたことによって自分の時間をゲットできました。

パソコンスキル0からの挑戦

工場の現場で働いていたので、パソコンの扱いに慣れていない状態。それでもアフィリエイトに挑戦することに。

なぜ挑戦したかというと、「楽して稼げるから」。まあ、アフィリエイトを始める理由としては、ありきたりな理由(笑

始めたのはいいが、タイピングもクソ遅く、何もかもが進まない状態。このとき、なんで続けられたのか自分でも不思議なくらいだ(笑

ノープランで突き進む

いきなり会社を退職し、なんの考えもなしにアフィリエイトに挑戦する。

まさにノープランで始めたこと。他の人がこの話を聞くと「なんて計画性のない人間だ」と思うかもしれませんね(笑

まあ、私は計画性がないのは自覚していますが、変に考えすぎて行動できないことの方が怖いとも思っています。

とにかく突き進む。これが私のやり方。

収入0の期間もあった

いきなり退職したわけですから、もちろん収入がなくなってしまいます。失業保険を3ヶ月もらった後は、完全に収入0。

この時点でアフィリエイトで結果を出すことができず、収入0生活がスタートすることに。理想と現実がかけ離れていることに、このとき気づく。

結果が自分に直結している

1人で異業種に挑戦して感じたことは、結果が自分に直結していること。

会社で結果を残した場合、その結果は会社に吸収されてしまいますが、1人で挑戦した場合、吸収されることはない。手柄を独り占めできる。

まあ、その代わり、結果が出ないと収入0になる。この部分も直結してくるので、ある程度変態にならないと、不安定と付き合うことはできない。

自分の時間を作りやすい

アフィリエイトで結果を出し、起業することになりましたが、自分の時間を自由に調整できるので、起業したとしても生活スタイルは変わりません。

普通に生活できる+自分の時間をゲットすることができた。会社に自分の時間を拘束されない代わりに、自分で自分を拘束しないと、仕事は進まない。

しかし、楽しんでできる仕事は自分で自分を拘束している感覚はない。楽しいと感じることができれば、仕事はめちゃくちゃ捗る。

ライフくん
自分の時間を作れるのは羨ましいけど、そこまでの道のりが厳しそう。
フレアちゃん
厳しそうだけど、誰もが憧れるスタイルではあるよね。ほとんどの人が会社に拘束されているわけだし。
ライフくん
まあな。仕事を楽しいと感じたことないけど、本当にやりたいことが見つかれば、仕事でも楽しいと感じることができるのか。

異業種の人たちとの交流で得るもの

異業種交流会
起業してから、異業種の人と交流する機会が増えるようになりました。

1つの工場のことしか知らなかった人間が、一気にいろんな職種の情報を聞くことができ、かなり自分の視野を広げることができる。

人脈を武器に仕事をしている人は、異業種交流会などに積極的に参加しているかもしれませんが、私のような1人でなんとかなる仕事をしている場合、異業種交流会の必要性を感じません。

まあ、「いろんな話が聞けるな〜」という程度ですが、為になる話を聞くことができるので、たまに行ってみるのもいいですよ。

いろんな知識

いろんな職種の人が来るので、自分の知らない世界を知ることができます。

その場は、知識まみれの空間になるので、話をするよりも、聞いているだけの方が面白く感じる。

得た知識を自分の知識にする

知識まみれの空間には、もちろん知識が飛び交うことになる。その知識をしっかりと拾うことができれば、自分の知識にすることもできる。

話を聞くだけで、自分のスキルアップすることができるお得な空間。

向上心高まる

いろんな人の話を聞くことで、向上心を高めることができる。

向上心が高まると、自分の仕事に対する気持ちが高まり、自分の限界を突破するきっかけになることもあります。

成功している人の話は面白い

特に成功している人たちの話は面白い。平気で「300万損した」と言う人もいるくらいですから。

成功している人たちの話を聞くことで気づいたことは「リスクを恐れていない」こと。

ライフくん
知識まみれの空間ってのは興味あるな(笑
フレアちゃん
自分が知らないことの方が多いし、聞くだけでも面白そう。
ライフくん
1つの会社のことしか知らないから、他の業種の話を聞く機会なんて滅多にないしな。
フレアちゃん
今度一緒に異業種交流会に参加してみる?
ライフくん
まあ、行ってみるかー。冷やかし程度に(笑

「異業種交流会」より「趣味に集まりの方が気楽」

「異業種交流会」という響きはあまり好きではありません。めちゃくちゃ堅苦しそうですし…。まあ、行ったことがないのでわかりませんが、そんなイメージ(笑

私が異業種の人たちと交流するきっかけは「趣味の集まり」から。スーパーカーの集まりに行くことで成功者たちの話を盗み聞きしています(笑

私は車の集まり

あくまでも趣味の集まりなので、話の内容が趣味の内容でも大丈夫と言う点が非常に気楽。共通する話題があるので話が合う。堅苦しい話はなく、雑談しながら趣味を楽しむ。

雑談の中にためになる話も

雑談の中に為になる話が出ることもあるので、その話を拾うことで自分のスキルアップにつなげることができる。

まさしく、他人の話を盗み聞きして、他人のスキルを盗んでしまう。最悪な人間ですね(笑

いきなり、税金対策の話をし出したりと、知識を広げることができる。

無理に人脈を作らなくてもOK

人脈を作ることもできますが、そこまで無理して人脈を作ることを考えなくてもOKな環境。

趣味を楽しむのが目的なので、無理に名刺交換すると言うことはありませんね。このような、気楽に交流できる集まりはめちゃくちゃ貴重。

引きこもりの私には貴重な時間

異業種挑戦したことによって、私は引きこもりになりました(笑

その理由は、場所問わず、時間に縛られることなく仕事ができる環境だから。

なので、視野を広げる為に、こういった時間は非常に貴重。まあ、私の場合、コミュ障なのもあって、なかなかうまいこと話をすることができませんが(笑

ライフくん
趣味の集まりだったら俺も参加したいな!ビジネス感がなくて気楽そう。
フレアちゃん
私もそれだったら賛成。
ライフくん
俺、趣味ないけど(笑
フレアちゃん
おい!(笑
ライフくん
違う問題が出てきてしまった…。

まとめ

異業種へ挑戦したいと思っている人に言いたいことは、「やりたいことは、とことんやったほうがいい」ということ。

挑戦するからには自分の行動に責任を持ち、諦めない芯を作る。これを意識しないと、せっかく異業種に挑戦しても諦めてしまう。

「無謀な挑戦」にしない為にも、続ける必要があるということです。

私の場合、完全に無謀な挑戦をしたわけですが、続けることで、自分なりのノウハウを作り、お金を稼ぐことができている。

挑戦に成功したわけですが、成功したとは思わないようにしています。自分で成功のラインを決めつけてしまうと、そのラインを基準に成長がストップしてしまうから。

常に成功し続ける為には、成功のラインを決めずに、ひたすら上を目指す。なので、私には成功という概念がない。

異業種に挑戦する人は、「成功するぞ」と考えるのもいいですが、まずは、自分のスキルアップを考えること。

スキルアップして受け皿を大きくしておく。受け皿が大きいと、お金を稼いだ時に溢れることがない。(溢れる=無駄遣い)

異業種と共に生活するには楽しむこと。以上!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。