お金を稼ぐ人は大手企業より中小企業を選ぶ

スポンサードリンク

大手企業で働きたいという夢を持っている人もいるでしょう。

確かに最高のステータスにもなりますし、安定した給料をもらうことができます。

この2つは非常にいい響きですよね。

誰もが憧れる、または知っている企業で働くことは、たくさんお金を稼ぐことには直結しません。

中には昇進しまくって稼ぐ人もいますが、ほんの一握り。

社内での競争が激しいために、ほとんどの人が平社員で終わってしまうのです。

現在では「お金が欲しい」「もっと稼ぎたい」と心を燃やしている方の多くの人は中小企業に就職することが多くなっています。

その理由とは?

スタートラインが同じ

大手企業では働く場合、仕事の内容がほぼ決まっているので、それに従って仕事をすることになります。

言い方は悪いですが、会社の「奴隷」として働くことになるのです。

社員側としては、窮屈な環境ですし昇進するにしても競争率が激しすぎるため、多くの人が平社員で終わってしまいます。

会社側としては、忠実に働いてくれる人がいれば助かりますので、人材の質も必要ですが、忠実に働いてくれる人の方がいいのです。

中小企業の場合は、発展途上のところが多いので、社員みんなのスタートラインがほぼ同じです。

競争率も低いことから、昇進もしやすい環境なのです。

ステータス的に落ちるかもしれませんが、「お金を稼ぎやすい」「昇進しやすい」ということから、大手企業から中小企業へ転職する人が多くなっているのです。

また、新卒の方でも中小企業に就職する人が多くなっています。

能力がない人が中小企業へ行くという考え方は間違っています。

はっきりとした基準がない

中小企業では、仕事のルールがはっきりとしていないところもあります。

これだけ聞くと「なんて会社だ」と思うかもしれませんが、考え方を変えると、自分の結果次第では、その会社のルールを変えることができるのです。

自分が提案したことが採用されやすいですし、これが繰り返されることで、昇進しやすくなるので、こういった面で中小企業は恵まれています。

社員の知識、経験といった部分でも同じスタートラインなので、自分の行動次第では、抜きん出ることができるでしょう。

めんどくさい仕事を楽しもう

中小企業では、昇進しやすいことがわかりましたが、より、評価されやすい仕事をすることで効率よく昇進することができるでしょう。

その仕事内容は「誰もやりたがらない仕事」です。

この誰もがめんどくさがる仕事はしているだけで評価を上げることができるお得な仕事なのです。

自分の心の中で「めんどくさいな」と思いながら仕事をしていても評価が上がっていくのです。

この仕事を楽しめるようになれば、社内で評判が広がり、思わぬ仕事を任されることもあるでしょう。

まとめ

大手企業で働くことも、もちろんいいのですが、お金を稼ぐ、昇進しやすい環境としては中小企業の方がいいということですね。

安定という面では大手企業に劣りますが、ただ、決まったことに従って働くのか、自分の企画したもの、提案したことなどが、どんどん採用されていく環境で仕事していくかでは、どちらがいいのか?

これは個人のワークスタイルによって違ってくるのですが、私は後者の方が魅力的に感じます。

やりがいといった面で中小企業を選ぶ人も多くなっているとも言われているので、今、就職や転職を考えている人は、中小企業も選択肢に入れておくといいですよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。