新しいことに挑戦するのは「不安?」それとも「チャンス?」

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

何かに挑戦する時って少なからず勇気が必要になってきますよね?

その勇気を振り絞るためには不安と恐怖をなぎ倒さないと挑戦することはできない。

これを繰り返すことができる人は、自分自身をレベルアップさせることができる人。なぜ、挑戦する前には不安と恐怖が襲ってくるのか?

なぜ、勇気が必要なのか?

不安と恐怖を感じたときこそ、自分をレベルアップさせるチャンス!?

挑戦前に不安と恐怖はつきもの

挑戦する前には不安と恐怖はつきもの。

なぜ、この2つを感じてしまうのか?

未知の世界

何かに挑戦するということは、未知なる世界へ飛び込むことになります。

自分の知らない世界に飛び込むことは結構怖いものです。

何が起こるか予測できませんし、自分自身何をしたらいいのかわからなくなってしまうこともありますから。

勝手に未知の世界を想像することで不安を感じたり恐怖を感じてしまう。

未知の世界って知ってしまうと楽しいこともあるけど、知らないときは不安と恐怖を感じてしまう世界。

ネガティブ思考になりやすい

未知の世界に飛び込んだとしても、不安と恐怖は消えるわけではありません。

挑戦したのはいいけど、失敗を連続してしまうことで「自分には無理かも…」「自分には向いていないかも…」と勝手に思い込んでしまうことも。

このように、先が見えない状況になると、ネガティブ思考になりやすく、前へ前へ進む力が弱くなってしまう。

失敗の数だけ不安と恐怖も強くなっていきますが、失敗から得るものがあることも忘れないでください。

不安と恐怖はみんなある

みんな、何か新しいことを始めるときは不安と恐怖を感じます。

「なんとかなるやろ〜」と口にしている人でも多少は不安を感じているはずです。

それだけ、挑戦することは簡単なことではないということです。

新しい職場で働くときって不安だらけになりますからね。

新卒で就職したときは、働くことに対して多少ワクワク気分がありますが、年を重ねるごとに不安の方が強くなっていく。

ライフくん
新しいことを始める時って、ワクワク半分、不安半分て感じだもんな〜。
フレアちゃん
そうだよね。考え込んでしまうと、マイナスなことしか考えないようになってしまうから怖い。
ライフくん
違う趣味に挑戦する場合でも、多少は不安ってあるからな。スノボーでもサーフィンでも。

挑戦するタイプは「2つ」

挑戦するタイプは大きく分けると2つのタイプがあります。

そのタイプは、

  • いろんなことに挑戦するタイプ
  • 1つの分野に特化するタイプ

の2つです。

いろんなことに挑戦するタイプ

いろんなことに挑戦するタイプの人は「広く浅く」というイメージがありますが、決して悪いことではありません。

広く浅くタイプの特徴
  • 視野が広がる
  • 知識の幅が広がる
  • チャンスが広がる
  • 人との繋がりが広がる
このように、自分の可能性を常に広げ続けることができる。

なかなか、自分の可能性を広げようとする人って少ないですからね。広く浅くでも何かに挑戦しまくる姿勢は個人的に大好きです。

1つの分野の特化するタイプ

何か、1つの分野に特化する「スペシャリスト」のようなタイプの人もいます。

スペシャリストタイプの特徴
  • 1つの分野に特化する
  • 1つの分野内で新たな挑戦を繰り返す
  • 自分にとっての専門分野ができる
  • マニアック
自分が好きな分野に関して、とことん突き詰めることで、その分野の知識が異常なほどに高くなっていく。

1つの分野に対してマニアックになる人はこのタイプの人が多いですね。

私自身もこっちのタイプです。

ブログで例えれば、記事を書くことをひたすら繰り返して、どのようにすれば、読者が読みやすいのかを追求していく。

そのあとは、「どのように他のブログとの差別化をしていくか」「収益につなげていくかなどを考える」という感じの流れで、とことん1つの分野内で可能性を広げていくことを常に考える。

これをするためには、その分野のことを本気で好きにならないと続けていくのは難しいですね。

他の人からすると「変態(いい意味で)」と思われるくらいハマってしまう。

どっちのタイプがいいのか?

大きく分けて2つのタイプがありましたが、どっちのタイプの方が挑戦するときに必要になってくるのか?

どっちでもいい

答えは「どっちでもいい」です。

人によって性格の違い、向き不向きがあるので、自分に合っているな〜と思うタイプで挑戦していくといいですよ。

1人旅が好きなような人であれば、いろんなことに挑戦するタイプだと思いますし、1つのゲームを完全攻略するような人は、1つの分野に特化するタイプだと思います。

どっちのもメリットがある

2つのタイプどちらにもメリットがあり、自分の魅力を引き出す材料になってきます。

いろんなことに挑戦する人は、

  • 話題性が豊富
  • コミュ力の向上
  • 人脈を広げる

といったメリットがありますし、1つの分野に特化する人は、

  • 専門性
  • 探究心の高さ
  • 諦めない心

というメリットがあります。

1つの分野に特化する場合は、他のことに対しての興味が薄くなってしまうので、自分の世界に入り込んでしまうことが多くなってしまう。

私の場合は、できるだけ人を遠ざけて、好きなことに集中できる環境を作ってしまう。

1人最高(笑

ライフくん
俺は確実にいろんなことに挑戦するタイプだな。いろんな知識はあるつもりだけど、そこまで詳しくはない。
フレアちゃん
私もいろんなことに挑戦するタイプかも。1つのことに集中することができないから。
ライフくん
そう考えると、きむのおっさんはひたすら1つのことにハマっているタイプだな。何年も飽きずにモンハンしているし。
フレアちゃん
あの人は、ハマりだすととことんハマるタイプだもんね。
ライフくん
未知の世界というか自分の世界を大切にしていそう(笑

挑戦するには勇気が必要

何か新しい趣味(スノボーやサーフィンなど)に挑戦するときって、ワクワクする気持ちがあれば、不安と恐怖もあるというごちゃごちゃな状態になってしまいませんか?

楽しいこととわかっているけど、何か新しいことを始めるには勇気が必要になってくるのです。

エネルギーをかなり消費する

勇気を出すにはかなりのエネルギーが必要になってきます。

まずは、新しいことに挑戦するという気持ちを作るだけでもエネルギーを使いますし、計画、準備、行動するにも、かなりエネルギーが必要。

挑戦する前と、挑戦している最中が一番エネルギーを使う時期。

挑戦していることに慣れてしまえば、エネルギーの消費量も減っていくのですが、慣れていること自体が当たり前になってしまうと、次のステップに進むことはできません。

挑戦し続けるには常にエネルギーを消費するということです。

失敗することを考える

挑戦する前は失敗することを考えてしまいます。

挑戦に失敗は必要です。

このことを忘れないでくださいね。

失敗することは当たり前のことですし、挑戦している時期だからこそ失敗しないといけないのです。

もし、挑戦することを躊躇してしまっている人は、「失敗してもいい」「いきなり完璧を目指さなくてもいい」と頭の中でグルグル考えるといいですよ。

最初の一歩が超重要!

何かに挑戦するには未知な世界へ「一歩」踏み出さないといけません。この一歩を踏み出せない人って結構いると思うんですよね。

極端な話、会社を辞めるという一歩を踏み出すにも勇気が必要ですし、不安と恐怖に襲われます。

何をするにしても最初の一歩を踏み出さなければ、その先へ進むことができません。

挑戦しまくっている人は、最初の一歩を踏み出すことができる人。

簡単にいうと「やる・やらない」の二択ということです。

【仕事を辞める勇気】知識・スキル・実績がない状態から起業するまでに学んだこと

2017.05.20
ライフくん
勇気を出している感覚はないけど、何かに挑戦するときって勇気が必要なのはわかる気がする。何も迷わずになんでも挑戦できれば、勇気なんて必要ないしな。
フレアちゃん
私は失敗することばっかり考えてしまうからな〜。何を始めるにしても勇気が必要になってくるよ。

不安・恐怖を感じた時こそ「チャンス」

挑戦する前に不安と恐怖を感じているということは、勇気を使うか使わないか迷っている状態ということ。

かなりエネルギーを消費するのは目に見えていますし、先が見えないことを続けられるのかわかりませんからね。

しかし、この不安と恐怖を感じたときこそチャンスと捉えることもできるのです。

ここで行動「するか・しないか」

新しいことに挑戦しようと考えているときに、すんなり行動できる人って少ないと思います。

絶対と言っていいほど考え込んでしまいますからね。

スノボーするにしてもお金が必要になってきますし、滑れるか滑れないかは実際にやってみないとわかりません。

「実際にする」ということは大切なことです。

何かをする前から何かと理由をつけて諦めてしまっては、自分で自分の可能性を閉ざしているということになるので。

何かに挑戦「するか・しないか」の選択次第で自分が進んで行く方向性が変わっていきます。

何もしない方が怖い

何でもかんでも「自分には無理だから…」と言って「挑戦する」という選択を一切選ばないことは怖いことだと私は思っています。

自分で自分を閉ざしていることになりますし、新しい自分を見つけることができませんからね。

私は、1つの分野内ではありますが、その中で常に挑戦し続けています。

挑戦をストップさせる方が私にとっては、不安と恐怖を感じるので。

自分で考えて、自分から行動することを忘れてしまうと、脳みそが逃げる脳みそになってしまう。

たまには「攻撃」してみませんか?

フレアちゃん
不安と恐怖を感じたときこそ、自分を変えるチャンスってことなのかな?
ライフくん
未知な世界を体験して新しい自分を見つけることができるかもしれないから、そうことだと思うよ。
フレアちゃん
きむのおじさんはネット内では攻撃的だけど、リアル世界では控えめで、おどおどしていて、話が長くて、面白くないよね(笑
ライフくん
リアル世界では脳みそが逃げる脳みそになっているんだよ(笑
きむ
ちゃんと聞こえているぞ…。

まとめ

何か新しいことに挑戦することは、単純でもあり複雑でもありますね。

「するか・しないか」という言葉の中にはいろんな思い、考えが入り乱れているので、すぐに「挑戦する!!」という考えにするのは難しい。

しかし、挑戦しないと何も始めることはできない。不安、恐怖を少しでも和らげるために、

  • 小さなことでもいいので挑戦する
  • 失敗「しない」方が怖い

と、考えるといいですよ。スノボーを始めるなら、安い中古品の板、ビンディング、ブーツなどを揃える。

これだけでも一歩前進です。

実際に、ゲレンデに行っても、失敗してもいいんです。

失敗は一歩下がるというわけではありません。

失敗することも小さな一歩。

小さくてもいいので一歩踏み出した自分を褒めてあげて、挑戦していることを全力で楽しんでしまうといいですよ。

ちなみに、私は全力で家に引きこもることを楽しんでいます。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。