記事の文字数が多いほどSEO対策に有利!?

スポンサードリンク

ブログやサイトを作成するには記事が必要になってきます。

記事を書く際に何文字書けばいいのか気になる時ってありますよね?

私は2000文字前後を目安としていますが、必要であれば文字数は増えていくこともあります。

文字数が多ければ多いほど、SEO対策にもなると言われていますが、それって本当なのか?

文字数=SEO対策にはならない

文字数は多いことに越したことはありません。

それだけ、内容があるということは、充実しているコンテンツということになるので、Googleさんも認めてくれるでしょう。

しかし、ここで注意してほしいことは、”ただ単に文字数を増やさない”ことです。

その記事に必要なことを書いた結果、4000文字、5000文字になることは全然いいのですが(むしろこの方が良い)、ただ闇雲に文字数のことだけを考えて記事を書くことはやめてください。

記事を書く本来の目的は”ユーザーのためになること”ですよね?

文字数というマジックに惑わされてはいけません。

必要なことを書くことを意識すれば良いので、文字数にこだわる必要はないのです。

200文字、300文字のコンテンツでも、ユーザーにとって必要なコンテンツであれば、上位表示することも可能でしょう。

しかし、200文字で必要なことを伝えるのは、現実的に難しいのです。

SEO対策のことを考えて、2000文字前後はほしいですね。

この文字数であれば、必要なことを伝えることもできますし、読みやすい文になるので。

10000文字強い説は本当?

文字数が10000文字ある記事はSEO対策にもなるというのは、本当なのか?

この答えは、YesでもありNoでもあります。

その理由としては、その記事の内容によるからです。

上記でも言いましたが、必要であれば、文字数は多いことに越したことはないのですが、必要でなければ、ダラダラと文字数を増やす必要ないのです。

実際に自分がサイトを読む立場になった時、ダラダラと接続詞などを入れてある内容の薄い記事を見ませんよね?

まず、「10000文字書くぞ」と意気込む時点で記事を書く目的が間違っているのです。

伝えたいことを書いた”結果”10000文字になることは全然OKなのです。

そのようなコンテンツは、中身が濃いことから、SEOのことを考えても強くなっていきます。

結局何文字必要なのか?

結論から言いますと”何文字でも良い”ですね。

必要でなければ書く必要はないですし、必要であれば、書けば良いのです。

他の競合サイトのコンテンツが充実しているのであれば、それ以上のコンテンツが必要になってきます。

このように他のサイトを参考にすると良いでしょう。

私の個人的な文字数の目安は2000文字です。

あくまでも目安なので、必要なければ1000文字弱の時もあります。

何文字必要なのかは、記事の内容次第ということです。

まとめ

記事の文字数は、必要応じて変化していくということです。

あまりにも文字数が少ないとポエムみたいになってしまうので、それだけはやめてくださいね(笑

文字数をただ単に増やすことはいけませんが、実際に文字数の多い記事は強い傾向にあります。

しかし、文字数を伸ばすために必死になった記事は、あまり読まれることはないでしょう。

やはり読みやすい文章、内容が充実していることが前提ですね。

”文字数のことよりも伝えることを意識する”ことを忘れずに。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。