電子書籍のメリット・デメリット|使いやすいのか?本より読みやすい?

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

いきなりですが、本を読むのって楽しいですよね?

マンガや小説、自己啓発本など、本のジャンルはめちゃくちゃ多い。

最近は、「電子書籍」を使っている人が多く、タブレットやスマホで本を読むことができる。

便利な時代になったもんだ。

電子書籍は便利なので、メリットが目立ちますが、デメリットもありますよー。

メリット

電子書籍のメリットは多く、これのおかげで、より本を読む機会が増えた気がする。

手軽にいつでもどこでも本が読める環境になったのは大きいですね。

私が感じているメリット
  1. 本棚などの場所を確保しなくていい
  2. 持ち運びしやすい
  3. 本屋に行かなくていい
  4. 無料で読める本が多い
  5. 目当ての本を見つけやすい
  6. キャンペーン・タイムセールがある
  7. 劣化しない

意外とメリットは多く、個人的に満足している。

1、本棚などの場所を確保しなくていい

本棚が必要なくなったので、部屋を広くすることができるように。

意外と、本棚って場所を取りますからね。

本が増えていくと、新しい本棚が必要になって、さらに部屋が圧迫されていくことも。

それを電子書籍が解消してくれました。

2、持ち運びしやすい

これが非常にいい!

どこへ行っても、自分の本を「全部」持ち運びすることができるので超便利。

喫茶店でマンガや小説などを読み放題(自分が購入した本だけど)。

どこか、旅行へ行っても好きな本を好きなだけ読むことができるので、本好きにはたまらない環境になる。

3、本屋に行かなくていい

これも個人的にかなり気に入っている点。

家にいても本を買うことができるので、手軽に本を読むことができる。

本屋に行って、本を眺めるのも楽しいのですが、電子書籍の便利さを優先してしまう。

4、無料で読める本が多い

電子書籍って結構無料で読める本が多いですね。

マンガであれば、1巻だけ無料、3巻まで無料とかの本があります。

試し読みを1巻丸ごとできるのはいいのですが、だいたい、1巻読みきってしまうような本は続きが気になって2巻以降を買ってしまう(笑

5、目当ての本を見つけやすい

本屋の場合、目当ての本のジャンルを見つけて探すことになるのですが、電子書籍の場合は、検索することで、すぐに目当ての本を見つけることができます。

本屋をうろつくのも楽しいですが、電子書籍はその楽しさを一切提供してくれない(笑

まあ、この点に関しては「スピード」という点でメリットを感じていますね。

6、キャンペーン・タイムセールがある

あまり本屋でタイムセール・キャンペーンをしているイメージがありませんが、電子書籍だとこの2つが頻繁に行われています。

普通に58%OFFされている本が売っていたりしますからね。

かなり安く本が買えて読むことができるのも電子書籍のメリットの1つ。

7、劣化しない

1回、喫茶店でコーヒーを飲みながら紙の本を読んでいたのですが、本にとっては汚れてしまう環境ということに気がついた。

食べカスが本につく、ドリンクの水滴が本についてシミになったり、ふやけてしまったりしてしまうことも。

本を綺麗にしておきたい私としては最悪・・・。

これらのことを、電子書籍が解決してくれました。

電子書籍内のデータにコーヒーのシミなどは一切つかないので安心ですね。

あと、本が日に焼けることを気にしなくてもいいのも○。

デメリット

電子書籍はメリットは大きいのですが、デメリットもあります。

私が感じているデメリット
  1. 売ることができない
  2. 「本」という実態がない
  3. 充電がなくなると読めなくなる
  4. 目に良くない(気がする)

1、売ることができない

電子書籍は本という「実物」がないので、売ることができません。

本を売って、新しい本を買いたいと考えている人にとっては大きな痛手になる。

溜まった本を一気に売ると、意外と高く売れることがありますからね。

この点は大きなデメリットに感じてしまう人は多そう。

2、「本」という実態がない

これを感じている人は結構いるみたいです。

本は、「本の実態」をペラペラめくって読みたい人も多いですし、本の紙質、重さを感じたい人もいます。

私も、本の質感を感じたいと思いますが、便利という点で電子書籍を選んでしまいますね。

3、充電がなくなると読めなくなる

これは、電子書籍ならではのデメリット。

スマホ、タブレットの充電がなくなってしまうと、本が読めなくなってしまう。

特に、外出時に読むときは気になってしまうところですね。

喫茶店で本を読んでいる最中に、充電がなくなっていることに気づくと、本を読むことに集中できなくなってしまうこともありますから(笑

4、目に良くない(気がする)

スマホ、タブレットで本を読むことになるので、目に良くなさそう・・・と個人的に思っている。

実際、電子書籍をガンガン使っている私ですが、目が悪くなったこともなく、いたって普通の視力。

両目で1、0以上は常にある状態です。

これに関しては、個人差があるのでなんとも言えませんね。

私は断然「電子書籍派」

本の実物で読むか、電子書籍で読むか。

どちらか選べと言われたら、断然電子書籍を選びます。

スマホかタブレットがあれば、自分の本を全てどこでも持ち運びができるなんて、電子書籍がなかった頃には考えられませんでしたから。

本の実物を全て運ぶことはかなり重労働ですよ。

喫茶店に本棚ごと持って行くことなんてできませんからね(笑

引きこもりには必須!

外に出ない、買い物は基本ネットの私にとって、電子書籍は必須。

自分の家にいようが、外出していようが、どこでも本が買えてしまう。

「買って満足」で終わらない

本の実物があると、その実物を買ったことに満足して、本を全部読みきらないことがあったのですが、電子書籍を使い始めてからは、それがなくなった。

本の実物は売ることができますが、電子書籍は売れないので、読まないと価値が発揮されない。

自己啓発本なども、しっかり読みきるようになったので、私としては電子書籍にしてよかったと思っています。

本棚に本がズラッと並んでいる人の書籍などに憧れていましたが、今は、電子書籍があればいいという考えに。

本当に欲しい本は実物を買う

本屋に行って、「この本欲しい!」と思ったら、実物を買うこともありますし、「ホリエモンの本は実物がいい」ほと思えば、実物を買います。

やっぱり、本の実物には電子書籍にはない「味」がありますね。

電子書籍より、実物の方が「読んだ感」は大きい。

マンガは電子書籍、自己啓発本、小説などは、実物を使い分ける買い方もアリですよ。

まとめ

本の実物にしろ、電子書籍にしろ、本を読むことは楽しいことには変わりまりません。

マンガだと、笑わせてくれたり、感動したり、ドキドキしたり、先が気になる展開だったりと、人の心を揺さぶってくる。

自己啓発本から得られる知識、情報量は半端ないですよね。

何かを極めた人の知識、情報を買うわけですから、それをインプットすることができれば、自分のものにできる。

最近はテレビや動画を「見る」人が多くなってきていますが、「読む」楽しさも感じて欲しい。

読む楽しさを感じる方法の1つとして、電子書籍があるので、ぜひ、利用してみてくださいね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。