コミュニケーションが苦手な人向け。能力・スキル高めるオススメの本

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

コミュニケーションが下手くそな自分を変えるために読んだ本を紹介します。

本を読んだ私は、見事にコミュ力アップすることに大成功!

したわけではありませんが、多少はマシになったかなと・・・(笑

コミュニケーションが苦手な人にとってはオススメの作品なので、ぜひ、読んでインプットしてくださいね。

伝え方が9割/佐々木圭一

この本のタイトルに惹かれ、思いつきで購入した本。

言葉の選びから、作り方、伝え方についてかなりわかりやすく書かれているのでコミュニケーションが苦手な人にオススメな本の1つ。

ただ単に、自分の言葉を相手に伝えるのではなく、言葉に自分の「感情」を入れるだけで、「感動」「喜び」などを伝えられることをこの本で知った。

言葉の「作り方」についても事細かに説明してくれている。

「この領収書、おとせますか?」

という言葉に、ある言葉を加えるだけで、領収書を落としてもらえる成功率を上げる方法など、言葉に関する知識を網羅されている。

コミュニケーション不足の人に、是非読んで欲しい本です!

「素」のコミュニケーション術/ワタナベ薫

本としては珍しい、横文字スタイルで書かれている本。

この本は、「自分の武装を解除しないと、相手も武装を解除してくれないよ」ということが書かれています。

言葉のテクニックではなく、人と話すときの気持ち、心理状態を変えていくことで「素」の自分を出すことができる・・・と、私は勝手に解釈しました。

「素」の自分を出すことができれば、コミュニケーション力というより、自分を知ってもらうことができるので、相手にとっても自分をわかってもらいやすくなる。

「後悔しないコミュニケーション」という項目のところは特に読んで欲しい。

コミュニケーションが苦手と感じている人は、家に帰った後1人反省会をすることがほとんどではないですか?

私もそうなのですが、そのことについても書いてあるので、自分が反省会をしていると思った方にとっては、かなり面白い本です。

感じのいい人わるい人の話し方/渋谷昌三

話し方、言葉、伝え方によって、感じが良くなったり、悪くなったりってしますよね?

「頑張って」と言っても、相手は「ずっと頑張っているんだけど・・・」と思う人もいる。

励ましているつもりでも感じの悪い励ましになってしまうこともあるのです。

このことを知っておかないと、ずっと感じの悪い人になってしまう・・・。

あと、話し方以外にも、「手の動きが相手に与える印象がある」ことについても書かれています。

手の動きだけで感じがいい人になったり、悪い人になったりする。

人って、人の動きまでチェックしてしまう生き物なんです。

話し方+話す態度、しぐさについて気になる方にオススメの本です。

もう「いい人」になるのはやめなさい!/潮凪(しおなぎ)洋介

この本についても、タイトルに惹かれて購入しました。

私自身、いい人になろうと頑張ってる感があったので。

仕事に関しても1人でこなしてしまおうと考えるタイプで、誰かに手伝ってということができなかったのですが、この本を読んで人に頼ることができるようになりました。

あと、この本のおかげで「適当に生きる」ことができるようになりました。

この本を読んだら「いい人」って疲れることなんだと思うようになりますよ。

いい人を演じるってめちゃくちゃ疲れるんです。

適当サイコー!(笑

コミュ障の人は、まずは「話を聞くこと」に徹する

コミュニケーションが苦手な人は、とりあえず、人の話を聞くことに徹するといいですよ。

無理に話そうとすることもないですからね。

話し方などのテクニックは本を読んで知識、スキルを高めることができるので、読んでおいて損はないですよ。

私も、この4冊の本に少しは救われたので。

特に、「伝え方が9割」と「いい人になるのはやめなさい!」はオススメです!

感じのいい伝え方をインプットして、いい人であることは捨てていきましょう。

いきなりは難しいので、まずは「意識」するだけでもいいので実践するといいですよ。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。