若ハゲの抜け毛予防と対策|不規則な生活していませんか?

スポンサードリンク

現在、若い人でもハゲてしまうことが多くなっています。

生活習慣が乱れていること、、飲酒、喫煙をしている、洗髪方法が間違っているなど、様々なことが原因で、ハゲてしまうのです。

若いから大丈夫と思っていると、私のようにハゲてしまいますよ?

私はアデランスで実際に増毛体験をしたのですが、その時に”AGA”宣告されました。

ハゲてる当の本人は「ふ〜ん」といった感じ(笑

後々のことを考えると心配ですが…。

このようにことにならないためにも、日頃の生活を見直す必要があるのです。

ヘアリプロ

不規則な生活をしている

若い人がハゲや抜け毛などの症状を発症してしまう1つめの理由として、”不規則な生活”をしている可能性があります。

昼夜逆転生活や食生活などが偏っていると、それが体に影響を及ぼすことがあります。

人によって症状が異なりますが、場合によっては髪が抜けやすくなってしまうケースもあります。

特に肉や脂っこいものばかりを食べていると、タンパク質の摂取する量が減ってしまいます。

タンパク質には毛髪を活性化させる効果があるため、普通の食生活であれば不足することはないです。

ですが偏った食生活の場合にはタンパク質が不足してしまい、その結果、抜け毛になってしまいます。

また昼夜逆転生活になることで、体が疲労を感じやすくなってしまいます。

体内時計も狂ってしまうケースが多く、血行不良になり、それが抜け毛の原因になってしまうのです。

このような理由が関係していることが多いですが、予防策として規則正しい生活に変えることが重要です。

夜はできるだけ寝るようにして、しっかりと疲れを取ることを意識するといいでしょう。

偏った食生活にならないために、1日3食しっかり食べること。

特に野菜を積極的に食べることを意識すると、栄養不足による抜け毛を予防することもできます。。

飲酒や喫煙が影響を与えている

2つめのハゲや抜け毛といった症状を発症する原因として、過度の飲酒や喫煙が関係していることもあります。

適度な習慣であれば問題ありませんが、必要以上に行うと体内にアルコールやニコチンが蓄積されてしまいます。

アルコールを摂取しすぎることで、毛髪を作る機能が低下してしまい、その結果毛髪に大きな負担がかかってしまい、抜けやすくなってしまいます。

喫煙をする習慣がある場合には、ニコチンが毛細血管に影響を与え、血液の流れを悪くしてしまいます。

  • 飲酒+喫煙=ハゲ

と、考えてしまいますが、これが絶対というわけではありません。

あくまでも”ハゲやすい習慣”ということであって、これを習慣にしている人でも、ハゲない人はハゲません。

ちなみに私は、飲酒もたまに飲むくらい、喫煙はしないという、ハゲの予防の成績は優秀なはずですが、AGA宣告されていますから(笑

飲酒と喫煙の量を減らすことで、ハゲ予防になります。

しかし、この2つには中毒性があるため、急に止めることは非常に難しいでしょう。

なので、いきなりやめるのではなく徐々に本数を減らしていくことを意識するといいですよ。

このようにして減らすことによって、最終的に中毒症状を感じにくくすることができます。

そうすれば飲酒や喫煙する必要もなくなり、体に与える影響も最小限となります。

なので一度に禁酒や禁煙をするのではなく、毎日少しずつ本数や回数を減らすことが重要です。

髪の毛の洗い方を間違えている

3つめの抜け毛をしてしまう可能性がある原因として、髪の毛を洗う方法を間違えていることもあります。

髪を洗う時にシャンプーやリンスを使用しますが、洗い方を間違えてしまうと抜け毛が増える原因を作ってしまいます。

頭皮を爪でひっかくように洗ってしまうと、頭皮のダメージを与えることにもなりますし、一緒に毛が抜けてしまうことがあります。

それを繰り返してしまうことで、抜け毛やハゲの原因となってしまうことがあるので注意が必要です。

また、シャンプー選びを間違えると、それが原因で頭が痒くなり、かくことで頭皮をズタズタにしてしまい、髪の毛が抜けやすい頭皮環境になってしまうこともあるのです。

自分に合ったシャンプーを探すことも大切なことです。

入浴時に出来ることは、爪ではなく指の腹を使って頭皮を洗うことです。

これで、頭皮を傷つける心配はなくなります。

シャンプーの選び方についてですが、薬局で購入する場合は、薬剤師に聞いてみるといいでしょう。

行きつけの美容院がある場合は、そこの美容師に聞いてみるのもいいですね。

私はいきなりアデランスに相談してみました。

シャンプーを変えるだけでも、頭皮環境はかなり変化します。

私の場合は、かゆみがなくなったことです。

普段使用しているシャンプーやリンスが原因となることもあるため、爪ではなく指の腹で洗うことを意識することと、シャンプー選びはプロに相談して探すことを、まずは行うといいですよ。

この2つは、明日からでもできることなので、試してみてくださいね。

まとめ

20代、30代だから大丈夫と思っていても、気がついたらハゲが進んでいるかもしれません。

若ハゲが多くなっていることもあるので、早めに対策する必要がありますね。

私の場合は気がついた時には、薄毛の状態だったので、今後はズルムケになる予定です(笑

こんな感じで記事を書いていますが、結構気にはしています。

私のように、ハゲないためにも、皆さんはしっかりと予防、対策を怠らないようにしてくださいね。

個人的には、早めに自分に合ったシャンプーを見つけることをおすすめします。

現在、アデランスのヘアリプロを使用していますが、これで頭皮のかゆみを抑えることができました。

まあ、これで髪の毛が生えてくるわけではありませんが、頭皮の環境を整えるには十分なシャンプーです。

 

ヘアリプロ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。