白髪染めトリートメントを使いこなそう

スポンサードリンク

ムラなく仕上げる方法

白髪染めトリートメントを始めて使う時は、染めムラができてしまわないか不安になってしまうかもしれません。

初めてでも失敗しないように、また苦手意識を持っている方も上手に染められるように、正しい使い方を見直していきましょう。

まず、失敗しない人というのはきちんと準備を行います。

手を汚さないためのビニールの手袋、ムラなく塗るためのコーム、しっかり染めるためのシャワーキャップ、そして色がついても大丈夫なタオルを準備して下さい。

白髪染めトリートメントは25度前後が最も染まりやすいので、寒い日は使用前に容器ごとぬるま湯に入れておくと効果的です。

製品によってシャンプー前に使うか、後に使うか違いますが、基本的には髪に付着した汚れをきっちりと落とし、原液の濃度に近い状態で使うと染まりがよくなります。

シャンプー前に使う場合は、整髪料などを使ってない時に使うようにし、シャンプー後に使う場合は、タオルなどで水気をよく取ってから使うようにしましょう。

白髪染めトリートメントを使う時のポイントは、手袋をした手に適量取り、髪全体に広げた後コームで均一に塗っていきます。

白髪が気になる部分にはよく揉み込んでおいて下さい。

その後、髪の毛にタオルを巻いて、シャワーキャップを被って浸透させます。

時間を長くし過ぎると肌荒れや髪の傷みに繋がるので、取扱説明に従って下さい。

そして、浸透させた後は、すすぎの水が透明になるまでしっかりすすぎましょう。

きちんとすすがないと色移りの恐れがあります。

これらを守れば、いつでもムラなくキレイに白髪を染められるでしょう。

どんな風に白髪を染めていきたいかで決める

白髪になってしまう事で、特に若い年齢の方は老けて見られてしまうでしょう。

特に綺麗で若く見られたいと思っている女性は、髪の毛の色でもコンプレックスを感じてしまうかもしれません。

気になっている時には、白髪染めを上手に行う事で若々しい印象になる事ができます。

その方によっては、今すぐにでも白い部分をどうにかしたいという方もいるでしょう。

もしお金に余裕があるのであれば、美容室に行き相談するのが一番です。

黒髪も多い場合は、上手に馴染むような感じで液を混ぜながら染めてもらう事ができます。

そして予約をしたその日のうちにしっかりと染めてもらう事が可能ですので、1日で満足できる結果を得る事ができるでしょう。。

そこまで1日ですぐにではなくても良いから、少しずつ染まってくれればと考えている方もいるかもしれません。

この場合はトリートメントタイプを選び、購入してみましょう。

その方の髪の毛にもよりますが、徐々に染まっていくタイプがほとんどです。

1日目はほんのり色が入り、だいたい3回から4回使うと白髪がほとんど目立たなくなります。

優しく染めていきますし、入っている成分も強くありません。

普通のトリートメントのように、髪の毛を保護してくれるようなものしか入っていない商品もあります。

少し時間はかかりますが、セルフでできていつものシャンプーの後に気軽に使えるような白髪染めもある為便利に感じる事ができるでしょう。

急いで今すぐにでも染めたいのか、徐々にでも良いかで変えても良いです。

黒髪の方の白髪染めのカラー選びのヒント

髪をこれまで染めたことがない日本人の方は、髪色は黒である場合が多いでしょう。

白髪が目立ってきたら、白髪染めのカラーはブラックを選べばいいのだと考えてはいませんか?

しかし実際には、そう単純にカラー選びをしてはいけません

白髪染めのブラックの色味は本当に真っ黒なので、多くの方の場合、これを使って染めると黒くなり過ぎて不自然になってしまうからです。

日本人の黒髪は、よく見ると茶色みがかっていて純粋なブラックというよりはダークブラウンやダークアンバーに近い場合が多くなっています。

この事を踏まえると、染料のカラーもブラックではなく、ダークブラウンやダークアンバー系を選ぶ方が良いのです。

ちなみに、染めたい白髪の量によっても、染料のカラー選びに工夫が必要になります。

同じカラーで染めた場合でも、白髪の量が少なく黒髪の割合が多い場合と、白髪の量が多くて黒髪の割合が少ない場合とでは、染め上がりの印象が違ってくるからです。

白髪の量が少ない場合には染めたときの印象が暗めになりやすく、白髪の量が多い場合には染めたときの印象が明るめになりやすくなっています。

そして、1度暗めに染まってしまった髪を明るめに染め直すのは大変です。

白髪の量が極端に多い場合を除いては、基本的には、自分の髪色よりも少し明るめのカラーでまずは染めてみることをおすすめします。

そして、染め上がりを見て、明る過ぎると感じた場合のみ、少し暗めのカラーで染め直すと良いでしょう。

天然成分で髪に優しい白髪染めを

白髪染めをどんな基準で選んでいますか?

短時間で染まる、簡単に自宅染めができる、値段が安くて使いやすい、自分好みの髪色になる、むらなく染まるなど様々な基準で選ばれていることでしょう。

髪への優しさや美しい染め上がりには配慮していますか?

髪への優しさといえば成分へのこだわりが必要になり、化学成分があまり配合されていないものや、ヘナなど植物成分100%やそれに近い製品が考えられます。

髪に優しい白髪染めは使い方が難しかったり、手間がかかるものが多く、短時間で気軽な染めを目指す方には敬遠されがちです。

また、一度では色が入りにくく、何回か使うことで次第に色が入るようになります。

手間がかかり、一度ではキレイに染まらない一方、肌が弱い人でも使いやすく、髪のパサつきを抑え、使うほどに髪質が改善されて美しい艶が出るなどメリットもたくさんあります。

髪質を改善したい方、これまで重ねてきたカラーリングやパーマなどで髪を傷めたり、加齢によるパサつきが気になる方は試してみてはいかがでしょうか。

一方、美しい染め上がりを重視するなら、天然成分にこだわらず、美容成分がたっぷり入った白髪染めや、染める前や染めた後のトリートメントなどが付属した製品を使う手もあります。

この場合、値段重視の方にとっては、ちょっと高いなと思われるかもしれません。

ですが、普段格安の製品を使っている方にとっては、高品質な製品を使うとその違いを大きく実感されるはずです。

ヘアカラーのメリット、デメリットとは

年齢を重ねる度に、男女共他人からどう見られているのかをつい意識してしまうものです。

若々しさを保つ為、白髪染めを行う方も少なくありません。

美容院を利用し、プロの手で染めて貰う方もなかにはいらっしゃいます。

ですが定期的に利用し、白髪を染めて貰う場合家計の負担が大きくなってしまうのは避けられません。

髪のボリュームや長さによって差異はあるものの、一回染めて貰うだけで5000円から8000円も掛かってしまうからです。

その為圧倒的多数の方が、市販されているヘアカラーを使い自宅でコッソリ白髪を染めています。

ヘアカラーは、何といっても価格の安さが最大のメリットだと言えるでしょう。

市販されているものの場合、通常は1000円前後で手に入れる事が出来ますし高級品と呼ばれるものでも、3000円程度の支出で済みます。

以前は髪の根元と前髪だけがしっかり染まり、後頭部が染まらない等ムラが生じてしまう事もありました。

パサつく等品質そのものに課題がある商品も多かったのですが、最近では技術力も向上し自然な仕上がりになる白髪染めも少なくありません。

デメリットといえば、一人一人の頭皮の状態に合ったヘアカラーを見つけるまで、時間が掛かる点です。

美容院の場合プロが各人の頭皮の状態を見極めた上で調合し、染めてくれるので髪や頭皮が傷んでしまう可能性もほとんどありません。

一方ヘアカラーの場合、既製品を一つ一つ納得いくまで試していきます。

自分に合った白髪染めが見つけるまで、時間と根気が必要になる可能性もありますので、注意が必要です。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。