【男性の悩み】頭皮の臭いとベタつき|原因と対策はシャンプーにあり

スポンサードリンク

どうも、きむ( @kimu_news)です。

頭皮の臭いとベタつきが気になる時ってありませんか?この2つは頭皮の環境が悪化している現れなので、早めに対策しておきたいところ。

私も、かなり頭皮が臭く、生え際あたりがベタついていますね。このベタつきのせいで、髪の毛までベタついていることも…。なんとかしなければ。

目次

頭皮の臭いとベタつき【15の原因】

頭皮の臭い 原因
私の個人的に感じるのは、頭皮のベタつくことで頭皮が臭くなっていることです。

頭皮のベタついているところを指で触って、臭いを嗅いでみると、なんとも言えない臭いが…。

様々なことが原因で、頭皮環境を悪化させていることに。頭皮がベタつき、臭いを放つ原因は、毛穴から分泌される皮脂の量が増加するからです。

1.ストレス

ストレスは頭皮に大きく影響してきます。ストレスを感じた時にとる行動の1つに「頭をかく」ことがありますよね。

みんなが、この行動をするわけではありませんが、ストレスを感じることで、無意識に頭をかいてしまう人はいます。

頭をかく以外にも、ストレスを感じることで、過剰に皮脂が分泌することに。皮脂の分泌のバランスが崩れると、フケ、かゆみの原因にもなります。

2.食生活

普段食べているもによって、頭皮の臭い、ベタつきを発生させる原因に。脂肪分、糖質が多い食べ物は、頭皮に影響が出やすいので、控えたほうがいいですね。

私は肉ばかり食べているので、頭皮が脂まみれという事態に(笑

コーヒーを飲みすぎている

毎日コーヒーを飲んでいる人は多いと思います。私も毎日、記事を書いているときはコーヒーを飲んでいるのですが、これが、頭皮の匂い、ベタつきの原因に。

その理由は、男性ホルモンが活発になること。これによって、皮脂の量が増加することにつながるのです。

3.お酒の飲み過ぎ、タバコ

お酒は生活リズムを破壊

お酒は適度の飲むには問題ありませんが、過度に飲みすぎることは、頭皮の臭い、ベタつきを悪化させることに。

お酒を飲むことで生活のリズムが崩れる可能性が高く、つまみが脂っこいものばかりになったり、しっかりと眠れなかったりと、頭皮にダメージを与える生活になりやすいのです。

タバコはビタミンCを破壊

ビタミンCを破壊するタバコを吸っている人は、肌荒れになりやすい傾向があります。

ビタミンCが破壊されるということは、コラーゲンが作られる量が減ってしまうことになるので、肌荒れに繋がってしまうことに。

この肌荒れは頭皮にも影響があり、頭皮が荒れることで、痒くなったりするので、環境としては最悪に。

きむ
この2つを、いきなりやめることは、かなりストレスになるので、徐々に控えるように。ストレスが溜まっては意味がない。

4.運動不足

運動不足の場合、血行が悪くなっていることから汗腺に酸素が不足している状態に。

これが原因で乳酸が発生するのですが、この乳酸にはアンモニアの分泌を促進させることから、汗が臭くなってしまいます。

この汗は健康的な汗ではないということですね。私は、常に臭い汗を垂れ流しているということに。

5.長時間帽子をかぶる

仕事上、帽子を絶対にかぶらないといけない場合があります。私の場合、過去に工場勤務をしていたので、夏場でも帽子をかぶることは絶対でした。

しかし、この行為が頭皮の臭い、ベタつきに原因になっているとは…。汗をかいた帽子の中は、湿気がこもり、雑菌が繁殖しやすい環境になります。

きむ
帽子自体が臭くなってしまうので、余計に頭皮が臭くなってしまう。帽子も清潔にすること。

6.枕が汚い

とにかく睡眠中は汗を大量にかきます。汗で枕カバーが汚れていると、雑菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。

これは枕が臭くなる原因でもあり、枕の匂いが頭皮に移ってしまうことも考えられるのです。

全然、枕を洗濯せずに、黄ばんでいる枕を使っている人はいるのでは?それでは、雑菌入り枕で寝ていることになりますよ〜。

7.頭皮の炎症

脂漏性湿疹という頭皮の炎症が、頭皮の匂いを放つ原因になります。油臭いのが特徴で、自分でも臭いがわかるくらい目立つ臭いを放つことも。

エレベーターや電車、車の中などで、その臭いが本領発揮してしまうことに。

8.頭皮のカビ

お風呂上がりに髪の毛を乾かさないと、頭皮にカビが繁殖してしまうことも。この場合の匂いの特徴は、生乾き臭がすること。

洗濯物が生乾きの時の臭いを想像してくれればいいですね。頭皮から、あんな臭いがしていることに気づいたら、ストレスになってしまいます。

そのストレスも頭皮の環境を悪化させる原因に…。

きむ
頭皮にカビ。頭皮から生乾き臭。頭皮を洗濯物扱いにしてはいけない。

9.活性酸素

活性酸素が増加することが、頭皮の臭い、ベタつきの原因になるのですが、この活性酸素は生きていく上では必要で、完全に消し去ることはできません。

この活性酸素が増加している原因は、上記でも言いました「ストレス」「食生活」「お酒の飲み過ぎ」などが原因。

10.ワックス、ジェル

ワックスやジェルを使ってヘアスタイルと整える人は注意が必要。この2つには油分が大量に含まれているので、シャンプーで洗っても、洗い残していることがほとんど。

男性の場合は、髪の毛が短い人が多く、ワックス、ジェルが頭皮に直接つきやすいので、つける量には気をつけること。

私は昔、ベタベタにワックスを使っていたので、現在では、頭皮の環境が最悪に。雑菌の巣窟です(笑

11.カラーリング、パーマ

頭皮は刺激にかなり弱い部分。カラーリングやパーマで頭皮にダメージを与えることは、頭皮の環境を悪化させていることに。

刺激することで皮脂が過剰に分泌されるので、カラーリング、パーマはできるだけしないほうがいいということです。

低刺激の薬液を使用すると言っても、頭皮にダメージを与えていることには変わりません。

12.毎日朝シャンしている

夜、お風呂に入るのが面倒だから、朝シャンすればいいかと、思っている人は頭皮環境が悪化している可能性大です。

朝は忙しいことが多いので、多少髪の毛、頭皮が濡れた状態でも仕事、学校へと言ってしまいがちに。

その濡れた状態で外に出ることが危険行為なのです。外の世界の空気中には雑菌だらけ。

髪の毛、頭皮が濡れた状態は、雑菌がつきやすい状態なので、その状態で外に出ることは、頭皮にダメージを与えることになります。

きむ
仕事などで忙しいと、してしまいがち。これの積み重ねで頭皮が悲鳴をあげることになる。

13.髪の毛が濡れたまま放置

「頭皮のカビ」の部分でも言いましたが、髪の毛が濡れたままの状態はカビが繁殖してしまうことがあります。

髪の毛を乾かすのがめんどくさいから、濡れたままで放置している人はいるのでは?

10年前の私は、髪の毛をドライヤーで乾かすことは一切していなかったため、10年後、私の頭皮は雑菌の家へと進化することに…。

14.シャンプーで洗いすぎる

「毛穴ごっそり」「スッキリ毛穴」というフレーズのシャンプーを使っていませんか?頭皮の汚れを落としすぎることは、逆に頭皮の環境を悪化しやすくなります。

また、頭皮がベタついている、臭いがきになるからと言って、1日に2回、3回と洗髪することは、逆に頭皮にダメージを与えていることに。

15.シャンプー選びが間違っている

シャンプーを適当に選んでいることが、頭皮の匂い、ベタつきの原因になっていることも。

シャンプーによって洗浄力が違うのですが、あまりにも洗浄力の強すぎるシャンプーを使っている場合は、過剰に皮脂を取り除いていることに。

頭皮の臭い、ベタつきを対策する方法

頭皮の臭い、ベタつきの原因は多いですが、そのほとんどが生活に関わっていることがわかりましたね。

ということは、生活を見直すだけでも対策することができるということ。自分の生活が乱れていることに気がついたなら、対策もしやすくなります。

脂っこい食べ物を控える

頭皮を内側から改善する方法です。普段の食生活を見直すことは、頭皮の環境だけでなく、体の健康において必要なことですね。

脂っこい食べ物をできるだけ控えるだけでも、頭皮の臭い、ベタつき対策になります。

控えたほうがいい食べ物

  • 揚げ物料理
  • ジャンクフード、インスタント食品
  • 味付けが濃いもの(塩辛いものなど)
  • 甘いもの(ケーキ、アイス)
  • お菓子(ポテトチップスなど)

サラダ油よりオリーブオイル

基本的に脂っこい食べ物は控えた良いので、料理する際に使う油の量にも気をつけてください。

ドレッシング、マヨネーズの使いすぎもよくありません。後で味付けするクセは無くしたほうが良いですね。

また、サラダ油ではなく、オリーブオイルに変えるだけでも、対策になります。少々、値段が高くなってしまいますが、簡単にできる対策方法なのでオススメ。

きむ
脂っこいものはうまい!サラダ油は大好物。

飲酒タバコを控える

禁酒禁煙をすることは、対策になるのですが、このシンプルな対策こそ、難しいですよね?

なので、完全に禁酒禁煙にするのではなく、飲む、吸う量を減らすだけでもいいので、できるだけ控えるようにすること。

完全に禁酒禁煙してしまうと、逆にストレスになってしまうので。

十分な睡眠をとる

頭皮、髪の毛にとってのゴールデンタイムは、22時〜2時までの間と言われています。

この時間帯に深い眠りについていることが重要になってくるので、早寝早起きをする生活を意識すれば、頭皮にとっても最適な生活習慣になってくるということ。

仕事上、夜勤をしている人は、この生活習慣ができない場合もありますね。他にも対策方法があるので、そちらを優先させて対策するといいですよ。

ストレス解消することを意識する

ストレスは、頭皮だけでなく、体全体にとって毒です。この毒を排除するためにも、リラックスできる時間を作ることは重要になってきます。

私のリラックス方法はブログを更新すること。人によってストレス解消方法は違ってきますね。カラオケで叫びまくるのも頭皮にとっては良いことなのかも(笑

運動、入浴で汗を流す

汗をかくことで、毛穴に詰まった皮脂や古い角質を取り除くことができます。軽めの運動で汗を流すことも対策になるといいことですね。

運動するのが面倒な場合は、半身浴で汗かくようにしてください。とにかく汗を流すことを考えるのです。

枕を清潔にする

洗髪して、頭皮をいい状態にしても、枕が汚かったら意味がありません。枕は頭皮が直に当たるものなので、清潔にしておくことは大切なことです。

枕を清潔に保つ対策方法

  • こまめに枕カバーを洗う
  • 枕を外に干す
  • 枕自体を洗う
  • 枕にタオルを敷く

消臭スプレーで雑菌が好む環境を作っている?

枕に消臭スプレー(ファブリーズやリセッシュなど)をすることはありますが、本当にこれだけで大丈夫なのか、わからないので、しっかりと洗濯したほうがいいですね。

この2つはスプレーを吹きかけるだけなので、楽チンですが、枕に湿気がこもることになります。

湿気がこもる環境は雑菌が大好きな環境ということに…。消臭スプレーに頼りすぎると、逆に不衛生になるのかも。

きむ
枕を換気することを考えたほうが、雑菌が嫌う環境づくりができる。

シャンプーの洗い方・選び方

シャンプーの洗い方

ぬるま湯で汚れを落とす

はじめにブラッシングでホコリを落とすのもいいのですが、頭皮が傷つきそうなので、私はしていません。はじめにぬるま湯だけで、髪の毛、頭皮を洗っています。

これだけで、汚れを落とすことができ、シャンプーの泡立ちが良くなります。

シャンプーは泡立ててから使う

シャンプーの液を頭皮に直接つけて、泡立てていませんか?このシャンプーが液の状態は頭皮にとって刺激が強すぎるので、よくありません。

まずは、手でシャンプーを泡立ててから、髪の毛、頭皮を洗っていくといいですよ。洗顔するときは泡立てますよね?それと同じことです。

きむ
これは忘れてしまいやすい。泡立てることをクセにする。

洗いすぎNG

基本は指の腹で洗うこと。爪を立てることは絶対にしないでくださいね。頭皮がズタボロになってしまうので。生え際は皮脂の分泌量が多いので、丁寧に洗うこと。

しっかりすすぐ

すすぎ残しは雑菌が繁殖する原因になるので、しっかりとすすいでください。特に襟足部分は洗い残しやすい部分なので要注意。

ドライヤーでしっかり乾かす

シャンプーで洗ったあとは、髪の毛、頭皮をしっかりと乾かしてください。絶対にですよ?ドライヤーで乾かす前に、しっかりとタオルで髪の毛、頭皮の水分を吸い取ってください。

拭き取るのではなく、吸い取ってくださいね。そのあと、ドライヤーでしっかりと乾かしてください。しっかり乾かさないと、洗った意味がなくなってしまうので。

シャンプーの選び方

ノンシリコンシャンプーは洗浄力が強い

ノンシリコンシャンプーには、髪の毛や頭皮を保護、保湿する成分が入っていないので、頭皮にとっては洗浄力が強すぎるシャンプーになります。

頭皮の潤いを奪ってしまうので、頭皮の環境が悪くなり、臭い、べたつきの原因になる可能性も。

トラブル事例

  • 頭皮のかゆみが激しくなった
  • フケ、カサつきがひどく感じる
  • 頭皮、髪のベタつきがひどくなった

専門家に頭皮をチェックしてもらう

私は、もともとノンシリコンシャンプーを使っていたので、このような症状になった可能性は高いです。

というのも、アデランスで実際に頭皮に環境をチェックしてもらったことで、このことが判明しました。

何の考えもなしに、薬局で適当に買ったシャンプーを使っていたのが原因。シャンプー選びは頭皮にとって重要なポイントですね。

きむ
頭皮環境を知るには1番いい方法。

アミノ酸シャンプーは頭皮に最適?

アミノ酸シャンプー
アミノ酸シャンプーは、洗浄力が強すぎず、皮脂を根こそぎ洗い落とすことはないので、頭皮の環境を整えるには最適なシャンプー。

しかし、薬局に売っているシャンプーより値段が高いため、手が届きにくいかも。私はアミノ酸シャンプーで頭皮のかゆみを抑えることに成功しましたよ〜。

まとめ

頭皮は自分が思っている以上にデリケートです。しっかりとお世話をしないと、痒くなったり、炎症を起こしたりと、環境が悪化してきます。

私は全然頭皮のことを考えていなかったので、頭皮の環境が最悪になり、ハゲの進行、かゆみ、抜け毛を経験しています。まあ、これに関しては現在進行中です(笑

臭い、ベタつきは、頭皮の環境が悪化しているサインでもあるので、気づいたら、すぐに対策することをオススメします。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。