筋トレ5ヶ月目!徐々に減量していく

The following two tabs change content below.

きむ

引きこもることをこよなく愛する生き物。工場での人間関係に嫌気がさし、思いつきで会社を辞め、起業する。アフィリエイト報酬最高、月714万円(確定)。人間関係が苦手で、大人数の場になると孤立する。3ヶ月で20キロのダイエットに成功し、現在、筋トレにハマり中。

どうも、きむ( @kimu_news)です。

筋トレ生活が早くも5ヶ月目を迎えたましたが、飽きずにほぼ毎日のように筋トレをしている私。よく飽きないな〜と自分でも思っていますし、異常なくらいに筋肉に固執しているなと自分でも感じるようになりました(笑

友人などがフィットネス関連の話をすれば喜んでその会話に参戦しますし、「ジムに通おっかなー」と考えている人がいれば、迷わずオススメしてしまう。筋トレ仲間が1人もいないので、少しでも筋トレの話ができると嬉しく感じてしまうようになりました。

増量するために、少し無理をして食べることもありましたが、筋トレありきで増量すると体がものすごく大きくなることを初めて実感することができました。これには自分でもびっくりですし、減量したらどんな体になるのか楽しみ!

それでは、筋トレ5ヶ月目にどんなことをしたのかを紹介していきます!

外食しまくった

とにかく増量したかったので、外食で増量しながら減量に向けて、今のうちに食を楽しんだ1ヶ月になりました。焼肉を食べにいっても、できるだけ脂質の少ないハラミや、馬肉があるところでは馬肉を食べたりと、気を使いながらの外食なので、いつものようには楽しめませんが、それでも自分で作った味気ない料理よりかは、はるかにマシ。

とりあえず、最高で83.7kgまで増量することができました。というか、これは増量しすぎかと個人的に思っていますし、増量というかっこいいものではなく”ただ太っただけ”のような気もする・・・(笑

一応、筋肉もついてきたので、かなり体が大きくなったことを実感していますし、他人からも体のデカさを突っ込まれるようにもなった。

きむ
嬉しいことですし、やる気にもつながる!

ここから、減量して脂肪を落とした後に、自分がどんな肉体になるのかが楽しみです。

ぼちぼち減量を開始

さすがに、80kgオーバーになりましたし、季節的にも暖かくなってきたので減量を開始していこうかと思います。といっても、いきなり玄米、オートミールをメインとしたストイックな減量をするわけではなく、徐々に糖質の量を減らして行く減量をするので減量初期の頃はそれほど苦に感じないことは、減量した経験があるのでわかっているのですが、それでも減量末期になってくると、ボケーっとする時間が多くなるので、そのような状態にならないくらいにセーブしつつ減量をしていこうかと計画しています。

コンテストに出るとか、そのような目標がないので、自分がなりたいボディを目指せたらと思っています。パスタをメインにしたメニューにして、できるだけ時間を細かく分けて食事をしていきます。

白米よりもパスタの方が血糖値の上昇が低いとのことなので、パスタをメインにしていきます。

GI値も視野に入れる

今まで減量をしてきたことがある私ですが、あまり食べ物に関しては気にせず単純に糖質をカットした減量を行なってきました。しかし、今回の減量は常に筋トレをしながらの減量になるので、ある程度のエネルギー源がなければ筋肉量をできるだけ維持しながらの減量は難しいと思っているので、糖質を取り入れながらの減量を視野に入れています。

「GI値」という言葉を耳にしたことがない方が多いと思いますが、今回の減量はこのGI値を意識した食生活で減量していこうかと思います。

”食べても太らない”法則〜GI値ってナンだ?

GI値(グリセミック指数)」という言葉。炭水化物が分解され、糖に変わるまでのスピードを現した数値です。一般的にGI値の低い食品は、血糖値が急激に上がることの抑制効果が期待できる食品といわれています。逆にGI値の高い食品は、血糖値を急に上げてしまうことになります。

引用元:元気通信

今まで、このような科学的なことを気にしたことがありませんが、今回の減量は科学的なことを含めた減量をしていきます。白米に比べてパスタの方がGI値が低いというデータもありますし、筋肉ユーチューバー達もパスタをよく食べているイメージなので、私も取り入れてみます。

関連記事:【減量向き】脂質が少ないパスタソース「おすすめの4品」

きむ
辛いのはわかっているけど楽しみでもある。

トレーニング時間を短縮

今まで、2時間くらいかけて筋トレをしていましたが(1日1部位)、筋トレの方法をある程度理解して、自分なりの効かせ方を習得でき始めたので、筋トレの時間を短縮して、効率よく時間を無駄にすることなく筋トレができるようになりました。

これは、非常に良いメリットですね。自分の時間を節約できますし、短い時間で筋肉を痛めつけることができるようになると、集中力が途切れることなく筋トレができるので実のある筋トレがしやすいと、個人的に実感しています。

2時間じっくり筋トレしていると、どうしてもダラダラ感が出てしまいますが、自分のペースでできるという点ではいいと思います。しかし、もっと集中的に時間を節約しながら効率よく筋肉を痛めつける方が、自分にとっても良いかなと思ったので、ダラダラではなく、インターバルを1分にするなど、ある程度ですが時間を決めて筋トレをするようにもなりました。

じっくり時間をかけた方が筋トレの質が上がるのかと言われると、私はそうではないと思っています。短い時間でも筋肉に聞かせることができますし、私の場合ですが、大胸筋であれば30分のトレーニングでも十分に次の日になれば筋肉痛になり、筋肉がパンパンに張った状態にすることができています。

きむ
これからも”時間短縮トレーニング”を続けていき、筋肉をいじめていきます!

苦手の部位、種目がわかってくる

先ほど大胸筋であれば、短時間で聞かせることができるといいましたが、逆に聞かせることが苦手な部位もわかるようになってきました。明らかに苦手だと感じている部位は”背中”です。私の場合、筋肉痛の痛さ加減で判断しているので、実は効かせられているのかもしれませんが、大胸筋のトレーニング(ダンベルプレス)をしているときは、トレ中であっても、聞かせられている感覚があるのですが、背中のトレ中は、ただただ重いものを引き上げているだけという感覚なので、明確に聞かせられていない感覚が自分でもわかるようになってきました。

きむ
しかも、まだ改善できていないので、背中だけとに残されている状態・・・(笑

苦手部位を克服

苦手部位がわかるようになったことに対して、苦手部位を克服することもできました。個人的にプリケツを目指しているのですが、どうやって尻周りの筋肉に聞かせられるのか悩んでいました。ブルガリアンスクワットを取り入れても、大腿四頭筋メインに効いてしまし・・・と1ヶ月ぐらい疑心暗鬼のまま下半身のトレーニングをしていたのですが、5ヶ月目にしてある発見をしたのです。

個人差はあると思いますが、ブルガリアンスクワットをするとき、前に出す方の足幅を変えるだけで聞かせられる部位を変えることができるという発見をしたのです。

  • 足幅を広げれば大腿四頭筋へ
  • 足幅を狭めれば大臀筋へ

このように、自分の体に合わせて微調整を繰り返すことで、自分が聞かせたい部位へ効かせ分けることができるようになりました。これに気づいてからは足幅を狭めて大臀筋をメインに効かせられるブルガリアンスクワットばかり行うようにしています。

ブルガリアンスクワットの方法は「katochanさん」の動画を参考にトレーニングしていました。ぜひ、参考にしてください。

まとめ

苦手部位の背中は自分からは見えない(鏡で見ても見えにくい)ので、どうしてもおろそかにしてしまうのですが、それでも厚みがあって広がりのある背中も手に入れたいですね。まだ、ラットプルダウンという種目をしたことがないので、して見たいのですが、私の場合家トレですし、ラットプルダウンができる器具を買うとなると、それなりの場所とお金が必要になってきます。

きむ
買うことができても躊躇してしまう器具の1つ・・・(笑

来月で筋トレ半年になりますが、垂れたケツをプリケツに変化させたいと思っています。大胸筋、腕、肩に関しては、勢い任せに筋トレするだけでも効かせることができるので、今のところはOKかなと。

減量も徐々に慣らしながら開始して行くので、体の変化が待ち遠しくなってきますね!

今月も毎日筋トレしよ!