マスク肌荒れ注意報!「フショクーゼマスク」で悩みを解決!

スポンサードリンク

毎日マスクをつけている人はいませんか?

私は寝るときに鼻の保湿目的で毎日マスクをつけていますが、風邪対策、花粉対策や、ただ顔を隠したい、ファッションなど、マスクにはいろんな使い道があります。

仕事上、マスクを絶対に毎日着けなけれないけない人もいるでしょう。

このマスクが原因で肌が荒れるって知っていましたか?毎日のようにマスクをつけている方は要注意です。

なぜ、マスクで肌荒れになってしまうのか?

「フショクーゼマスク」で解決することができるかも!?

マスクが原因で肌荒れに

摩擦している

マスクはいろんな種類のものがあり、形状も違ってきます。

外からの菌をシャットダウンするためにはマスクが肌に触れないといけませんので、肌に触れることは当たり前なのですが、肌にマスクが触れていることが原因で肌荒れになってしまうのです。

触れるということは、摩擦することになるので肌荒れ状態になるのです。

特にマスクのサイズが自分の顔と合っていないときは摩擦が起こりやすく肌荒れになってしまいまう。

ニキビなどがある場合は、肌荒れをひどくしてしまうので注意しましょう。

コンビニや薬局で簡単に安く手に入る、使い捨ての「不織布タイプ」のマスクは肌荒れしやすいので、肌荒れが気になる方はこのタイプのマスクはつけないようにすると良いでしょう。

このタイプのマスクは外からの菌をシャットダウンすることに力を入れているため、肌には優しくないみたいですね。

繊維が絡み合ってできているので、肌に擦れたときのダメージが非常に大きいのです。

風邪、花粉対策としては良いのですが、肌のことを考えると、不織布タイプのマスクはやめておいたほうがいいでしょう。

蒸れによるダメージ

マスクは喉、鼻を乾燥から守ってくれます。

私は主にこれを目的をして使っていますが、長時間使い続けていると、自分の息がマスクの中にこもっている時がありますが、これは菌を繁殖させてしまう原因となります。

このこもっている範囲内にニキビなどがある場合は、悪化することもありあります。

適度に換気する必要がありますので、マスクを外す時間を作るようにするといいでしょう。

よく考えてみて必要がなければできるだけマスクをしないようにして、する時と、しない時を上手に使い分けるといいですよ。

マスクで肌荒れを防ぐためにすること

マスクで肌荒れする原因は主に「摩擦」と「蒸れ」が原因です。

この2つの問題を解決することができれば肌荒れにはならないってことですよね?

では、どうやってこの問題を解決していくのか。

マスクをつける頻度を減らす

単純でわかりやすい解決方法ですね。

単純ですが、これをするだけで肌へのダメージをかなり減らすことができるので、回数を減らすようにしましょう。

上記でも言いましたが、「する時」「しない時」の基準を作っておくといいでしょう。

マスク出勤はできるだけしないようにするとかでもいいので、回数を減らす工夫をするといいですよ。

マスクのタイプを変更する

これは非常に重要なことで、上記で説明した「不織布タイプ」のマスクを使い続けていたら肌荒れを解消することはなかなかできません。

「ガーゼタイプ」のマスクに変えることで肌のダメージをかなり少なくすることができますので、これに変えるといいでしょう。

ただ、見た目はとてもダサいです。

ファッションで例えると「すごくおしゃれな服ほど機能性はないけど、ダサい服の方が機能性は抜群」といった感じですかね。

さすがに外出先でガーゼタイプは恥ずかしいという方は、家ではガーゼ、外出先では不織布と使い分けることは最低でもしてくださいね。

マスクは常に清潔に

使い捨てのマスクを毎日使い続けている人は、私以外にいないと思いますが、マスクは毎日清潔な状態のものを使うようにしましょう。

これは肌荒れはもちろん、菌の繁殖にもつながってしまうので、清潔なマスクをつけるようにしましょう。

必殺「フショクーゼ」

見た目、肌のダメージも守りたいと欲張りな方はガーゼと不織布タイプのマスクを二枚重ねにするといいでしょう。

ガーゼを内側にして、その上から不織布タイプのマスクをするといいでしょう。

これで見た目も肌荒れもきにすることなくマスクを着けていることができますね。

この技を「フショクーゼマスク」と命名しておきましょう。

今のところYahoo!で検索しても検索に引っかかりませんでしたので。(2017/03/22現在)

まとめ

マスクが原因の肌荒れは摩擦と蒸れを改善することで、防ぐことができます。

肌荒れの症状が出てこない肌の強い人は、何も考えなくてもいいかもしれませんが、肌の弱い人は摩擦に肌が敏感に反応するので、しっかりと対策していきましょう。

マスクのタイプを変えるだけでも肌へのダメージ量はかなり減らすことができますので、不織布からガーゼタイプへ変えるのもいいですし、「フショクーゼマスク」にするのもいいでしょう。

個人的にマスクをつけると肌のダメージよりも、耳の裏が痛くなることの方が気になりますね。

痛痒いといったらいいでしょうか。

これの方が気になってきますね。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。