肥満防止、シミ予防に期待!?リンゴンベリーの効能とは?

スポンサードリンク

フィンランドでは、一般的な植物”リンゴンベリー”ですが、初めて聞いたことがある人が多いのでは?

日本では”コケモモ”と言われている植物です。

簡単に言うと、若返りの効果があると言われ、肥満防止、シミ予防などの効能があると言われています。

生命力が強いことから花言葉は「くじけない」です。

なんか爽やかではない花言葉ですね(笑

我慢強い植物ということでしょう。

IKEAで販売されており、人気商品の1つとなっている、リンゴンベリーについて紹介します。

リンゴンベリーの効能について

リンゴンベリーには、さまざまな効能が期待されています。

その効能は

  • 口内環境を整える
  • 膀胱炎の予防
  • シミ予防
  • 肥満防止

このように、体に良い食べ物ということが分かります。

また、普段の食事に取り入れやすいことから、人気が出てきています。

口内環境を整える

リンゴンベリーには、抗炎症作用があるので、口内炎の予防になると言われています。

さらに、歯周病予防にもなることから、口内環境を整えることができるのです。

口内にとっては、優しい食べ物ですね。

膀胱炎の予防

リンゴンベリーには”アルプチン”と言われる成分が含まれています。

このアルプチンには利尿作用、殺菌効果があることから、膀胱炎を予防することができます。

利尿作用があることで、尿道から細菌を出すことができるので、雑菌していることになるのです。

シミ防止

アルプチンには、口内環境を整えるだけでなく、シミ予防にもなります。

このことは、厚生労働省からも、認定されているので、その効果は期待できます。

アルプチンには、メラニン色素を抑制する働きがあるので、シミ予防にもなると言われています。

シミの大敵である、メラニン色素に対してアルプチンは、効果抜群ということです。

プラセンタにも含まれていることがあります。

肥満防止

肥満を防止するには、血糖値とコレステロール値を下げる必要があります。

リンゴンベリーには、この2つの値を下げる効果もあるのです。

ジャムであれば、一番手っ取り早く、食べることができるのですが、できるだけ低カロリーのものを選ぶようにしてください。

ジャムは意外とカロリーが高いので。

リンゴンベリーを育てる

リンゴンベリーは自分で育てることができます。

苗はネット通販などで購入することができるので、栽培するのが好きな方であれば、試しに育ててみるのも良いですね。

リンゴンベリーには

  • 氷点下でも”くじけない”
  • 寒さに強いが、暑さに弱い
  • 風通しの良いところが大好き

といった特徴を持っています。

寒さには強いのですが、暑さには弱いので、夏にめちゃくちゃ弱いということになります。

直射日光は避け、風通しの良いところで育てるといいでしょう。

日陰ではなく、木陰に置くのがベスト。

冬には強いので、寒さで目が出てくるようになります。

まとめ

リンゴンベリーで、体調を整えることができるので、食べてみてください。

しかし、ほとんどが通販なので、簡単に手に入れることができないのが残念です。

IKEAに売っているので、近くにIKEAがある場合は手に入りやすいですね。

公式サイトでは、ジャムの他にドリンクも売っています。

まだまだ出回ってはいませんが、そのうち、当たり前の食材になっているかもしれません。

ジャムやドリンクであれば、簡単に食べる、飲むことができるのもいい点ですね。

自分で栽培する場合は別ですが、栽培する楽しみプラス健康を維持できるのは一石二鳥です。

気になる方は、一度、お試し感覚で購入してみてはどうでしょうか。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。