ハイヒールを履くだけで痩せるのか?下半身を自然と鍛えることができる

スポンサードリンク

不安定なことから筋力を使う

ハイヒールは普通に歩くだけでも不安定になりますが、この不安定なこときっかけで、足元を支えるために筋力を使うことになるのです。

数時間買い物をしただけでもハイヒールだとすぐに疲れてしまいますよね?

自分にでは気づかないうちにおなかの筋肉を使っていることもあり、ダイエット効果があると言われているのです。

スニーカーを履いている時とは違う筋肉を使っていることになるので、ハイヒールを履くことで普段使っていない筋肉を鍛えることができます。

効果はあるが負担が大きすぎる

下半身を中心にダイエット効果が期待できるハイヒールですが、脚にかかる負担はかなり大きく、毎日履き続けることは脚にとってもよくありません。

負担が大きいことで痛むことがあり、負担がかかっている所を知らず知らずに内にかばって歩いてしまい歩き方がおかしくなってしまうこともあります。

ハイヒールには脚を鍛えることができるのですが、このようなマイナス要素もあることを考えると、毎日履くことは控えた方がいいでしょう。

もしハイヒールを履く場合は

ハイヒールを履いた後のケアは非常に重要で、足首、ふくらはぎ、太ももなどをお風呂に入りながらマッサージするようにしましょう。

脚を温めてあげるのが大切になってきます。

ハイヒールで歩くことは、つまずいたり、こけたりといったリスクがありますので、自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

よく、外反母趾になるとか、転びやすいとか言われますが、それは、ハイヒールの選び方が間違っているからであり無理して履き続けた結果なのです。

自分に合うハイヒールの選ぶ方法は、まず、はだしでつま先立ちをして部屋を歩いてください

この時の歩いているかかとの高さが、あなたに合うハイヒールの高さです。

もし、この時点でかかとが全然上がらない場合は、筋力が弱っている合図です。

筋力が弱い状態で、高さのあるハイヒールを履くと、ものすごく疲れますので、快適にハイヒールを履きたい場合は、足裏とふくらはぎを鍛えるといいでしょう。

ハイヒール用のインソールを使うことで、多少ではありますが負担を軽減することができますので、買っておくといいでしょう。

正しい歩き方をしないと意味が無い

ダイエット目的で履く場合は歩き方に注意!

ただ単に歩いているだけでは効果がありません

膝、背筋が曲がらないように意識して歩くようにするといいでしょう。

しっかりと伸ばすとこを伸ばして歩くことで正しく体重をのせることができ、初めてダイエットとしての効果が発揮されるのです。

親指側に体重をのせて脚をクロスさせるように歩くとを意識するといいでしょう。

着地のさせかたは、かかとからつま先へと着地させるようにしましょう。

靴底をチェックすることで分かること

自分の靴底をチェックしてみてください。

もし外側がよくすり減っている場合はO脚になっている可能性大です。

逆に内側がよくすり減っている場合はXO脚になっている可能性大です。

では理想的なすり減り方はどのようになっているのか?

それは外側から内側にすり減っている状態になっていることが理想のすり減り方です。

この状態になっていることが理想の歩き方をしている証拠にもなりますので、まずは、自分が履いているハイヒールの靴底をチェックしてみましょう。

まとめ

ハイヒールで痩せることはできますが、効率を考えるとあまりおすすめできませんね。

理想のフォームで歩くからこそダイエット効果が期待されるのであって、ただ単に歩くだけでは、脚に負荷を与えるだけとなってしまいます。

まずは自分に合ったハイヒール選ぶをするといいでしょう。

ハイヒールでダイエットをするというのではなく、ハイヒールを履いているついでに脚を鍛えられると考えた方がいいでしょう。

本気でダイエットするなら、もっと効率の良い鍛え方があるはずです。

つま先やかかとが皮膚が硬くなることもあり、かかとがひび割れる原因にもなってしまうので、できれば履く機会を少なくしたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。