痛風と3ヶ月戦う!体質が主な原因

The following two tabs change content below.

きむ

引きこもることをこよなく愛する生き物。工場での人間関係に嫌気がさし、思いつきで会社を辞め、起業する。アフィリエイト報酬最高、月714万円(確定)。人間関係が苦手で、大人数の場になると孤立する。3ヶ月で20キロのダイエットに成功し、現在、筋トレにハマり中。

どうも、きむ( @kimu_news)です。

痛風持ちの方、痛風のような症状を感じている方は私だけではないと思います。私は完全なる痛風の持ち主であり、発作時の痛みを経験しています。痛風の痛みって痛風になったことがない人にはわからない未知の痛みなので説明しようがありませんが、とにかく大げさに痛がっているわけではなくガチで痛いんです。痛風の方にはこのことはわかってもらえるかと思います。

痛風は自己管理が原因だと思われがちですが、実は体質が主な原因ということを知らない人は多いのではないでしょうか。もちろん食生活から痛風になることも、私の体で実験済みです。

ケトジェニックダイエットから痛風になる

悪夢はここから始まった・・・と言ってもいいくらいケトジェニックダイエットによって痛風が悪化してしまいました。ケトジェニックダイエットは脂質をエネルギー源として活動するダイエット方法。簡単にいうと肉類を主食とし糖質をほぼカット(1日の糖質を10g〜30g)に抑えるようにするダイエット方法なので、食生活がかなり偏ってしまう反面、短期間で痩せる体質に変えることができる魅力的なダイエット方法でもあります。

私もこのケトジェニックダイエットをすることで1ヶ月で7.1kgの減量に成功したのですが、その代償として痛風になってしまいました・・・(笑

関連記事:ケトジェニックダイエット5週間!7.1キロ減量で終了を迎える

ケトジェニックダイエットを開始時は楽しく減量していたのですが、まさかこんな結果になるとは思っていませんでしたね。痛風持ちの人は無理なダイエットはしないほうがいいですし、私のようにケトジェニックダイエットを安易な考えで行わないほうがいいですよ。

体質は人それぞれなので、絶対にケトジェニックダイエットをしないほうがいいと断言できませんが、私はお勧めできません。実際に痛風が悪化しましたし、いつもの痛風よりも長期戦になってしまったので、かなり辛かったです。

いつもなら3日でピーク時の痛みは無くなっていたけど・・・

いつもの痛風であれば違和感だけで治るか、痛みがあったとしても2日3日で治るのですが、ケトジェニックダイエットからの痛風は3ヶ月以上も続いており、現在、もうすぐ痛風の発作から4ヶ月目になりますが、未だに痛風の違和感と戦っている最中です。

私の場合、食べ過ぎが原因で痛風になったので食事制限をすることはいいだろうと思っていたのですが、それが原因で痛風になってしまったのです。健康のためと思いつつも痛風になってしまうという皮肉な結果になってしまいましたし、すぐ治るだろうと勝手に思い込み痛みに耐えていました。

ロキソニンS プレミアムで痛みをしのいだ

病院へ行かなくても放っておけば痛みは治ると思っていましたが痛みが治まらずどうしよう方考えた結果、鎮痛剤を飲むことにしました。痛み止めは病院でも処方される時がありますし、とりあえず市販のものでもいいから痛みが治まってほしいという思いで、痛風の足を引きづりながら「ロキソニンSプレミアム」を買いに行きました。

ロキソニンSプレミアムを飲むことで痛みを和らげることができましたが、痛風による腫れや痛みが完全に消えることはなかったですね。何時もであれば勝手に腫れも痛みも完全に消えて無くなってしまうのですが、その気配を全く感じることなく痛風とお付き合いするハメになってしまったのです。

ロキソニンSプレミアムの効果は確かにありますが、その場しのぎにしかならないですし、根本的に腫れや痛みを直す場合は病院へ行ったほうがいいですよ。もし、ロキソニンのような市販薬を購入する場合に注意してほしいことがあります。注意することは”市販されている鎮痛剤の中には痛風の発作を悪化させる成分が含まれているものがある”という点です。

下記で紹介するサイトには、痛風に悪い鎮痛剤、良い鎮痛剤が紹介されているので、鎮痛剤を購入する前に絶対に読んでおいてくださいね!

痛みとの戦いは1ヶ月ほど続いた

ろきそにんSプレミアムを飲みながら痛風に耐えてはいましたが、一向に治る気配がなくいつもと違う痛風だと痛風になってから1ヶ月経過した時に思いました。「気づくのがおせーよ」と言われそうですが、私はなぜかそのうち治るだろうと思い込んでいたので、気づくのが遅くなってしまいました。思い込みって怖いですね。痛ければはないこと病院へ行って痛風の薬をもらえばいいものの、自分でどうにかしようとあがいてしまうのですから。

1ヶ月もあの激痛と共存していたことを考えると今でもゾッとしますし、私は根っからのドM体質なのかもしれないなと思った瞬間でもありました(笑

さすがに病院へ行った

痛みと共存する必要はないですし、痛風が治らないことに対して恐怖を感じたのでさすがに病院へ行きました(痛風の発作が起こってから1ヶ月以上も経ってから)。病院嫌いの私ですが、病院で処方された薬を飲むことで痛みを和らげることができたので行ってよかったと思います。尿酸値を下げる薬を飲むことで治るには治ってきたのですが、やはりいつもより治りが格段に遅いです。

この頃にはケトジェニックダイエットをやめて糖質を普通に摂取していましたし、糖質さえとってもと通りの食生活にすれば治っていくだろうと自分で勝手に思っていましたが、人間の体ってそう単純に作られていないみたいですね。血液検査をした結果、尿酸値は基準値を超えていました。

血液検査をした結果

血液検査の結果を下記の通りです。

尿酸値が基準値より高いことがわかりますが、私としてはいつもの検査結果より低い数値だなと感じました。最高で尿酸値が9.8になったことがあるので(痛みのピーク時に検査した)痛風が治まってきているのかなと、この検査結果を見て安心してしまいました(笑

中性脂肪の高さも気になったので、食生活を改善していますし中性脂肪を下げる薬も処方すると言われ飲んでいました。とりあえず薬を処方してもらったので、もう安心だと思ったのですが、今回の痛風はそう簡単に治ってくれないみたいです。

その後は違和感との戦い

病院の薬を飲めば、何時もであれば2日もあれば普通に歩けるくらいまで回復するのですが、今回の痛風は2週間以上薬をしっかりと飲み続けても回復してくれません。痛みはないものの常に膝が腫れていますし、違和感があるので常に気を使いながら歩いています。

膝にサポーターを常に巻きながら生活をしていますし、出先で階段を利用しないといけない場合は地獄です。痛風の方にはわかってもらえると思いますが、痛風の痛みがある時、違和感があるときの階段はかなり地獄ですよね。特に降りるときなんて痛風の発作の箇所に体重が乗ってしまうので激痛が走りますし、違和感がある場合は、階段を利用したことによって痛風が悪化してしまうことだってあります。

この繰り返しで痛風の違和感が消えないなんてこともあるくらい階段は痛風の方にとって地獄なんです。たとえ2階に上がるときでさえもエレベーターを使いたいのが本音。このような痛みと違和感との戦いが私の今回の痛風では2ヶ月以上続いているのです。

違和感が消えそうになって無理をして運動をしたり、食生活が乱れたりすると、患部が腫れたり熱を持ったりとすぐに痛風が顔を出してくるので、常に気をつけておかないと違和感さえ消えてくれない。

ビールを飲んでも影響はない

これは、私の場合かと思うのですが、私はビールなどのお酒を普通に飲んでも痛風が悪化することはありません。ビールと一緒に食べる物によって痛風が悪化することがありますが、ビール単体で悪化したことはないのです。私が痛風になった原因は「偏った食生活」が原因なので、主にお酒によって痛風が悪化するわけではないみたいです。

ビールで痛風が悪化しない代わりに脂っこいものを食べると痛風が悪化してしまうことが多いです。揚げ物は痛風中はご法度ですし、肉類から出る油でも悪影響が出ることが多いです。「痛風=ビール」という図式が出来上がっていますが、ビールよりも食べ物の方が痛風絵の影響が大きいような気が私はします。

もちろんお酒の好きの人も痛風になっているので、痛風の形は多種多様ということですね。けど、お酒を飲まないのに痛風になるとか、なんか損しか気持ちになるのは私だけか?(笑

食生活を変えてみた

海藻を取り入れた

食生活が主に肉類中心の生活を送っていた私ですが、最近では海藻類を取り入れるようにしました。海藻を取り入れたと言ってもお手軽に作れる即席スープだけですけどね(笑

ワカメや昆布などを普段食べる習慣がないので取り入れることにしました。というのも、海藻は痛風に優しい食材(プリン体が非常に少ない部類)ですし、痛風以外の健康面を考えても取り入れてもいいかなと思いました。お湯を注ぐだけで海藻スープができるので簡単でおすすめです。

上記の海藻スープは「北野エース」で購入しましたが、類似品がスーパーなどでも販売されているので、痛風の方は取り入れてみるといいですよ。私は、海藻スープと食べるのようしてから痛風の違和感が徐々になくなってきています。

違和感がなくなってきていますが、海藻を食べれば痛風になった方全員の症状が良くなるわけではありませんので、参考程度にしていただければと思います。

牛乳とコーヒー飲むようにした

牛乳には尿酸を排出する働きがあるとのことなので、毎朝牛乳を飲むようにしています。確かに牛乳を飲むようになってから違和感が少なくなった感じはしますが気休め程度かなという感じもします。コーヒーには尿酸値を下げる働きがあるとのこと。私は毎日コーヒーを飲んでいるので、コーヒーを飲む習慣はクリアしていました。

一応、痛風のために気を使って体の中に摂取するものを考えてはいますが、痛風が完治することはありませんね・・・。

きむ
違和感は常につきものって感じです。

体質8:食事2

痛風って食事が主な原因と思っている方が多いですが、実は食事からの影響はそれほど大きくないと知り合いの医者の方が言っていました。尿酸は体内で8割作られ食事からの影響は2割程度なので、食事を気をつけることも大切だけど排尿することが大切と言っていました。食事を改善することは大事なのですが、私の場合は根っからの「痛風体質」ということなので体質的に痛風と共存することが約束されていたのかもしれませんね。

「痛風になるのはお酒や食生活が原因だ」と痛風になったことがない人は言いますが、それは間違いではないのですが、体質が痛風になる原因の8割を占めているということです。ということは、贅沢をしていなくても痛風になる人もいるということなので、贅沢病という言い方は実は間違っているのではと思いますよね。よくお酒を飲み、食生活が乱れた贅沢な生活を送っていたとしても痛風にならない人もいるわけですから。

きむ
本当に羨ましい限りですよ。

まとめ

痛風との共存が3ヶ月以上続いているわけですが、徐々に回復してきているので趣味の筋トレも普通にできていますし、普通に出かけることもできるようになりました。この3ヶ月間痛風と向き合ってきましたが、痛風になる主な原因は「体質」ということなので、どうすることもできないという結果になってしまいました(笑

食生活を一応気をつけてはいますが、痛風に良い影響を大きく与えるわけではないので、気休め程度に食生活の改善を行っています。違和感もほぼ消えそうなので、病院へ行くことはサボっています(笑)このサボりがいけないことだと思うのですが、なんとかなりそうなので様子見しているところです。

痛風の発作のピーク時はとにかく地獄です。歩くことさえもできませんし、トイレで用を足すことも地獄。そもそもトイレに行くことさえも地獄なので普段普通に行っていること全てご地獄と化すのです。それでも、痛風中に好きなものを食べ、好きなものを飲んでしまうことは”痛風あるある”かと思います。

痛風が治りかけてくるとどうしても油断してしまうんですよね(笑

これからも痛風とお付き合いをして行くわけですが、私の場合はケトジェニックダイエットをしなければここまで悪化しなかったと思うので、極端な節制はしないようにします。もう、あの痛みに耐える生活は嫌なので。

もし痛風のような症状を感じたら、耐えるのではなく病院へ行ってくださね。私のように無駄に耐える必要なんてありませんよ。