酵素を使って効果的なダイエットをするには

スポンサードリンク

酵素ドリンクなどを飲んでダイエットをしている人がいますが、酵素にダイエット効果があるのか?

酵素の扱い方を間違えると、ダイエット効果が薄れてしまうことを知っていましたか?

酵素は〇〇に弱いので注意しましょう。

また、断食は結果的に体重を落とすことができますが、ダイエット目的でするものではありません。

それはなぜか?

ダイエットモニター企画

ダイエットに必要な酵素とは

ダイエットには酵素が不可欠です。

酵素は体内で消化や代謝をサポートする成分であり、不足すると様々な問題を引き起こします。

人間が持つ酵素の量には限界があり、使い尽くしてしまうとなくなってしまいます。

”消化と代謝”が主な働きなのですが、消化に酵素を使いすぎてしまうと代謝にまわる酵素が少なくなってしまい、エネルギーがうまく使えなくなってしまいます。

消化に酵素を使いすぎないためには、酵素が含まれているものを、たくさん食べて消化をサポートしてあげるのです。

食べ物から酵素をたくさん摂取することで、消化に必要な酵素が少なくて済むので、代謝にエネルギーを使わなくて済みます。

こうすることで、エネルギーが効率よく使われるようになり、脂肪を燃焼しやすくなるのです。

この流れが酵素ダイエットの仕組みです。

酵素が多く含まれている食物には、生野菜やフルーツ、発酵食品などがあります。

発酵食品とは、納豆や味噌、ヨーグルトやチーズ、キムチなどといった発酵した食品のことです。

酵素は熱に弱いため、なるべく加熱していないそのままの状態で食べることが重要です。

食事の際にこうした食物を摂取するようにするだけでも、一定のダイエット効果があります。

効果的な酵素ダイエットの方法

普段の食生活から酵素をとるのも非常に重要ですが、それだけでダイエットをするにはかなり時間がかかります。

また、食べているつもりでも、生の野菜や果物は量が多く食べにくいため、ダイエットに必要な分を食べるのは、かなり大変です。

そのため、効果的にダイエットをするには、“酵素ドリンク”を使う方法がおすすめです。

酵素ドリンクとは、野菜や果物、野草などを発酵させて作った飲み物のことです。

様々なメーカーから販売されており、味や使用されている材料はメーカーによって違います。

酵素ドリンクを使った酵素ダイエットの方法は、”一食を酵素ドリンクに置き換える”というものです。

誰でも簡単にすることが出るのでおすすめです。

酵素ドリンクは、そのままでは飲みにくいことが多いので、水や豆乳、オレンジジュース、炭酸水などで割って飲むと飲みやすくなります。

一食置き換えるだけで、ほかの食事はいつも通り食べてもOKです。

期待される効果と理由

酵素ドリンクを一食置き換えるだけで非常に効果的なダイエットすることができます。

なぜ、酵素ドリンクでダイエットできるのかというと、摂取カロリーが無理なく抑えられ、便秘が解消し、消化に使わなくてすんだ酵素を脂肪の燃焼にまわせるためです。

まず感じるのが便秘に関することでしょう。

酵素は腸内環境を正常化する働きがあるためです。

便秘が解消されることにより、体重が減る人もいます。

そして、摂取カロリーと食べる量が減ることにより、体重が落ちていきます。

消化に使わなかった酵素が脂肪を燃焼してくれるので、体重は効果的に落ちていきます。

ほかのダイエットと比べて優れているのは、”腹持ちが良い点と栄養素が豊富な点”です。

そのため、ダイエットの大敵である空腹感が少なくてすみます。

また、酵素以外にも、”アミノ酸、ミネラル、ビタミン”など豊富な栄養素が含まれているため、肌がボロボロになったり髪がパサパサになったりといった心配がありません。

効果的でありながら、きれいにダイエットできるという点が最大の魅力といえるでしょう。

酵素ドリンクはダイエット効果があるのか?

2017.04.03

断食はダイエットになるのか?

断食というのは、食べないことによるダイエット効果ではなく、体を一度リセットすることが本来の目的です。

何も口にしなければ、体重が一時的に減るのは当然のことです。

ところが、必要な栄養素が不足することにもなるため、肌がカサカサになったり、吹き出物が出たり、ふらついたりするといった症状が出ることがあります。

食事の代わりに酵素ドリンクを飲むことで、必要な栄養素を摂取しつつ、体をリセットすることができるのです。

断食というのは、今までの食生活を見直し、健康的な身体を目指す体質改善の第一歩です。

体質改善をすると、新陳代謝がよくなったり、便通がスムーズになったりします。

その結果、体重やサイズダウンにつながることから、“酵素ダイエット”と呼ばれるようになったのです。

間違った方法で行うことで逆効果になったりすることもあります。

一般的に家庭で行われるものは、短期間の食事制限によるもので、2日間食べ物を摂取しません。

酵素ダイエットの場合は、2日間の間、食事の代わりに酵素ドリンクを飲むことで、完全に食を断つことにはならないのです。

胃腸を休めて内臓の働きを取り戻す

一日3食食べることは当たり前になっています。

それ自体が悪いことではありませんが、3食の食事の分配や時間などによっては胃腸に負担をかけることになります。

常に胃腸が働いている状態では、当然だんだんと疲れてきます。

内臓の機能が低下してくると、新陳代謝も悪くなり、疲れやすくなるなど体のいろいろなところに影響が出てきます。

内臓を休ませてあげる一番の方法は、“食べないこと”です。

食べなければ胃腸は働かなくて済むので、十分に休むことが出来るのです。

これによって機能がいったんリセットされ、衰えていた細胞活性化の働きが再びよくなり、身体機能を上げることにもつながります。

酵素ダイエットは、この完全断食の2日間に酵素ドリンクを置き換えます。

酵素の中には、体に必要な栄養素が十分に含まれており、食事を摂らなくても必要な栄養素を補うことが可能です。

また、酵素を摂取できることは大きなメリットになります。

酵素は、食べ物から必要な栄養素を取り出して吸収したり、エネルギーを作り出したりするのに必要な”消化酵素”、壊れた細胞を治したり内臓の働きを維持したりする”代謝酵素”があり、この2つはとても重要になってきます。

酵素ドリンクはこれらを効率的に摂取できるため、普段から積極的に摂っておくといいものでもあります。

前後の食生活にも注意すること

2日間の置き換え以外にも、もうひとつ重要なことがあります。

それは”予備食と復食”と呼ばれるもので、本格的に断食する前後は軽めの食事に変えて行くことです。

前日は1日程度、後日は数日かけて元の状態に戻していくことが効果的です。

軽めの食事とは、“脂っこいもの、カロリーの高いもの”は避けます。

消化に良いものだからと、“たくさんの量を食べることもNG”です。

飲酒や夜食もしないように。

特に断食後の食事は、休んでいた胃腸が働きだすため、食事内容には気を付ける必要があります。

いきなり消化器官に負担のかかる食事を摂ると、体調不良の原因にもなるからです。

また食事内容以外にも気を付けておきたいことはあります。

食事制限をかけていると、どうしても空腹感から気を紛らわそうと、”コーヒーやタバコ”などに手を出してしまいます。

しかし、カフェインを含む飲み物やタバコ、糖分を多く含むアメやガムなどといった嗜好品は、効果を半減させてしまうことになるのです。

酵素ダイエットは、体重を減らすことが目的ではなく、体を健康的にリセットし、体質改善によって体重や体形の変化をさせて行く方法です。

短期間で本気で取り組みたいのであれば、がんばってこの期間だけは我慢するようにしましょう。

体質改善が成功すれば、体を動かすことが苦にならなくなり、自然とダイエット効果も生まれてくるのです。

まとめ

酵素を体に取り入れることで”結果的に”痩せることが可能ということですね。

ダイエット目的でなくても、健康を維持する目的で酵素を取り入れるのもいいでしょう。

胃腸を整える食生活を普段から続けているのであれば問題ないでしょうが、これをきちんとできている人は、ほとんどいないでしょう。

私も油と肉と米が大好きなので、とても健康的な食生活とは言えません。

酵素に置き換えるだけでも健康を維持することができ、その結果、痩せることができるということです。

痩せれば健康になれるし、健康になれば痩せるということですね。

酵素ドリンクはいろんな有名人がモニターとなって、実際に痩せた写真を公開していますし、手軽にダイエットしたいのであれば、酵素ドリンクはおすすめです。

ダイエットモニター企画

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。