コーヒーはガンを予防する効果がある!?コーヒーで健康になれるのか?

朝起きたとき、出勤前、休憩中などにコーヒーを飲む人は多いのではないでしょうか?

私も記事を書いている時は、絶対にコーヒーを飲んでいます。

飲むだけでなく、香りを楽しむこともできますしね。

このコーヒには健康効果があることを知っていましたか?

一体、どのような健康効果があるのか?

コーヒーで得られる健康効果

若返り効果

コーヒの中に含まれている成分は何かと聞かれた場合、ほとんどの人が

「カフェイン」

と答えるでしょう。

しかし、カフェインよりも多く含まれている成分があり、それは

「クロロゲン酸」

というポリフェノールです。

ここで初めて知った方もいるのでは?

それくらい知らない人が多い成分なのです。

このクロロゲン酸と呼ばれるポリフェノールの特徴は抗酸化作用が強いことです。

抗酸化作用が強いことで、シミ、シワなどのダメージを少なくすることができ、老化の原因でもある、活性酸素から身を守ることができるため老化の防止にもなるのです。

簡単にいうと、コーヒは美容効果があるということですね。

ガンの予防になる

コーヒーにはガンの予防にもなると言われ、毎日コーヒを飲んでいる人は、飲んでいない人と比べて、肝臓ガンのリスクが軽減されるといったデータがあるのです。

しかし、これは肝臓ガンに限ったことで、他のガンに関してはまで研究中とのことです。

コーヒを飲むだけで1つのがんを予防できることは非常にいいメリットではないでしょうか?

私もコーヒーを毎日飲みまくっているので嬉しい限りですね。

コーヒーには発ガン性があると言われていましたが、実は間違いであることがわかったのです。

その理由は温かい飲み物(65℃以上)であれば、何を飲んでも食道ガンになる可能性があるという結果が出たのです。

コーヒが原因ではなく「温度」が関係していたのですね。

この温度とは関係なく発がん性のリスクがある飲み物があります。

それは「マテ茶」です。

このマテ茶は冷たくてもガンのリスクを高めると言われています。

ガンが気になる方は、コーヒーよりも、酒、タバコを控えることをまず考えたほうがいいってことですね。

糖尿病を予防する

あの有名な病気、糖尿病を予防することもできます。

糖尿病もガンと同じく、コーヒーを飲んでいる人、飲まない人と比べて、糖尿病のリスクを軽減されているのです。

予防として飲む場合はブラックで飲むようにしてください。

砂糖をたっぷり入れると予防としては意味がありませんので。

すでに糖尿病の人がコーヒーを飲むことで、症状を改善できるかというと、そういうことでもないのです。

糖尿病がコーヒーを飲むと、インスリンの働きに悪影響を与える可能性があるので、飲むことはやめたほうがいいでしょう。

飲みたい場合は、飲み方には注意してください。

空腹時には飲まないこと。

糖尿病の人は高血圧になりやすいく、コーヒーに含まれているカフェインには血圧をあげる作用があるので、注意してください。

いきなりガブガブ飲むのは危険です。

もし飲む場合はブラックで飲むようにしてください。

まとめ

コーヒーに含まれるカフェインとクロロゲン酸には、体に良い影響を与えてくれるということですね。

発がん性があると言われていましたが、「温度」によるものだったので、コーヒーを飲むことでガンなるどころか、リスクを軽減することができるのです。

コーヒーマニアの方にとっては嬉しい情報ですね。

私はコーヒーマニアではありませんが、楽しんでコーヒーを飲んでいます。

愛用のネスプレッソに毎日働いてもらっています。

ネスプレッソで喫茶店いらず!?カプセルホルダーや専用カップは便利なのか?

2017.03.10

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。