失恋パワーで筋トレ!何かに必死になる時間が大切

The following two tabs change content below.

きむ

引きこもることをこよなく愛する生き物。工場での人間関係に嫌気がさし、思いつきで会社を辞め、起業する。アフィリエイト報酬最高、月714万円(確定)。人間関係が苦手で、大人数の場になると孤立する。3ヶ月で20キロのダイエットに成功し、現在、筋トレにハマり中。

どうも、きむ( @kimu_news)です。

最近、失恋をした私ですが、趣味である筋トレを辞めずになんとか続けることができています。というのも、筋トレしている時間があると、嫌なことを忘れられますし、勢いで筋トレすることができるので、謎にパワーがみなぎってくる。

私は、失恋という負の感情を抑えるために、毎日筋トレで自分を追い込み、失恋したことを考える余裕すら無くしています。後、筋トレの知識を学んだり、フォームをチェックしたりと、筋肉を大きくすることを追求する時間があるだけでも、かなり救われています。

筋トレは失恋から立ち直らせてくれる存在だと、私は思っています。

筋トレで自分を救っている感覚

筋トレのことに関して、まだまだ初心者な私ですが、筋トレによって自分を救っている感覚になることがあります。というのも、筋トレで自分を追い込むことによって、アドレナリンが出ているせいか、ハイテンションになることができます。

きむ
決して怪しい薬を摂取しているわけではありませんよ。

毎日、どこにいても筋肉のことを考えるだけで、失恋した感情を抑えることができていますし、もし、仮に元カノと再会することがあった時、びっくりするくらいの筋肉ダルマになってやろうという、謎の意気込みさえもあります。

理由はどうあれ、筋トレに対して、より真剣になっています。

ほぼ毎日ダブルスプリット

筋トレがしたい気持ちが強すぎて、毎日ダブルスプリットをしていますが、果たしてこれが筋肥大に繋がるのかは自分でもわかっていません。しかし、失恋をした感情を消す、変なことを考える時間をなくすという意味合いでダブルスプリット鵜をしている感覚もあります。

昼に1時間半くらい筋トレをして、夜に1時間半くらい筋トレをする毎日。こんな日々を送っていますが、これはこれで楽しいですよ。日に日に体つきが変わって来ますし、いかに、自分を筋肉痛にさせるかを考えるだけでも、謎にワクワクしてたまりません。

筋トレをしている人であれば、わかってくれると思いますが、筋肉痛にならないと筋トレしたという実感が湧かないんですよ。筋肉痛はあくまでもめやすいと言われていますが、私は筋肉痛になるために筋トレをしている感覚です。

ただ、ダブルスプリットをするようになってから、必ずしもダブルスプリットが筋肉痛に繋がるというわけではないことを知ることもできました。

1日1回の筋トレでも筋肉痛はやってくる

ダブルスプリットを毎日行うと、ダブスプリットを行うことが義務化されるので、毎日できないと筋肥大につながらないと思い込んでしまうのですが、1日1回の筋トレでも十分に筋肉痛にさせることはできます。

要は、量より質の方が大切かもしれないということです。これは私が体感したことなので確証はありませんが、大胸筋をじっくり筋を伸ばす感じで筋トレするだけでも、大胸筋の芯から筋肉痛を感じさせられていますし、着実に筋肥大に繋がっていることを実感できています。

自信をなくした自分に自信を持たせる

筋トレを続けていくうちに体型が変化していくのを実感すると思います。私も体型が引き締まっていくのを実感している最中ですが、筋肉がつくことによって、自分に自信を持たせることができるんです。そんなゴリマッチョではなくても、今までの自分にはなかった筋肉が自分の体に身につくだけで自信に繋がるのです。

ただ、力だ強くなったというだけではなく、見た目をガラッと変化させることもできますからね。見た目が変わることができれば自信につながりますし、気持ちも前向きになりやすいです。

気持ちが前向きになりやすくなると、失恋から立ち直ることができ、次の恋愛えと進むことができる心境になるのです。要は、筋トレで心の中を掃除することができるというわけです。運送することがストレス解消できることと同じで、筋トレでもストレス解消することができていると私は思っています。

失恋すると、どうしても自分に自信がなくなってしまいます。マイナス思考になり、何もしたくなくなったり、誰とも関わりたくなくなったり、ひどい場合は人間不信になったりと、マイナス方向へと進みがちになりやすい。

しかし、筋トレをすることによって、自分を変えることができるんです。

きむ
見た目、心の2つを同時に変えることができる。一石二鳥ではありませんか!

筋肉は裏切らない!

「筋肉は裏切らない」という言葉を耳にしたことはありませんか?NHKの「みんなの筋肉体操」の決め台詞として使われているフレーズですが、この言葉は筋トレをしている人にとってはかなり響くのではないでしょうか。

「恋人に裏切られた」という失恋をした人(浮気などが原因で別れた)場合、筋肉の従順さに惚れ込んでしまうかもしれません。筋肉は筋肥大させるための筋トレ、食生活をしていれば、しっかりと身についてくれる存在でもあります。

筋肉に尽くせば尽くすほど、筋肉は自分に惚れ込んでどんどんでかくなってくれるのです。人間は尽くされれば尽くされるほど、その尽くされていることが当たり前になってしまう生き物ですが、筋肉は違います。

尽くせば尽くすほど、惚れてくれます。その惚れてくれた証として筋肉痛になり筋肥大に繋がる。私は勝手にこう捉えています。

「筋肉は裏切らない」

これほど、刺さる言葉は、なかなかないですよ。

筋トレが充実感を与えてくれる

私にはこれといった趣味がなかったのですが、筋トレという趣味に出会ってからは毎日充実している感覚です。この充実感が失恋から救ってくれるといっても過言ではないと思います。

もし、自分に充実している時間がなければ、そのぽっかりと空いた時間に失恋のことに対して考え込んでしまうことになる。失恋のことに対して考え込んでしまうと、どうしてもネガティブな感情が芽生えてしまうことがほとんどです。

このネガティブな感情を芽生えさせないためにも、筋トレは有効だと私は思っています。もう、がむしゃらに筋トレをしているだけでもいいんです。細かいフォーム、効率よく筋肥大させられているか・・・というようなことを別として、筋トレで失恋したことを考えなくてもいい時間ができているだけでも、失恋に対しては有効なのです。

その結果、筋肥大できればラッキー感覚でいいと思いますよ。

きむ
何もしないよりかは、はるかに前向きになれるはずです!

筋肉をつければモテるかもしれない

「筋肉をつければモテるかもしれない」「モテるために筋トレをしよう」などと、女性からモテるために筋トレを始める人は多いと思います。この理由、ダサいと思われがちですが、別に何かを始めるのに理由なんてどうでもいいと思います。

モテるために筋トレをしたいと本人が思っているのであれば、その理由を実現させるために筋トレしていいと思います。決して、後ろ向きな考え方ではないですから。

私も、元カノにフラれたくない一心でダイエットをして、その流れで筋トレにハマったので、元カノにモテるために必死に筋トレを始めたわけです。その結果は、フラれるという形に終わりましたが、筋トレは続けています。

筋トレ中は筋トレに集中できる

失恋した後は、失恋したことに対して集中的に考え込んでしまいがちですが、筋トレをすると筋トレに集中せざるをえない状況を作ることができます。筋トレで自分を追い込むと、もう追い込みの辛さと戦うことしか考えられなくなりますからね。

筋トレといえど、かなり疲れますし、有酸素運動をしたのかと言わんばかりに、汗をかき息も乱れます。この状況で失恋のことを考えることは、逆に難しいんです。筋トレに集中しないと怪我に繋がる可能性が高まります。

失恋という感情を紛らわすという意味でも、筋トレは有効的だと私は思っているので、筋トレをしています。

まとめ

筋トレで失恋を乗り越えることができると思いますが、絶対に筋トレじゃないといけないというわけではありません。私の場合は筋トレで失恋を乗り越えようと奮闘していますが、読書、ゲーム、ゴルフなど、失恋のことを考える時間をなくすことができれば、なんでもいいと思います。

私は筋トレにハマっているので、筋トレがオススメですよ、と推したいところですが、気が向かないことを無理をしてまで行なったところですぐに飽きてしまいます。それでは、また失恋という負の感情が芽生えてしまう可能性が高くなるので、できるだけ自分に合った趣味を見つける、すでに趣味がある方は、その趣味に没頭してしまえばいいのです。

私は、このまま失恋パワーで筋肉を身体中に身につけていきたいと思います!