乳酸菌とは?サプリメントや飲料は便秘に効果はあるのか?

スポンサードリンク

乳酸菌とは

乳酸菌とは人間が健康な体を維持するために不可欠な成分の一つであり、摂取することで1つめに胃腸の効果を促進することが出来ます。

胃腸の活動を活発にすることで、便秘を予防することが出来ます。

便秘になると体内に老廃物が蓄積されてしまうため、その結果肌荒れやストレスなどが貯まりやすくなります。

体内に蓄積された悪玉菌に対して、乳酸菌が作用して便通を促進させることで、排便がスムーズに出来るようになるため、便秘予防と同時に健康的な体にもなります。

男性より女性の発症率が高いですが、日頃から予防することで対処可能です。

さらに重症化しない限りは、医療機関で治療を受ける必要がないことも特徴となっています。

基本的に乳酸菌を摂取し続けることで、便秘という症状や病気を改善出来るケースが多いです。

毎日の食生活の中で、積極的に乳酸菌を摂取するように意識することが大切です。

そして胃腸の調子を整える効果もあるため、体の免疫力を向上することもでき、細菌以外にウィルスへの抵抗力も強化されるので、便秘以外の病気についても予防することが可能です。

すべての病気に対する予防が出来るため、積極的に摂取すると得られるメリットも多くなります。

アトピー皮膚炎にも効果がある乳酸菌

色んな病気に対して予防効果が得られる乳酸菌ですが、アトピー皮膚炎にも効果があります。

アトピー皮膚炎の原因は解明されていませんが、乳酸菌を摂取することで体の免疫力が強化されます。

その作用によって体のかゆみを抑える効果が得られ、アトピー皮膚炎の症状を緩和することが出来ます。

体に強いかゆみを感じることが特徴ですが、それを予防することで症状を抑えることが可能です。

また乳酸菌にはLGG菌と呼ばれる細菌が入っており、これがアトピー皮膚炎に作用します。

実際にアトピー患者にLGG菌を投与したところ、半数以上の患者の症状が改善されたという記録があります。

またアレルギー反応にも効果があるため、アトピー皮膚炎以外に花粉症にも作用します。

この病気も腸内環境が関係していることがあり、乳酸菌を摂取することで症状を緩和していきます。

腸内環境を活発化することが出来るので、その作用によってアレルギーを抑えることが可能です。

花粉症は春に発症することが多いため、冬に予防や対策をすることが重要となり、発症前に予防やケアをすることによって、春に花粉症の発症率を減少させることが出来ます。

ヨーグルトやチーズなどに含まれている成分

乳酸菌とは胃腸の活動を活発にすることが出来るため、体の免疫力を強化および便秘を予防することも可能です。

主にヨーグルトやチーズなどの食品に配合されており、毎日定期的に摂取することでこれらの病気に対する予防が出来ます。

特にヨーグルトは朝食や夕食などのデザートとして食べることで、スムーズに取ることが出来ます。

またヨーグルトにフルーツを加えることで、より多くの栄養素を補給することも可能です。

リンゴやバナナなどのフルーツを組み合わせると、乳酸菌以外にビタミンやカリウムなどを摂取出来ます。

このように組み合わせを意識することで、効率良く体に乳酸菌やビタミンなどを補うことが出来ます。

毎日の食生活に加えれば良いため、コンビニなどでヨーグルトを購入して食べることも可能です。

さらに乳酸菌サプリメントを飲むことでも、同じように体に補給することが出来ます。

食後にお水と一緒に服用することで、ヨーグルトやリンゴなどの食品を食べなくても補給可能です。

ですが注意点として、乳酸菌サプリを服用する時にはアルコールやジュースなどは使用しないことです。

特にアルコールと一緒に服用してしまうと、お酒の成分が乳酸菌の吸収を妨害してしまうことがあります。

乳酸菌の種類

体に良い作用をもたらすとして人気の乳酸菌にはいくつかの種類があり、1つめにヤクルト菌という成分があります。

一般的に知られている乳酸菌として認識されており、ヤクルトを飲むことで摂取することが出来ます。

体内に入ることによって、胃腸のビフィズス菌を活性化させることが可能です。

それによって胃腸の働きを促進させるため、便秘予防や排便を促進させることが出来るようになります。

ヤクルト菌は飲み物から補給出来ることが特徴で、1日1本飲み続けることが大切です。

ヨーグルトにビフィズス菌が入っている場合には、そちらを食べることでも補うことも可能です。

スーパーやコンビニなどで販売されているため、比較的簡単に手に入ることも魅力ですね。

上記でも言いましたが、フルーツと一緒に食べることで、ビタミンといった栄養素も補給することが出来ます。

ビタミンには美肌を作ることが出来る成分で、ヨーグルトと相性が良い栄養素となっています。

なのでこれらの組み合わせを毎日食べることで、病気や健康維持において大いに役立ちます。

身近にある食べ物から摂取出来るため、比較的簡単に補給出来ることも人気の秘密です。

LG21菌はピロリ菌に対して効果がある

2つめの乳酸菌として知られているLG21菌の特徴として、ピロリ菌という細菌の働きを抑制することが出来ます。

ピロリ菌は十二指腸潰瘍や胃潰瘍などの病気を発症する細菌で、便秘をはじめ、腹痛や下痢などの症状を発症してしまうこともあります。

ですがLG21菌を摂取することによって、ピロリ菌による悪影響を予防することが出来ます。

主にヨーグルトから摂取出来る成分となっており、ヤクルト菌同様に摂取することもできます。

またフルーツと相性が良いことも共通しており、リンゴやミカンなどと一緒に食べることも可能です。

主に1ヶ月以上摂取することによって、体に良い作用をもたらすことが多いのが特徴です。

またヨーグルトから摂取した場合には、副作用やデメリットはありません

アレルギーや花粉症などの持病がある場合でも、安心して摂取し続けることが出来る成分となっています。

販売されている商品の種類については、LG21菌が配合されているヨーグルトを選ぶことが重要です。

商品のパッケージや成分欄に記載されているか確認した上で、ヨーグルトや健康食品などを選ぶことが重要です。

毎日取り続けることが重要なので、数日だけ食べ続けても効果を得ることは難しいでしょう。

ラブレ菌は腸内の悪玉菌増殖を予防する

3つに紹介するラブレ菌は腸内の悪玉菌増殖を予防してくれるため、体の免疫力を強化する役割を持っています。

体の免疫力が強化されるので、風邪予防をはじめウィルスや細菌に対する抵抗力もつきます。

特にインフルエンザに対して効果が得られるため、風邪が流行しやすい冬の季節に最適の細菌です。

京漬物に含まれている成分として有名で、植物性乳酸菌として体内の活動を促進させます。

塩分と酸度に強いことが特徴で、ラブレ菌は生きたまま胃腸の中に運ばれます。

それに加えて、ヤクルト菌やLG21菌などの活動も促進させることが出来る細菌なのです。

またインフルエンザだけでなく、花粉症といったアレルギー病にも効果が得られます。

さらに抗ガン作用も得られる細菌となっており、摂取することで色んなメリットが得られます。

ラブレ菌もヨーグルトや飲み物から摂取出来るため、ヤクルト菌やLG21菌などと並行して摂取していきます。

商品にラブレ菌が入っていることを確認した上で、スーパーやコンビニなどで購入することが出来ます。

また低カロリー商品に配合されていることが多いため、摂取しても体重が増えることや生活習慣病などを発症することがないのも特徴です。

乳酸菌が含まれる飲料

腸内環境を整えるのに役立つ乳酸菌は、市販のドリンクにも配合されていることがあります。

例えば、贈答品にも利用されるカルピスは、菌が含まれる飲料の一つです。また、宅配サービスで知られるジョアにも、生きた菌が配合されています。

こういったドリンクは、スーパーやコンビニで手軽に買うことができますね。

この他にも、現在では様々なメーカーが菌が含まれる飲料を発売しています。

ドリンクは、乳成分がベースになっていることが多く、老若男女に好まれる優しいテイストに仕上がっています。

小さな子供にも好まれるテイストであり、幼児の水分補給にも利用されます。

優しい口当たりにもかかわらず、菌配合のドリンクには大きな健康効果があります。

身近なドリンクでも取り込めるのが、この菌の作用です。

配合する菌の種類にこだわっているメーカーが最近は多く、ジョアなどは、腸内環境の改善に注目して開発された飲料です。

この商品には、健康効果で有名な菌が使用されています。

生の菌が腸に働きかけ、腸内環境を良くしてくれます。

ヨーグルト風味で非常に口当たりが良く、ジュース感覚で飲める健康飲料です。

毎日飲むことで効果が倍増

コンスタントに飲むことが、乳酸菌ドリンクの効果を得るためには必要で、菌を継続して取り続けることで、腸の中の菌のバランスに変化が現れてきます。

悪玉菌が減り、善玉菌が増えてくるのが一般的な変化でしょう。。

日々活動を繰り返している腸内の環境を整えるには、毎日適量の菌をドリンクで補ってあげる必要があります。

善玉菌が増えると、腸の動きが活発になります。

腸の中に溜まっている便やガスが、次々に排泄されるようになりますので、身体的な爽快感が感じられるようになるのが一つのメリットです。

下剤などに頼らなくでも排便のリズムが回復し、体に負担をかけることなく便通が改善します。

腸の蠕動運動が復活し、有毒物質などをため込まない体に変わります。乳酸菌には、色々なアレルギーを防ぐ効果もあります。

インフルエンザにもその効果が注目されるようになっていますので、大きな期待が持たれている成分です。

腸にトラブルが出やすい場合、その方の体質が関係しているケースもあります。

美味しく飲めるドリンクなら、ストレスを感じることなく、体質改善や健康対策ができるのでおすすめです。

食後がベストタイミング

毎日ドリンクを飲む時は、タイミングを選ぶことも重要で、配合されている菌の性質によって、ベストなタイミングは変わります。

ジョアのように生きた菌が配合されている商品の場合は、あまりタイミングに左右されないのが良い点です。

胃液の分泌が盛んな空腹時などを避ければ、どのタイミングでも効果が得られます

分解されやすい菌が配合されたドリンクに関しては、食事の後がベストタイミングです。

菌の種類や性質を確認して、最適な飲み方で飲用するのが効果を高めるための方法と言えます。

販売中の商品のほとんどは、配合している菌の名前が表示されています。

飲用する時には、適量を守ることが大切なので、大量に飲むと、お腹が緩くなる可能性があります。

健康ドリンクの場合も、飲み過ぎると体に不要な負担をかけることになります。

乳酸菌は他の健康成分に比べると体への影響は少ないですが、とりすぎは逆効果です。

1日の摂取量を決めておくと、飲み過ぎを避けられます。

ボトル入りやパック入りのドリンクは、量の調整が比較的しやすい商品です。

乳酸菌サプリメントの効果

上記でも説明した通り、ヨーグルトやヤクルトといった慣れ親しんだ食品から乳酸菌を採り入れることができ、毎日撮り続けることによって効果を得られます。

しかし、これを毎日採り続けるのは難しく、続けている人は少ないのが現状です。

そこで、乳酸菌を採り入れやすいよう乳酸菌サプリメントが登場しました。

薬を飲む感覚で乳酸菌を採り入れることができるので、続けやすいと好評です。

その乳酸菌サプリには、どのような種類のものがあるのか?

サプリメントの種類

サプリには様々な種類があるので、どんな効果を求めるのかによって選び方が変わってきます。

便秘改善を求めるのならば、ビフィズス菌がオススメ

抗ウイルスを求めるのならば、1073R‐1、ガセイ・シロタ株が免疫力をあげてくれます。

他にもLG21、LC1はピロリ菌除去も可能です。

様々な種類があるので、組み合わせて飲むことにより、幅広いメリットを得ることができます。

しかし、相性もあるので配合成分を確認して、組み合わせることが大切です。

また、善玉菌の栄養成分としてのサポートをしてくれる成分も重要です。

オリゴ糖や食物繊維は消化されにくく、腸内まで届くので一緒に配合されていると、他に組み合わせなくても補えるのでオススメです。

他には飲みやすい形状や、持ち運びやすい形状を選ぶことも必要です。

即効性があるのは、吸収しやすいドリンクタイプですが、持ち運びしやすさでは錠剤や粉タイプの方が便利です。

またカプセルは持ち運びにも優れ、消化されにくいので腸までしっかりと届けてくれます。

形状や効果が自分に合ったものを選ばないと、毎日続けることができなくなってしまいます。

毎日続けることにより改善されていくので、しっかりと選ぶことが大切です。

いつどうやって飲むのがベスト?

サプリで補助したものは留まることが無いので、基本的にはいつでも良いので毎日続けることが大切なのですが、一番効果があるのは食後です。

食前や食間では、胃酸により消化されてしまいます。

なので、胃酸の影響を受けにくい食後がベストなのです。

どうしても食後に飲めない人には、胃酸に強いタイプも販売されており、カプセルタイプは腸で溶ける仕組みなのですが、錠剤や粉末、ドリンクでは胃酸の影響を受けやすいので、やはり食後に飲むのが好ましいです。

徐々に体調に変化が表れるので、一ヵ月くらいは継続して試してみることが必要です。

一ヶ月間何も変化がなければ、他の乳酸菌サプリに変更しましょう。

アルコールを飲んだ後に摂取すると、胃酸のようにアルコール分によって死滅してしまいますが、死滅したからといって全てが無駄になるわけではありません。

死滅した菌は、善玉菌が餌として増殖する為に使われる為に、海外では二日酔い対策としても注目されています。

アルコールと一緒に摂取しても無駄ではないのですが、死滅することを考えるのならば、別に飲む方が良いですね。 毎日の継続が大切となるので、サプリの摂取は朝食後や昼食後と決めるのが理想的です。

乳酸菌サプリメントで便秘解消

食事だけでは十分に摂取出来ない成分を、存分に取り込めるのが健康食品の魅力ですよね。

この菌は食品にも含まれていますが、菌の種類によっては消化の仕方で効果が減ってしまいます。

サプリに配合される菌の場合は、胃の消化活動にも十分に耐えられる性質を持っています。

ですので、食事の時間に捕らわれずに好きな時に服用が出来ます。

配合される菌は、商品ごとに種類が違うのが一般的です、菌の種類ごとに独特の性質があり、服用する方の腸内環境との相性が効果を左右するポイントになります。

腸にダイレクトに働きかける商品は効果が高くなります。

腸の中の細菌バランスを整えて、スムーズな排便を促すのが菌の主な働きで、この菌の場合、胃や十二指腸にも作用を届けることで、消化力を総合的に上げることが出来ます。

胃腸の活発な活動を促し、排便リズムをコントロールするのが菌の力です。

毎日服用を続けることで、習慣的な便秘も解消する可能性があります。

少しずつ腸内環境を変えていきますので、お腹のハリも改善します。

ダイエット中の体調管理にも最適

食事制限をしていると便のかさが減り、排便リズムが乱れるのが一般的です。

乳酸菌のサプリは、このような時にも大いに役立ってくれます。

カロリーの関係上、菌の含まれるヨーグルトなどを大量に食べられない方も、サプリなら心置きなく使用が出来ます。

食事制限中のお腹の不快感を、陰ながらサポートしてくれるのが健康食品です。

腸内環境が改善されれば、消化機能も大体において良くなります。

老廃物が溜まりにくくなり、ウエストのサイズダウンに繋がることもあります。

体が軽くなるため、運動も楽に行えるといった良い循環が生まれます。

正常な消化吸収が行われれば、健康にもプラスです。

便秘の状態は、体が悪循環に陥ることが問題となるので、乳酸菌を取り入れて、体の悪循環を少しずつ無くしていきましょう。

ダイエットをする際には、健康食品などを使いこなすことで、体調管理も同時にすることができます。

食物繊維が不足しがちなダイエット中は、菌の作用が特に大きな意味を持ち、便秘知らずのダイエットを進める上で、乳酸菌の商品は大いに力を発揮してくれます。

最近の商品には、食物繊維やカルシウムなども配合されているため、女性の体調管理を陰ながら助けてくれるのです。

まとめ

乳酸菌で主に便秘の解消ができるということですね。これを採り入れるだけでも食生活はかなり正されそうです。

簡単に買うことができるので、すぐに実践できるのも良い点ですね。

ネット通販でしか買うことができないとなると、行動するまでに時間がかかりそうですが、仕事帰りなどにコンビニに寄るだけで手に入れることができますので、便秘などを解消したい方は、すぐに乳酸菌を体に採り入れていきましょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

思いつきで会社を辞めて、いきなりアフィリエイトの世界に飛び込んだ変態。パソコン、アフィリエイトのスキル0からでも、なんとかなっている。現在はブログ更新を楽しんでいる。ブログ内のイラストは全部自分で描いています。一応、法人として活動中。