結婚相談所は成婚率で選ぶのがいい??

結婚相談所

普段の生活の中で異性との結婚を意識した出会いってなかなかありませんよね?恋愛にすら発展しないのに結婚なんてできないって半分あきらめている人もいるのでは?

そういった方のために結婚できる環境とサービスを提供を行っている「結婚相談所」というところがあります。

結婚相談所は全国各地に多くの店舗があるため、どこを利用していいのか分からない方がほとんどでしょう。

結婚相談所は何を基準に選べばいいのか?年代別での利用方法などを紹介していきます。

ゼクシィ縁結びカウンター 結婚情報

確率の高いところや実績の高さなどで登録しよう

早く結婚したいという人は、結婚相談所に登録しましょう。

待っていても良いお相手はなかなか現れません。

自分から行動した方が、早く良いお相手を見つけることができます。

そのためにも、有名な相談所を活用しましょう。

メディアでもよく取り上げられているような結婚相談所なら、安心感があります。 また、料金の比較も大切です。

無料で利用できるサイトもありますが、通常、登録料や年会費を支払うものです。その方が確実に良いお相手を見つけられるという信頼性があるからです。

それから、登録をしても良いお相手を見つけられなければ意味がないことから、成婚率も確認してみましょう。

きちんとしている結婚相談所なら、ホームページに記載されています。

成婚率されていない相談所は信頼性がないのでおすすめしません。

何でもかんでも登録をすればいいというものでもありません。

個人情報を登録することになるからこそ、安全で安心できるところを選ぶ必要があるのです。

登録者数の多いところを狙う

結婚相談所に登録をするのなら、会員の多いところを狙いましょう。

多ければ多い程、選択肢か広がります。

また、成婚率が高い相談所を見ると、条件もいろいろと他の相談所とは違うことが分かります。

あまりにも希望条件が多いと結婚する事が難しくなります。

どうしても譲れないという条件をいくつか絞った方が効率的です。

例えば、年収、年齢、職種などが挙げられます。

職種から選べる相談所もあるので、最初からこの職種ではないとイヤという人は、職種で登録しましょう。

医者や弁護士といった社会的地位の高い人だけしか登録できない相談所もあります

どうしても高年収で世間的地位の高いひとではないと結婚したくないという人は、このような相談所を最初から選ぶといいでしょう。

一方、女性の方も同じです。男性から選ぶ場合、女性の年齢や職種にこだわりを持つ人もたくさんいます。

最近は専業主婦ではなく、共働きを望む男性が多いので、何らかの職に就いている人は重宝されやすくなっています。

アルバイトやフリーターという女性でも、仕事をしていることに変わりはないので、マイナスに考えず前向きに考えた上で登録してみましょう。

家族構成もこだわりを持つ条件になることがあります。両親と同居するかどうかという点は、妥協せずに決めておいた方が無難です。

信憑性もしっかりチェックしよう

結婚相談所のサイトに載っている成婚率には、信憑性があるかどう確認しておきましょう。

もちろん、信頼できない情報を載せている相談所は嘘をついている事になるのでとなるので問題ですし、入会後、トラブルに巻き込まれる可能性もあるでしょう。

有名な相談所や評判のいい相談所なら、安心して登録できます。

できれば、一年ごとの成婚率をチェックできるサイトがお勧め。当然、その年によって成婚できるかどうかは違いがあります。

不景気の時は景気に左右されやすく、あまりカップルは誕生しません。

しかし、震災などが起きると危機感があり、急に結婚したいと思う人が増えます。

このように、その年の状況に応じて結婚願望なども変わってくるので、毎年、成婚に関する情報は収集しておくと安心です。

最近は中高年になってから結婚をする人が増えてきています。

そのため、中高年になってからでも遅くはありません。登録ももちろんできます。

相手の希望年齢も指定できるので、場合によっては年下との結婚も可能です。

また、年の差婚も流行ってきています。シングルマザーやバツイチでもいいという条件の人が多くなってきています

そのため、数年前よりも結婚相談所に登録をして結婚をするという人が増えてきています。

相談所によって料金に違いがあるため注意しよう

登録料と年会費更新をチェックする

結婚相談症の中には年齢制限が設けられているところもありますが、基本的には大人なら誰でも登録できます。

ただし、いろいろな相談所があるので、じっくりと比較してみましょう。

むやみやたらに登録をしてしまうと費用がかかってしまいます。

というのも、多くの相談所では登録料や年会費を設けているからです。

もちろん、相談所によって料金は違っているので、きちんと比較した上で登録しましょう。

例えば、登録料は無料でも年会費がかかるというところがあります。

年会費も一年ごとに更新料が発生するところがあるので、この点もチェックしておきましょう。

一方、登録料と別途年会費がかかるというところもあります。これはかなり大変です。

最終的に一年でどのくらいの費用がかかるのか、事前に調べておいた方が無難です。

お金がかかるところほど、魅力的なお相手が登録しているというわけでもありません。

経済的に負担がかからないように、しっかり自分と向き合った上で無理なく登録することがポイントです。

安くても情報量が多いところがある

登録料も年会費もお手頃な結婚相談所は、たくさんあります。最近は登録料が無料というところも増えてきているので、とても有効的です。

これなら、金銭的に余裕がない人でも一年くらいは登録してみようかと思ってしまうのでは。

まず、料金を確認してみましょう。安い相談所であっても、情報量が少ないというわけではありません。

魅力的なお相手が登録していることがあります。

逆に、今の時代は手軽に登録できるところから登録するという人が増えてきているので、意外と狙い目です。

もし、お相手が見つからなかったとしても、費用を安く抑え得られたことから損をした気持ちにならずに済みます。

この点も考慮した上で選んでみましょう。

また、一年間だけ試しに登録するということも可能です。そうすれば、次回の年会費更新をせずに済みます。

早い人では一年も経たないうちに良い結婚相手を見つけることができるため、これならかなりお得です。

ただし、この登録している一年間を無駄にしないように活動しましょう。

登録している間は、積極的に登録情報をチェックし、希望条件に合うお相手を探すことをお勧めします。

相談所によってはコンシェルジュがお相手を見つけて紹介してくれることもあります。

自分で活動せずに済むので、仕事などで忙しい方におすすめ。

評判や実績を参考にしてみよう

全体的に、結婚相談所の登録料は数千円から数万円となっています。年会費更新料にしても数万円です。

人によっては数万円の出費は痛いため、積極的に相談所を活用しないと損をしてしまいます。

また、最近はお見合いパーティーなどのイベントを開催してくれる相談所が増えてきています。

登録料や年会費は無料で、このようなイベント時だけ料金が発生することもあるのです。

もちろん、イベントに参加しなければ費用はかかりません。参加したいイベントだけ選べるので、これもまた経済的に良心的と言えます。

経済的に負担がかかると、その後の婚活もスムーズにいきません。

お見合いパーティーで良いお相手と巡り会えたら、その後は個人的に会うことになります。

この時のデート代はもちろん個人負担です。先々のことも考えるのなら、結婚相談所にかかる費用は、ある程度抑えておいた方が無難です。

また、登録料や年会費が発生する相談所では、その分、たくさんのイベントを開催することがあります。

この場合、イベント参加は無料となることが多いので、元を取るためにもどんどん参加しましょう。

観光スポットを巡れたり、レジャーを楽しめたりという特典も最近は多くなってきています。

20代で結婚相談所を利用する場合

早い年齢での登録は選択肢が広がる

結婚を早い内にしたいと考える場合には、20代の内から結婚相談所に登録しておくと相手候補が多くなります。

相談所に登録する人は、それぞれに希望条件を設定する場合が多くあります。

どうしても譲れない数少ない条件を設定する人もいますが、相手に求めるものが多くなる人も見られます。

この様な条件の中で、特に男性側が設定する条件として、自分の年齢に関わらず20代の女性を希望するケースも多いのです。

女性側でも同じ様な条件設定をする場合があります。相談所に登録する目的は、最終的に結婚をする事がゴールとなります。

共通の目標をもつ訳ですが、相手に求める最低ラインの条件として年齢幅を設ける人が多いのも現状なのです。

相談所などは利用したくない、自分の力だけで相手を見つけるという強い意気込みを有する場合には、急いで登録をする必要もありません。

でも、年齢というのは待ってもらえるものでもなく、当然ですが年月と共に自分も年老いていきます。

相手が年齢を設定するケースが多い現状を考慮すると、早い内に登録しておく事が得策でもあるのです。

相手からの引き合いが多い方が、自分でも結婚相手候補となる人の選択肢が多くなります。

自分にとっての可能性が増える事になり、出会いの機会が多くなる事を意味しているのです。

家族との相談が必要な場面も

自分に見合った人を見つけたい場合には、結婚相談所に登録する事で、積極的に出会いを求める事ができます。

人生設計を明確にもっている人は、結婚してこどもをもつなどの計画についても青写真を頭に思い描いている場合もあります。

20代で結婚をしたいからと考えて、相談所への登録をするなども手段の一つです。

年齢が若いと、大学を卒業して直ぐなどの場合には、家族が結婚について心配する可能性も考慮する必要があります。

相談所に登録すると、登録している人たちは互いに結婚を目的にしている訳ですから、トントン拍子に事が進む場合も勿論存在します。

家族から反対されない様に、十分対策を組んでおく必要もあります

話が決まってからだと、撤回するのが難しくなるケースもありますので、可能であれば当初から家族に相談しておくなども行えます。

年齢が若いと、人生経験が浅い場合も多いため、人を判断するのが難しい事などもあります。

家族に予め話をしてから相談所に登録すれば、後々の問題回避に繋がります。

最終的には、自分が結婚する訳ですから、自分で相手を決定する事が求められます。

家族との揉め事にならない様にするには、相談所の特徴なども話をしておき、候補者に関する情報を共有するしないは個人で決める事ができます。

若いというだけで条件クリア?

結婚を目的として、20代で結婚相談所を利用しておくメリットは、数をこなせる可能性が高くなる点にあります。

結婚相談所を利用する人は、複数の相談所に登録している場合も少なくありません。加えて、年齢が高くなるほど、条件が狭まる可能性があります。

結婚相手候補となる人、条件にマッチする人、出会える機会などが減ってくる傾向が存在します。

引き合いが多い分、結婚する可能性が高まる事になりますので、若い時に登録しておく事が効果に繋がり易いといえるのです。

年齢は、誰でも年を重ねていくものですので、若いというだけで相手からの条件がクリアされるケースもあるのです。

結婚は、人生の大きな転機となるチャンスでもあり、誰にとっても大切な節目ともなるものです。

絶対に譲れない条件などがあるのも当然ですが、自分が設定する条件を相手に望む事ができます。

結婚相談所の特徴は、自分が条件を設定し、見合った相手を見つける事ができる点にもあります。

相手からも同じ様に条件が設定される中で、年齢を経るに従い、需要と供給のバランスが悪くなっていく場合も多いのです。

相談所には、会員となる人が多く存在して、マッチング作業が行われる事になります。

例えば士業と呼ばれる特定の職種に就く人を希望する場合には、特定の職業の人が多く登録している相談所なども見られます。

明確な目的をもって、相談所の選択をしていくなども工夫の一つとなります。

30代で結婚相談所を利用する場合

30代の方は結婚に対して真剣

結婚したいと思った時が、婚活を始めるチャンスです。

20代は仕事やプライベートが楽しくて何も考えずに過ごしていたら、あっという間に30代になってしまいます。

特に20代後半の結婚ラッシュが多いので、どんどん周りが既婚者になっていくでしょう。

そんな中いざ結婚したいと思っても、すぐに見つけるのは大変です。

特に30代に突入すると、出会いも少なくなってきます。

30代の方で結婚相談所を利用している人多く、特に30代で登録している人は、結婚に真剣な方が多いので、相性が合えばすぐにゴールインという道が開けるでしょう。

では、どのように結婚相談所を探していくのか説明します。まず結婚相談所はそれぞれ色々な特徴を持っているので、自分に適したところに登録することが重要です。

例えば大手の結婚相談所では、会員数も多いのでたくさんの方と出会えるチャンスがあるでしょう。

一方小規模の相談所は、会員は少ない代わりに、手厚いサポートを受けられるチャンスがあります。

自分は社交的なのか、マンツーマンでサポートを受けたいのかなど考えながら、相談所選びをすると良いでしょう。

最近は資料請求からカウンセリングまでは無料なので、実際に聞きに行くと良いでしょう。

プロフィールに力を入れましょう

そして、自分に適した相談所を見つけたら活動スタートです。

注意事項としては、相談所によっては最初に入会金など必要な場合もあるので、予算も視野に入れてきましょう。

まずは相談所のシステムを学びましょう。どういう出会いを提供しているかです。

さらに、どう使いこなしてマッチングしていくのかスタッフに確認しましょう。

例えばシステムに自分のプロフィールを登録してマッチングするタイプは、そのプロフィールが重要になります。

外見で少し落ち着いた印象を持たれる方は、あえてアクティブな趣味を記載すると目を引くでしょう。

また、できる限り自分をアピールすることが重要です。

この人と会って話してみたいと思わせるのが一番なのです。

そのためには、相談所のスタッフにアドバイスをもらったりすることがよいでしょう。

もし登録してもうまくお見合いが進まなかったとしても、一人で悩まずスタッフに相談することです。

せっかく登録しているので、どんどん相談所を活用していきましょう。

30代の婚活はスピード勝負というところもあるので、もたもたしていてはいけません。

特に男性は若い女性に目が行きがちなので、女性は少し大人の魅力を出してアピールしていきましょう。

視野を広げることを忘れずに

気になる人とは、実際に話してみることが重要です。

プロフィール上の情報以外で発見があるかもしれません。

会ってみると印象が変わった、少し違うかもと感じることがあるはずです。

相手の方に断りづらい場合も相談所を通しているので、スタッフが仲介してくれます。

相手に気遣って躊躇しないで、合わないと思ったらすぐに断りをして次に進みましょう。

このように結婚相談所では素早く切り返しができるので、スムーズに婚活を進めていく事ができるのです。

婚活をしていて、うまくいかないことは多々あるので落ち込まずに縁がなかったと思うことが大切です。

出会う活動していればいつか気の合う相手が見つかるので、諦めずに活動することです。

特に早く結婚したいと思っているからこそ焦りもありますが、一呼吸をいれることです。

たまには婚活から離れて、趣味を楽しむのもよいでしょう。

そして気持ちを切り替えてから、また相談所での活動をスタートしましょう。

一見遠回りのようですが、それがよかったりもします。

大人のお見合いは共通の趣味が合うと早いので、色々と視野を広げておくことも重要なのです。

成婚すると成婚料が発生するところもあります。

運命の相手に出会えたお礼としてお支払いをしましょう。

男女で料金が異なることが多いので、確認することです。

40代で結婚相談所を利用する場合

出会いの数は工夫でカバー

結婚を真剣に考えている人にとっては、年齢が増してくるに従って、焦りが出る場合もあります。

結婚という目的が明確な場合には、結婚相談所を活用する事ができます。

利用する場合には、当然複数の個人情報を元に、相談所の会員として登録する事になります。

年齢が40代という場合にも、登録する事が可能です。

しかし、相談所の特徴として、登録する人の多くは希望条件を設定する事になります。

特に年齢については、お互いに数字で示されますので明確な情報に繋がります。

つまり、この様な人という表現ではなく、明確に拒否される年齢という場合もあるです。

相談所の他の特徴は、言い換えると個人情報のマッチングシステムであるともいえます。

マッチングシステムを応用するのは、相談所によっては機械的な操作の場合もあります。

希望条件に年齢を設定する人も多いので、40代という年齢が出会いの可能性を低くする場合もあるという事です。

登録する場合にも、その点に留意し、自分でも工夫をしながら利用する事もコツの一つになります。

自分でできる工夫もありますが、相談所を活用しながら自分の魅力をアップさせていく事もできます。

出会いの数が少ない場合には、それなりの創意工夫もしていく事も必要になってきます。

システムなども自身で認識する

結婚相談所は、個人の場合では知り合えない場所に居住する人などとも、接触の可能性を得る事ができるメリットがあります。

40代という年齢は、一気に相手候補からの条件から外れる場合が増える現状も存在します。

相談所に対する判断をするにおいても、各所の特性の違いを把握しておく事が大切な作業となります。

相談所に登録をして、実際に結婚に至る場合には、成婚率として数えられる事になります。

成婚率などをしっかり分析し、相談所を活用する事がポイントになってくるのです。

相談所は、大手や中小の規模の違いもあります。

大手の特徴は、やはり登録の会員数にあるといえます。

条件によるマッチングの場面においても、対象となる数が多い場合には、その分可能性にも広がりを有する事になります。

個人の情報をマッチングする作業は、個人ベースで行う相談所も存在します。自由検索ができる場合もありますので、有効期間にできるだけ検索を実施していく工夫もできます。

他には、会員数がさほど大きくない場合には、相談所の担当者が仲介するなどのサービスも多くなります。

担当者と共に相手を見つけていく、あるいは客観的な目線によって自分を磨いていくなども行えます。

相談所に登録したら結婚できる?

40代だからといって、結婚相談所に登録する際にも、引け目を感じる必要はありません。自身による工夫、相談所を含めた考え方も参考にする事が重要なのです。

自分でできる工夫には、オートマティックに行うシステム、相談所の担当者と相手候補を探すなどの方法選択も必要です。

自分の現在のライフスタイルを考慮しながら、より自分に合った探し方ができる相談所を選択する事もポイントになります。

相談所に登録したからといって、自動的に生涯の伴侶となる人が見つかるとは限りません。出会いの機会はあくまでチャンスであり、そこを生かしていくのは自分自身になります。マッチングする相手が見つかったとしても、お付き合いの期間も発生します。

対応力は自らが相手に示していく事になります。

もし、異性とのお付き合い経験などが少ない場合には、不安な気持ちになる事も見込まれます。

その様な場合には、相談所の担当者の意見を活用する事ができます。

相談所によって担当者を配置しない場合もありますので、そのために、自身に合わせた相談所の選択が必要になってくるのです。

相談所によってサービスに違いはありますが、セミナーを設けて、より結婚の可能性を高める講義などを行っているケースも見られます。

あるいは、それぞれに違う個性を見極め、よりブラッシュアップした人物を作る作業などを行っている相談所もあります。

40代なりの工夫は、各所に存在しています。

結婚相談所の中には「中高年限定コース」など、中高年を中心としたプランを設けているところもありますので、そのような特徴をもった相談所を探すのもいいでしょう。

実際に結婚相談所の資料請求をしました

実際に資料請求して、各社のサービス内容、料金設定、特徴などを独自の目線でまとめましたので、ぜひご覧になり、参考にして頂ければと思います。

どの結婚相談所にもある特徴としては「自分を成長させる」ことをコンセプトに開催されているセミナーなどを行っており、「出会い方」としてパーティー、イベントを開催している相談所が非常に多く感じました。

ある程度自分で行動する必要のある「データマッチング型」と、入会することで全ての事を任せられる「仲人型」があり、それぞれ特徴があります。

データマッチング型は手軽さ、仲人型は完全サポートと内容が異なりますので、自分に合った結婚相談所選びは重要になってきます。

下記に資料請求を行った結婚相談所を紹介します。資料内容もこちらからご覧ください。

データマッチング型

仲人型

まとめ

結婚相談所を利用する事で絶対に結婚できるわけではありませんが、普段の生活の中で出会いを待っているよりかは、はるかに出会いの数が増える事は確かでしょう。

また高い費用を支払って入会しているので結婚に対する意識も高く真剣。

相談所のサポートを受けると結婚できると勘違いはしないように。

あくまでもサポートですので、最終的には自分の力量次第となってきます。

結婚相談所では、出会いの提供だけではなく、結婚力を高めるサポートも行っていますので、結婚できる自分をここで手に入れておくことで、今後の婚活を有利に進めていく事ができるでしょう。

実際に結婚相談所の資料請求をしてみましたので、そちらもご覧になって参考にしてください。

ゼクシィ縁結びカウンター 結婚情報

関連記事

ページの先頭へ