婚活女子が男性にモテない理由についての分析

結婚式場

婚活を真剣しても結婚できない人は意外と多く、婚活に疲れている人が増加している傾向にあります。

このような人たちにはある特徴があることから、結婚できないことがわかっています。

その特徴を改善することができれば、結婚へ1歩近づくことができるでしょう。

婚活に失敗してしまっている特徴とは?

ゼクシィ縁結びカウンター

落ち着いて婚活をしよう

婚活女子が異性からもてない理由はいろんなパターンがあります。

まず1つ目として、高望みをしていることで、相手から余裕がない女性だと思われる事です。

合コンなどの場所では、落ち着いて男性の話を聞くことを意識するようにしましょう。

落ち着いている女性は家庭的に思われる事が多いために人気が集まるので、結婚のチャンスを広げることができるのです。

男性に対して質問ばかりする女性も、男性から敬遠されてしまいます。

男性は束縛される事が嫌いな人が多いため、一方的に私生活の質問をされる事を嫌う人が多いのです。

一度男性から不信感を抱かれてしまうと、質問女子のレッテルを貼られてしまうので注意しましょう。

さらに、年収といった収入面を重視して婚活を行っている女性も男性から嫌われます。

そのような女性は、男性には計算高い女性に思われる事が多いために、すぐに恋愛対象外となります

また婚活の場では身だしなみにも気を使いましょう。

美容院にしっかりと行って、服装も清楚な方が好印象を与えることが出来ます。

派手な服装で婚活を行うと、男性からは家庭的に思われないために人気が下がってしまう恐れがあるので、シンプルにまとめるといいでしょう。

相性が良い男性を選ぼう

婚活を何度も行っても結婚できない女性にはある特徴があります。

それは男性の"外見"や"職業"で判断していることです。

たしかに結婚生活において経済力は重要ですが、相手の男性の性格を軽視すると、会話が盛り上がらないために相手から敬遠される事が多くなります。

そのため結婚相手を探す場合は、同じ価値観や共通の趣味を持った男性を探すと、成婚する可能性が高くなります。

上記でも言いましたが、高望みをしすぎる女性も、結婚から遠ざかる傾向があります。

合コンなど婚活の場では、笑顔で相手と楽しい会話をする事が重要になります。

会話が弾んだ相手とは、”また会いたい”と男性は思うので、自分の話をすることに夢中にならずに、相手と会話のキャッチボールをしっかりとすることを意識するといいでしょう。

男性が仕事でミスをした時は優しく励ましてあげるように。

ここでチャンスと思う人もいるでしょうが、その考え自体が計算高い女なのです。

自然と励ますことができるからこそ、男性はその魅力に引き寄せられるのです。

計算された励ましは、男性は見破ることができるのです。

相手の男性から趣味を聞かれて”料理”などの家庭的なことを答えることは好印象を与えることができますが、嘘をついてはいけません。

常日頃から自分を磨くことも大切なのです。

ゆっくりと話をする、聞く姿勢がある女性は、男性に安心感を与えることができるため好印象間違いなしです。

当たり前のことですが、男性から食事を奢ってもらった時はお礼を言いましょう。

男性からだけではなく、女性から奢ってもらった場合でもお礼をすることは当たり前ですよね。

結婚相談所を利用しよう

効率よく結婚したい方には"結婚相談所"がおすすめです。

職場に男性が少なかったり、既婚者ばかりでプライベートでも出会いが少ない場合は、自分が動かない限り出会いはないに等しいでしょう。

男性から人気がない女性の特徴としては、”消極的で物事を他人任せにする性格の人”

ですので、積極的で明るい性格を目指すようにしましょう。 結婚相談所で婚活をしている男性も、結婚をしたいと真剣に思っているので、結婚しやすい環境なのです。

結婚相談所に入会するにはそれなりのお金が必要になりますが、合コンなどの結婚しにくい婚活をするよりか最適な環境と言えます。

合コンや紹介などでは、彼氏、彼女探しを目的としている人が多く、結婚を目的としている人はなかなかいません。

しかし、結婚相談所は結婚を目的として人ばかりなので普段の出会いよりも結婚できる確率が高いのです。

まとめ

婚活で失敗している女子の特徴は色々ありますが、改善することで結婚に近づくことができます。

「あの人の旦那はイケメン」「あの人の旦那の年収は○千万円」

と友人などと比較してしまうと、希望する男性の条件を上げてしまうことになります。

自分の周りの人よりも条件の良い人と結婚するための婚活ってなんか変ですよね?

自分が”この人がいい”と思うからこそ結婚したいという気持ちが出てくるのです。

なので、"周りの人のことはどうでもいい"ということを忘れないでくださいね。

周りの人と勝負することが結婚の目的であれば、結婚しないほうがいいでしょう。

逆にその勝負に付き合われる男性のことを考えてみてください。

何のための結婚か?

本来の結婚の目的を忘れていないか?

このことをよく考えてから、もう一度婚活してください。

ゼクシィ縁結びカウンター

関連記事

ページの先頭へ