オッサンが狙われる!中高年男性を盗撮しSNSをネタにする人達

オッサン盗撮

盗撮といえば、女子高生や女子大生といった若い女性が狙われるイメージが強いですが、実は今は”オッサン”が盗撮されているのです。

特に特徴のあるオッサン(ものすごく内股になっている、酔っ払っているオッサンなど...)は狙われる対象になりやすいです。

このようなオッサンを盗撮しているのは、若い女性に多く、SNSで拡散するネタとして投稿しているのです。

盗撮される側であった、女子高生、女子大生などの若い人たちが反撃してきているのです。

スポンサードリンク

わかりやすい特徴があるとネタの対象に

若い人たちは、ネタになるものには敏感に反応します。

そのネタを元に友人といもちを共感することで、仲間意識を高めているのですが、そのネタの対象になっているのが、私のようなオッサンです。

”チビ、デブ、ハゲ”このいずれかの特徴がずば抜けている人は、ネタにされやすくなります。

私の場合、”デブ、ハゲ”の条件を満たしているので、SNSに拡散される可能性は大いにありますね(笑

電車内はネタの宝庫

電車の中をネタの宝庫と思っている人もいるのでは?

電車の中には通勤中、帰宅中のオッサンたちが大勢いるので、ネタ探しには最適。

電車の中でオッサンの写メを撮ってSNSに投稿し、ニヤニヤ、クスクスと笑っている若者は多く、そのことにオッサンは気づくことができません。

知らない方が幸せですが...。

ツイッターなどでも、笑ってしまうようなオッサンの画像が投稿されていますが、本当にずば抜けて特徴がありすです(笑

投稿者にもリスクはあるのでは?

この、オッサンを投稿することも問題になり、「犯罪ではないのか?」という声も多数上がっています。

これが犯罪になるのかは、私は知りませんが、

「投稿した本人も、違う方向から攻撃される対象になる可能性もあるのでは」

と思います。

投稿した写真が窓などに自分がスマホで撮影している姿が写り込んでしまうケースのあるのではと。

何も考えずに写り込んでしまった写真を投稿してしまったら、撮影した本人の姿まで晒すことになってしまいます。

ネタの対象がオッサンから投稿者に

自分で自分を晒すのは本人が悪いのですが、晒したことによって、その投稿が拡散されれば、身元がバレることもあるかもしれません。

よく、自分で自分の写真をSNSに投稿している人であれば、写り込んでしまった写真と、自分で撮った自分の写真と照らし合わせることで、誰がオッサンの写真を撮影したのかがバレる可能性もあります。

オッサンを晒し続けることで、そのうち自分を晒すことになるかもしれません。

オッサンも自分を守ろう

”きもいオッサン”はネタの対象になる可能性が高いので、できるだけで芋いと思われないようにする必要があります。

SNSにきもい姿を拡散されるのが気になる方は、行動や容姿を一度、客観的に見てみるといいですよ。

私の場合、電車に座っていると、立っている人から見れば

「こいつハゲじゃんw」

と対象にされる可能性があるので電車では座らないとか、自分なりに対策しておくことも大切なのかもしれませんね。

オッサンが盗撮被害の対策をするというのは、おかしな話ですが、今はそういう時代ということでですね。

シャッター音を消すことができるアプリもあることから、盗撮されたことに気づくことは難しいでしょう。

なので、前もって対策しておくといいですね。

まとめ

若い人たちは日々、ネタになるオッサンにアンテナを張り巡らせています。

SNSに投稿され、拡散していることに気づかないことが、ほとんどかもしれませんが、投稿されてしまうと、ほぼ永久的にネット上に、その画像が残ってしまいます。

知らないところで、自分が”きもいオッサン”として、笑いのネタにされているかも。

盗撮してSNSに投稿している人が悪いのは、間違いないのですが、これを回避するためにも自分で、何かしらの対策は必要になってくるでしょう。

私がSNSに晒されないためにしている対策は”家に引きこもる”ことです(笑

ある意味、これが最強なのかもしれませんね。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ