ユニバのギフトパスを買ってみた

ユニバ ギフトパス

家族へのプレゼント、彼氏・彼女へのプレゼントとして人気のユニバのギフトパスを実際に買ってみました。

スポンサードリンク

ギフトパスの内容

スタジオ・パス
スタジオパス

種類としては、1日券と、年間パスの2種類となります。

私が購入したのは1日券で、有効期間のうち、都合の良い日を決めて使えるチケットなので、気軽にプレゼントとして渡す事ができます。

もし、周りにユニバファンの人がいる場合には、このプレゼントがおすすめです。

一緒に行く場合は自分のチケットが必要になってきますが、日付指定のチケットを買うのが面倒な場合は、自分用のギフトパスを買っておくといいでしょう。

日付が指定されていないので、ギフトパスを送った人と予定を合わせやすいのでおすすめ。

ギフトパスの1日券であればビンゴ退会などの景品にもできますし、プレゼントしやすいでしょう。

もちろん自分のために買うのもアリです。

メッセージカード
ギフトパス メッセージカード

オリジナルデザインのメッセージカードも同封されていました。ユニバでしか手に入らないメッセージカードで特別感を演出する事ができます。

宛名20文字、本文50文字を自由に入力することができます。

入力を無しにすることで自分で手書きにメッセージが書けるので、私はメッセージカードの入力はしませんでした。

もし、手書きのメッセージを贈りたい方はメッセージ入力はしないように。

また、手書きをする場合は、替えがないので誤字脱字には十分に注意して記入するようにしましょう。

ユニバオリジナルデザインの封筒
ユニバ 封筒

このオリジナルデザインの封筒の中にメッセージカードとスタジオパスを入れ、プレゼントしたい相手に贈りましょう。

この封筒を相手が見た瞬間テンションが上がる事は間違いないでしょう。

あえて茶封筒の中にこのオリジナル封筒を入れて渡すというサプライズをするのも良いかもしれませんね。

まとめ

このギフトパスはプレゼントとして良いでしょう。

お届け先の住所をプレゼントしたい人に設定しておくことでサプライズすることができます。

私は購入しませんでしたが、エルモのぬいぐるみ付きのギフトパスもありますので、贈る相手がエルモファンの場合は、これも付けて贈ってあげるとさらにいいでしょう。

このような形の無いプレゼントもたまにはいいではないでしょうか。

プレゼント=物では無いという事ですね。

さすが世界のユニバです。

熱狂的なユニバファンの中には、このメッセージカードと封筒目当てで、自分にギフトパスを購入している方はいるのでは。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ