SNSをやらない人は意外と多い!?

SNSやらない

SNSをしていますか?

私はアカウントに登録して、すぐに利用しなくなりました。

SNSに必要性をあまり感じなかったからです。

私と同じように、SNSをやらない人たちは意外と多いのです。

なぜ、SNSをやらないのか?

スポンサードリンク

必要性を感じない

SNSの最大の魅力は”ネット上で人と繋がる”ことです。

これは、非常に便利で、中学、高校の同級生などと常につながることができることから、SNSを利用している人は多くなっています。

しかし、そのつながりを必要としていない人たちもいます。

SNSに投稿すること自体が面倒に感じたり、”みんながやっているからやる”といったことが嫌な人もいます。

ほとんどの投稿が「今日は〇〇でオムライスを食べました」といった日記みたいなものがほとんどですよね?

きむ

最近、インスタ素材用の料理を提供している店があるくらいやからな〜

これにメリットを感じないのです。

これには私も同感です。

なので、アカウントはありますが、そういった投稿を見ることはありませんね。

SNS上で喧嘩「言葉の暴力」が飛び交う

ツイッターが炎上したということはよく聞きますよね?

よくお笑い芸人がツイッターでつぶやいただけで、ひどいことを言われています。

まあ、お笑い芸人の場合は狙っているかもしれませんが、一般人同士でもSNSで悪口を言いあっていることもあります。

ツイッターの場合は、匿名性が強いこともあって、誹謗中傷を浴びる可能性が非常に高いです。

SNS 言葉の暴力

また、誹謗中傷をいうことを「生きがい」にしている人も存在しているのではと思うくらい、SNS上では、言葉の暴力が飛び交っています。

もちろん、これが全てではありませんが、こういう世界でもあるのです。

便利な反面、このようなことが起こっているのも事実なのです。

幸せをアピールする場

SNSは幸せをアピールする場になっていることもあり、やらない人もいます。

人の不幸は蜜の味ということもあり、人の幸せには興味がない人も...。

もし幸せアピールをしていた人が不幸になった時だけ見たい気もしますが(笑

このような考えをするのは私だけでしょう。

私のような陰気な人にはならないでくださいね。

個人情報が漏れる

これを気にしている人も多いのでは?

今や、ネットでなんでも流出してしまう時代ですから、自分の管理を徹底している人であれば、リスク回避を考え、SNSをしていない人もいるのです。

これを言い出すと、利便性のあるツールを利用することはできなくなってしまうのですが、SNSで情報が漏洩してしまうことも事実なので、やる場合はある程度、情報が漏れることは覚悟しておいうた方がいいでしょう。

ハッカーが本気を出せば、何をしてくるかわからないですから...。

ツイッターのアカウントを乗っ取られた

私は、ツイッターのアカウントの乗っ取られたことがあります。

まあ、アカウントを作成後は放置していたので、別によかったのですが、気持ち悪かったですね。変なツイートを連発されて、そのほとんどがアラビア文字でのツイートでした(笑

きむ

なんやこれ!?怖い怖い...

海外の人が乗っ取った可能性が高く、なぜか、フォローやフォロワーが外人ばかりになっていましたね。

もし、自分が本気で使っているアカウントがこのような状態になったら悲惨ですよね(笑

これを気にしたら、SNSをやることはできませんが、こういったリスクを抱えているといことは、忘れないでくださいね。

いちいち疲れてしまう

投稿しても「いいね」が増えていないなど、人から共感されることを目的としてSNSを利用している人もいるでしょう。

自分の承認欲求を満たすために、SNSをしていては疲れてしまいます。

これを理由にSNSには手をつけていない人もいるのです。

確かに、自分の承認欲求を満たすために、SNSを利用するのはなんか、変な感じがしますよね。

人と繋がれるのはいいのですが、「なぜ繋がっているのか」を忘れてしまっているように思えます。

SNS中心の生活になってしまう

たまに、「SNSに投稿するから」といって、食べ物などの写真を撮っている人がいますよね?

何かを感じた時に写真を撮るのはいいのですが、SNSに投稿するために写真を撮っている人も多いのです。

もうSNSを中心とした生活になっているのです。

SNS 言葉の暴力

必死なのです。

日々、フェイスブックやツイッターのネタ探しをしている人も多いのでは?

このレベルに達している人はSNSに依存しているレベルですね。

作業化してしまう「仕事以上に頑張る」

初めはSNSで人と繋がれることを楽しんでいた人も、「もういいや」とSNSから離れていくこともあります。

その理由として作業化してしまうことです。

投稿されたらリアクションしないといけない、メッセージが来たら返信しないといけないなど、いちいち相手に反応することが面倒になってくるのです。

そう言った考えになると、リアクションを取ることが作業に感じてくるのです。

その結果、時間の無駄という考えになり、SNSをやらなくなる人もいるのです。

スルーしても気になってしまう

もし、嫌なコメントとかがあっても、スルーすれば大丈夫!と思っていても、寝る前とかに思い出してしまうこともあるのでは?

嫌なことほど頭の中に残りやすく、スルーすることは非常に難しいのです。

スルーすることを意識しすぎても、嫌なコメントやツイートなどをチェックしてしまいがちなので、いっそのこと「やらない」選択をしている人も多いですね。

そもそも興味がない

そもそもSNSに興味を持っていない人もいると思います。これが一番、他人に振り回されなくて、良いのかもしれませんね。

このような人たちはしっかりと自分を持っている人です。周りの人がSNSやっているから、とりあえずやっておこう、とはならず、「興味がないからやらない」ときっぱりと切り捨てます。

きむ

人と繋がるために投稿するんじゃなく、SNSに投稿するために、ネタ探しまでして、承認されたいんか??

かまってちゃんの場合は、SNSで承認欲求を満たそうとしているので、ここぞとばかりに投稿しているような気がしますね。

リアルではしっかり繋がっている

SNSをやらないからといって、友達がいないというわけでもありません。

浅く広く人付き合いをするのではなく、狭くて濃い人付き合いをしている場合がありますね。

広い付き合いを楽しみたい人もいれば、狭い付き合いを楽しみたい人もいます。まあ、人それぞれということですね。

みんなと同じが嫌だから

みんなと同じことをするのが嫌という理由で、SNSをやらない人も中にはいます。

まあ、SNSをしている人のほとんどは、みんながやっているからやっているだけであって、みんながやらなかったら、やらないと思いますし。

「みんなと同じことをやらないと、取り残されてしまう」と考えているだけで疲れることも。取り残されたら、それだけの仲だったということ。

ご飯を食べるときにスマホをいじる

SNSやスマホゲームにはまっている人の特徴として、みんなでご飯を食べにいているにもかかわらず、下を向いてスマホをいじっていることです。

1グループ全員が下を向いている場合は、なんか怖いですよね(笑

話もせずに、ただひたすらみんなでスマホをいじっているだけ。こんな姿を見たことがある人はいるのでは?

まあ、これはこれで静かなのでいいのですが、一緒に食べに来た意味はあるのかと思ってしまいます。

これを見てしまうと、「SNSをやらない方がいいのかも」と思ってしまう人もいます。

きむ

そのうち、みんなが下を向いている時代が来るかも。これでは、人生に疲れた国の象徴になってしまう(笑

昔の仲間の近況を知ることで得るものがない

SNSは昔の仲間とつながることができるのですが、ただ友達になっただけで、連絡を取り合うわけでもなく、ただ近況を見ているだけという人もいるのでは?

私もアカウントはあっても自分からツイートなどはしません。なので、私の中でSNSは「近況報告会」みたいに思っています(笑

その近況から得るものはありませんし。「スタバの新作ゲット」とツイートされても「ふむふむ」で終了。

投稿した本人は近況報告にプラス「自慢」が入っていることが多いですね。なので、私も一方的に自慢するときはあります(笑

自慢したとしても、何も得るものがありません。

まとめ

SNSが便利なことは、確かなのです。

いろんな人とつながることができ、いろんな情報を発信することができるのですが、いちいち、多くの人に対してリアクションをとっていては疲れてしまいます。

リアクションを取らなかったら取らなかったで、疎遠になっていくこともあるのでは?

そこで疎遠になるということは、それだけの仲だったということです。

SNSでの人間関係でストレスを溜めてしまう人もいるでしょう。

それが理由で、SNSをやらない人もいるのです。

まあ、相手の投稿に振り回されなければ、いいだけの話なのですが、気にするのであれば、やらなければいいだけの話ですね。

SNSをやらない人は、流されない特殊能力を持っている人ということです。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ