なんでツイッターが乗っ取られるのか?何が原因なのか?

ツイッター 乗っ取り

ツイッターが乗っ取られたことってありますか?

いきなり乗っ取られることもあり、知らない間にツイートされてしまうこともあるのです。

乗っ取られる理由として、利用者の管理状態が悪いことが上げられます。

パスワードを簡単な文字で設定していませんか?

また、同じパスワードをいろんなことに、使いまわしていませんか?

ここでは、なぜ乗っ取られるのかを紹介します。

スポンサードリンク

パスワードを誕生日などに設定している

1つめのツイッター乗っ取りが発生してしまう原因として、パスワード設定を適当にしてしまうことで発生することがあります。

誕生日や分かりやすい番号などに設定している場合には、このようなトラブルが発生しやすくなります。

第3者でも簡単に分かってしまわないように、パスワード設定はわかりにくくすることが必要なってきます。

数字と英単語を混ぜることは必須ですね。

誕生日だけでなく、英単語の組み合わせを、そのままパスワードに使用することも危険です。

一番確実な方法としては、適当に並べた数字と英単語をパスワードに設定することです。

しかし、これでは覚えにくすぎるので、できるだけでいいので、ごちゃまぜのパスワードに設定するといいでしょう。

文字数も出来るだけ多く設定するように心掛けて、8字以上で設定するといいでしょう。

忘れてしまわないように、メモ帳やノートなどにパスワードをメモしておくのも忘れずに。

これで、パスワードを忘れてしまっても安心ですね。

数ヶ月おきに、パスワードを変更することも、乗っ取り対策になるので、こまめに変更するといいでしょう。

コンピューターウィルスに感染する

2つめのツイッター乗っ取りが発生してしまう原因は、ウィルスに感染してしまう事例もあります。

パソコンやスマートフォンなどがウィルスに感染することで、保存されている個人情報が流出してしまいます。

迷惑メールなどのお知らせを開いてしまうと、ウィルスに感染して個人情報が盗まれる仕組みになっているのです。

迷惑メール対策としては、無闇に興味がない広告やメールなどは開かないようにすることです。

区別なくメールを開く習慣がある場合には、ウィルスに感染してしまう可能性が高いので、今後は注意するようにしましょう。

コンピューターウィルスに感染しないために、専用のセキュリティーソフトをインストールすることも重要です。

インストールすることで、ウィルスの疑いがあるメールなどを開く際に警告文が表示されるようになり、迷惑メールかの再確認をすることができます。

パスワードを分かりやすい場所に保管している

複雑な番号や英単語などでパスワードを設定していた場合でも、パソコンの横などにメモ帳を置いておく行為も危険です。

第3者にパスワードが見られてしまう可能性が高くなり、それが原因となって勝手に使われてしまうケースもあります。

ツイッターを第3者が使うことで、自分が知られたくない個人情報が流出してしまう可能性があります。

メモ帳やノートなどに残しておくことが重要ですが、それを分かりやすい場所におくことは、さすがに危険です。

鍵付きの引き出しにメモ帳などを保管しておくことで、第3者が勝手に確認してしまうリスクを回避することができます。

家族とパソコンを共有している場合には、親や兄弟などであっても絶対にパスワードなどを教えないように。

パスワードを知られたと思った場合は、すぐにパスワードの変更するようにしましょう。

日常的にパソコンを使用する場合でも、デスクトップにメモ帳を貼ってしまわないようにしましょう。

自分でも面倒くさいと感じるくらい徹底して、パスワードを管理するということを覚えておいてください。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ