ツイッターのアカウント乗っ取られていませんか?確認する方法について

ツイッター乗っ取り

ツイッターのアカウントが乗っ取られたことってありますか?

私は乗っ取られたことがあり、海外の人にのったられたせいもあり、アラビア語でツイートされまくっていました。

このアカウントは全然使ってなかったのでよかったのですが、このようにツイッターのアカウントは乗っ取られることがあります。

ここでは、乗っ取られた時の対処法を紹介していますので、参考にしてください。

スポンサードリンク

不審な動きをしている連携アプリに注意

ツイッターで自分のアカウントが乗っ取りの被害にあっていないかどうか確認する方法をご紹介します。

まずはパソコンでログインしてご自分のアイコンをクリックしてから「設定」をクリック。

設定の一番下の方にある「Twitterデータ」という項目をクリック。

するとパスワードの入力画面が表示されるので、パスワードを入力し「確認」をクリック。

Twitterデータの画面に移動し画面をスクロールしていくと「ログイン履歴」を確認することができます。

ここではアクセスしたアプリの種類や日時、IPアドレスや場所などが分かるので、ここに身に覚えのない履歴があったり、不審な動作をしているアプリを発見したりしたときは乗っ取りの可能性があります。

まずは、不審なアプリとの連携を解除することから始めましょう。

やり方は先ほどと同じようにアイコンをクリックした後メニューを表示させ、設定をクリックします。

「アプリ連携」という項目がありますの、クリックして表示されたアプリの中から身に覚えのないものに関しては「許可を取り消す」をクリックすることで連携を解除することが出来ます。

アカウントを完全に乗っ取られた場合

実はツイッターの乗っ取りには2つのタイプが存在し、1つ目は先ほどご紹介した連携アプリによるものです。

こちらは連携を解除すれば問題は解決しますが、メールアドレスとパスワードが何らかの方法で知られてしまい、アカウントを完全に乗っ取られてしまった場合には、別の確認方法や解決方法が必要になります。

まずは、ログイン出来るかどうかをチェックして下さい。

もし、ログイン出来ない場合は、自分でできる対策がないので、ツイッターの運営にログインできないことを報告してください。

ログイン出来た場合には登録してあるメールアドレスが自分のものであるかチェックして下さい。

もし、違うものに変更されていた場合は即パスワードを変更し、メールアドレスも自分のものに設定しましょう。

また、見覚えのないツイートやDM、フォロワーなどが増えていないかどうかも調べましょう。

見覚えのないツイートなどがある場合もパスワードを変更してください。

このタイプの乗っ取りのほとんどはフィッシング詐欺によるものです。

例えば

「このサイトに登録して懸賞金をGET」

などというURLをクリックしてしまい、そこに出てきたツイッターの公式サイトのような画面(偽サイト)にアドレスとパスワードを入力してしまうことで被害に遭ってしまいます。

乗っ取り被害を防ぐ方法

こうしたアカウント乗っ取り被害に遭わないためには、怪しげなツイートに記載されているURLにアクセスしないことです。

とは言ってもスパム業者も様々な方法でパスワードを入手しようとしてきます。

例えば

  • この問題が解けたらIQ180
  • あの名作アニメがついに打ち切り
  • アイドルの熱愛発覚

など、クリックしたくなるような文で誘ってきます。

このようなURLはクリックしないこと!

クリックしてしまったとしても「認証」ボタンは絶対にクリックしてはいけません。

さらに間違えて認証してしまった場合は、上記で紹介した方法でアプリの連携を解除して下さい。

アカウントを乗っ取られてしまうリスクを回避するためにも、こう言った知識は知っておいてもいいでしょう。

怪しいURLを見極めれない場合はTwitterのIDとパスワードは

「twitter.com」

というルートドメイン以外では入力しないようにすると良いでしょう。

これからも増えるであろう詐欺に引っかからないようにするための基本として、パスワードは

第三者が推測しにくい英数字を混ぜた長めのもの

に設定し、Twitter以外のサービスでは同じパスワードを利用しないようにしましょう。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ