寝る前にスマホをいじるのは危険!?あなたもスマホ首になっていませんか?

スマホ首
スマホ首とは

パソコンやスマホのいじる人は画面をよく見る事になりますが、この画面から発生しているブルーライトが脳に刺激を与える事により、披露する事で睡眠障害になる恐れがあります。

この睡眠障害のことを「テクノストレス睡眠」といい、スマホの利用者の増加とともに増加している睡眠障害の1つです。

また、パソコン、スマホを覗き込むように見ることで首の血流が悪くなり、様々な不調を引き起こされる原因「スマホ首」状態の人がかなり増えてきています。

特に20歳未満の若い世代に多いのが特徴

若いころはブルーライトの影響を受けやすく、今後もスマホ首患者は増加するそうです。

私自身もよくパソコン、スマホを使用しており、パソコンを思量する時は時に首が前に出ているので、とても人ごととは思えません。

寝る前は毎日のようにYouTubeを見ていますし、寝付きも全然良くありません。

スポンサードリンク

スマホ首の症状

スマホ首の症状として

  • 肩こり、首の痛み
  • 椎間板症、手のしびれ
  • 慢性頭痛
  • めまい、吐き気
  • やる気が出ない、冷え性
  • など、身体に様々な悪影響を与え、猫背やまき肩の原因にもなります。

スマホ首対策

対策としては首の位置に注意し、首を下に向けるのではなく、スマホを目線近くまでで持ち上げます。

実際にやってみると、しっくりきませんが首には優しく姿勢になります。

しかし、何かの待ち時間中にスマホをいじっている時は絶対に首が下を向いている状態になってしまいますね。

私はそこまで重症ではないので首が痛いなどの症状はありませんが、今後、そのような症状が出る事を考えると意識して改善したいですね。

極力スマホをいじらないのも1つの方法でしょうが、スマホ依存症の多い現代では難しいのではないでしょう。

私もパソコンかスマホをいじっていないと落ち着きませんから(笑

スマホの便利さ分かっていますが、身体に悪い影響を与えているのには気がつきませんでしたね。

こんな人は要注意!

  • スマホが無いと落ち着かない
  • スマホが無いとイライラする
  • 歩きスマホは当たり前
  • 運転中にもスマホを見る
  • 食事中もスマホが手放せない
  • スマホを忘れた事に気づくと急に不安になる
  • トイレにスマホを持ち込む
  • スマホのゲームにハマっている
  • 運動不足
  • 一日中のほとんどを座って過ごしている

ようするに、スマホ依存症を解消しなければ、スマホ首の症状を解消する事はできないってことですね。

本当に症状が辛い場合は、なるべくスマホから遠ざかった生活を送ってみるといいでしょう。

アップルウォッチを頻繁に使用している人はもっとスマホ首になりそうですね。時計を目線まで上げてみる人はそうそういませんから。

ウォッチ首という言葉がそのうち出てくるかもしれませんね(笑

あと電車に乗っているときにスマホをよくいじる人も注意が必要ですね。電車に乗っている待ち時間は時にスマホが無いと落ち着かない時間です。

スマホに限らず本や新聞を読む人もできるだけ首を曲げずに読むよう意識するといいでしょう。

今後も増え続ける

スマホが衰退しない限りこのスマホ首も衰退しないでしょう。

しかし、対策方法があるので早めの対策をしていき、悪化を防ぎましょう。

いきなりスマホを解約して、スマホの無い生活をする事は難しいと思うので、まずは、簡単にできる事から始めていくといいのではないでしょうか。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ