消費者金融のカードローンとは?金利の仕組みや無利息期間を比較!学生でも利用できるのか!?

消費者金融の金利
消費者金融と銀行

お金を借りる時には銀行から借りるか、消費者金融から借りるか迷うところですが、銀行のカードローンを使うメリットは、金利が低いことです。

消費者金融とは比較にならないほど金利を低く設定している銀行もあるので、銀行からお金を借りたいと考える人は多いです。

しかし、銀行は審査が厳しいというデメリットもあり、たとえ金利が低くてもお金を借りることが出来ないので、多くの人は審査が甘い消費者金融を利用しています。

借りられる金額が異なる

消費者金融では300万円から500万円が借りられるお金の限度額になります。

また、消費者金融は総量規制が敷かれているため、年収の3分の1までの金額しか借りることができません。

しかし、銀行の審査には時間がかかるので全ての人が簡単に借りられるわけではありません。

そのため、キャッシングやカードローンで大きな金額を借りない人やすぐにお金が欲しい人にとっては消費者金融の方が便利でしょう。

スポンサードリンク

利用限度額比較一覧

利用限度額
プロミス 1~500万円
アコム 500万円
新生銀行レイク 500万円
モビット 1~500万円
アイフル 500万円以内
ノーローン 300万円
金利についてはどうか

お金を借りる時に金利を確認することが重要で、金利が安ければ完済するまでの時間も短くて済みます。

ただ、借りたお金をすぐに返せば金利は大きな問題にはなりません。金利については消費者金融と銀行カードローンを比べると、銀行カードローンの方が低いです。

しかし、銀行は審査に通りにくく、幾つもの金融会社から融資を受けていたり、以前に延滞をしていたり債務整理を行った人は銀行の審査に通る可能性は低くなってしまいます。

銀行との違い

金利で比較すると消費者金融からお金を借りる利点がないように感じますが、消費者金融は銀行と比較するとお金を借りやすい利点があります。

銀行から借りる時には、必ず在籍確認を行いますが、消費者金融ならば在籍確認は困ると伝えれば、別の方法で確認してくれるので、家族や職場の人にお金を借りていることがバレる心配はありません

審査の速度も速い

消費者金融は銀行とは異なり審査が速いので審査が簡単です。

銀行の中には審査を早くしているところもありますが、大抵の銀行は審査に多くの時間をかけて、安定した収入があることや、これまでの借り入れの履歴について入念に検査されます。

消費者金融は、情報機関の記録に問題が記録されていないなら、高い確率で審査に通ります。

金利だけを見ると低くはありませんが、すぐにお金が必要な人にとっては、申し込んで審査に通ればすぐにお金を手にできるので消費者金融は心強い味方です。

消費者金融の金利の仕組み|知らないと損する事も

消費者金融の金利
法定金利とは

消費者金融からお金を借りる時に、法定金利についても知っておく必要があります。法定金利とは、貸し出しや借り入れの契約をした時に、法律の中で決められた金利のことです。

法律で定められているため、金融会社がお金を貸す時にはこの金額の金利を超えてはいけないと法律で決まっています。

法定金利の具体的な値について

消費者金融からの借り入れに関係して、貸金業法が改定されて、2010年から新しくなりました。

法定金利は貸金業法で定められている範囲では、借り入れが10万円未満の時には20パーセントの金利が必要で、10万円から100万円未満の時には18パーセント、100万円を超える時には15パーセントを超えてはいけないという決まりがあります。

また、お金を貸し付ける時には、利息制限法や貸金業法に加えて、出資法という法律もあります。

法律の改正に伴い法定金利も変化した

そして、貸金業法の改正の時に出資法も改正されたので、以前は29.2パーセントだった高金利が出資法が改訂されてからは20パーセントになりました。

なお、それぞれの決められた率をを超えた金利を要求した時には、行政罰による規制が設けられて、すべての借り入れが20パーセントを超える金利を決めた時には、罰せられてしまいます。

グレーゾーン金利について

利息制限法に基づいて、以前の金利は15パーセントから20パーセントで決められていました。

しかし、出資法による金利が29.2パーセントだったので、貸金業法に基づいて金利の上限を超えずに、出資法に違反しないように消費者金融が貸し付けをしました。

このような、15パーセントから20パーセントを超えて、29.2パーセントまでの金利のことを、グレーゾーン金利と呼んで、高金利でお金を貸していました。

結果的にお金を借りていた人達が返済できなくなったので、大きな問題になりました。貸金業法が改定された時に、出資法も改定されたので、今ではグレーゾーン金利はありません。

払い過ぎたお金を調整する

以前にグレーゾーン金利で消費者金融からお金を借りていた人たちが、貸金業法が改正された後、利息制限法で定められた以上に金利をとっていたのは法に反していたとして、払い過ぎた利息を払い戻してもらうための請求を行いました。

しかし、払い過ぎた金利の払い戻しの請求は時効が10年となっているので、遥か昔にさかのぼって請求することはできません。

すでに借金を完済している人でも払い過ぎた金利を請求できることもあるので、よく確認した方が良いでしょう。

下限金利と上限金利

消費者金融からお金を借りる時には、より金利が安い会社をインターネットを使って検索して、なるべくお得に簡単に借り入れできるようにします。

ホームページに載せられている金利の値は、4.8パーセントから17.8パーセントのように書かれていて、金利の値に幅がある消費者金融がほとんどです。

もしも4.8パーセントから17.8パーセントと書かれていたら、最低額を下限金利と呼び、最高額を上限金利と呼びます。

金利を比較する時の注意点

たくさんある消費者金融の金利を比べて検討することは大切で、金利が低いということは支払う利息も少なくて済むので、借りる人の負担が減ります。

しかし、金利を比べるときに注意しなければいけないのが、下限金利だけを見て比べてしまうことです。

もし、4.8パーセントから17.8パーセントと書かれていれば、下限金利の4.8パーセントの数字に注目してしまいます。

しかし、融資の時には最大金利である17.8パーセントが適用されることがほとんどです

初めて消費者金融でお金を借りる人ならば、ほぼ上限金利が適用されます。

下限金利に騙されないように

消費者金融からお金を借りるのは金利が高いと思っていた人が、下限金利に目を留めると格安に見えます。

中には4パーセント台の金利を打ち出している消費者金融も増えているので、かなりお得な気分になります。

しかし4パーセントというのは、あくまでも下限金利であり、4パーセント台の消費者金融でも上限金利を見ると、10パーセント台の後半という会社がほとんどです。

下限金利と上限金利の違い

消費者金融からお金を借りる時に、どんな人が下限金利を適用され、どんな人が上限金利で計算されるのでしょうか。

消費者金融によって金利が異なり、借りた金額の限度額によって金利の値を変えている所が多いです。

一般的には、信用されているかどうかで金利の値は変化します。

消費者金融のローンは保証人も担保もなく借りられるので、早く借りたい人には良いですが、借りた人が確実に返してくれるという信用だけでお金を貸しているので、貸し倒れしないように上限金利が適用されることが多くなります。

上限金利を適用される人はどんな人

消費者金融から見ると、信用が低い人はお金を貸した時のリスクが大きいので、安定しない職業や定期的な収入が無い時には、審査が厳しくなる傾向があります。

そのため、アルバイトやパートタイムで働いている人は、収入が少なく、仕事を失う可能性も正社員と比べると高くなるので、金利が高くなる傾向があります。

金利の緩和

消費者金融からお金を借りる時に気になるのが、金利がどれくらいかかるかという点です。

2010年に総量規制が実施されたので、消費者金融は以前のように高い金利で貸し付けを行うことができなくなりました。しかし、近年では総量規制が見直されて、再び規制緩和されるようになりました。

金利の緩和によって幅が広がった

新しく儲けられた貸金業法では、認可を受けた業者については、今までの貸付の上限金利である15.0パーセントから20.0パーセントまでの適用から、それ以前と同じ金利の29.2パーセントに戻されました。

認可を受けた業者は、総量規制が適用されないので、たとえ低所得者であっても高額の貸付が受けられるというメリットもあります。

規制された原因について

2000年前半の消費者金融が溢れていた時代には、消費者金融は返済できるかどうかにかかわらず積極的に貸し付けを行っていて、高金利でお金を借りて返済できなくなる人が増えました。

こうした背景があり総量規制が敷かれて、消費者金融からは年収の3分の1までの金額しか借りられないことになり、それまでのように高い金額を借りられなくなったのです。

金利の規制が緩和される背景

総量規制を敷いて金利の締め付けを厳しくした後に、規制を緩和したことの背景には景気の状態が関係していたことがわかります。

以前に総量規制が敷かれた時に、たくさんの貸金業者が店を辞めることになりました。

また、簡単に高額の融資を受けられるために、自営業者や中小企業の経営者が積極的にお金を借りていましたが、総量規制が敷かれたことで、こうした人たちの借り入れが難しくなりました。

こうした背景があり、一度規制した高額貸し付け、高金利を再び緩和しています。

規制が緩和されるメリット

今の貸金業法では総量規制が決まっているので、消費者金融で借り入れる時には、年収の3分の1までしか借り入れができません。

これは一律で適用される決まりなので、どんなに支払い能力がある人でも年収の3分の1までと定められています。

銀行は規制の対象外になるので、銀行からお金を借りる時には総量規制は適用されませんが、この法律があるので、銀行も審査する時には年収に対して借り入れする金額が3分の1以上の人には厳格になります。

銀行は厳しい審査のため、融資を受けられるのは中小企業が多いですが、規制が緩和されればより多くの人が消費者金融から借り入れができるようになるので経済の安定につながります。

借りる人によって金利は違う

消費者金融の金利
限度額の設定で変わる

消費者金融からお金を借りる時に気にするのが金利で、誰もが一番安い金利の業者から借りたいと考えています。しかし、どの業者から借りれば金利が低いのかは分かりづらく、消費者金融の金利は借りる人や借りる限度の金額によっても変わってきます。

例えば、10万円の限度額を設定した人と、100万円以上の限度額を決めた人では金利も違ってきます。

借り入れ限度額と金利の関係

消費者金融で、10万円から50万円の限度額を決めた人の金利は高くなります。

しかし、100万円以上の限度額を決めておけば、金利は限度額が増えるごとに低くなる傾向があります。

大抵は、限度額が10万円未満であれば金利は20パーセントで、10万円から100万円ならば金利は18%です。しかし、100万円以上の時の金利は15パーセントになるので、全体で3パーセント下がることになり低金利になります。

低金利には信用が大切

金利の高い低いは借りる人の信用によって変わってくるので、借りる金額が大きくなればより信用できる人とみなされます。

また、取引が終わった後の支払い状況や、取引してきた年数によっても信用は変わってきます。頻繁に借り入れをしても、すぐにお金を返せば取引は安定しているので信用されます。

借りる人の信用が上がれば限度額が増えて、低金利になります。

消費者金融の金利は日割りで考える

消費者金融の金利は日割りで計算されるので、前回から次回までの支払日までの日数で金利が決まります。

お金を返すまでにまた借り入れた時には、追加として金利が再び日割りで計算されます。借り入れをする人は、3年で返せる人もいれば、借り入れと返済を何度も行いう5年以上に渡っての取り引きを続ける人もいるので、それぞれの金利は異なります。

長い期間取引する人ならば低金利は魅力的ですが、短い期間で完済できる人にとっては金利が少し高くても問題ありません。

低金利の会社を探すには比較することが必要

消費者金融を初めて使う人にとっては、低金利の会社から借りることが賢明です。

まれに、書いてある金利よりも低い金利を言われることがありますが、低金利になっても金額はわずかなものだと思ってあまり期待しない方が良いでしょう。

それぞれの会社の金利を知るためには下記の金利比較をご覧ください。

金利比較一覧

金利
プロミス 4.5%〜17.8%
アコム 3.0%〜18.0%
モビット 3.0%〜18.0%
アイフル 4.5%〜18.0%
ノーローン 4.9%〜18.0%

消費者金融は無利息で借りる事が可能!?

消費者金融の無利息期間
1ヶ月以内に返済で30日間無利息!

金融会社からお金を借りることをためらっている人は、金利が高いことがネックのようですが、借りたお金を1ヶ月以内に返せば30日間は無利息という業者も増えています。

今はプロミスやアコム、アイフルのような大きな消費者金融は、30日以内ならば無利息にしています。なお、新生銀行カードローンやレイクなども同様で、無利息の期間を使って1か月以内に借りたお金を返せば余分な利息がかかりません。

無利息を使うのはどんな人

お金を借りても、次の給料日までには全額を返せる人など、1か月以内に返済する予定がある人は、無利息の期間が付いているカードローンを使ってみるとお得でしょう。

例えば、プロミスでは契約する時にメールアドレスを登録して、Web明細利用を申し込めば、30日間の無利息のキャンペーンを適用できます。また、アコムでは契約した時に返済する日を35日ごとにすると、30日間の無利息が適用されます。

その他の無利息キャンペーン

アイフルでも30日間の無利息キャンペーン始めましたが、30日の無利息キャンペーンは初回だけに限られます。

ところが、ノーローンは無利息の期間が1週間ととても短いのですが、初回だけではなく何度でも無利息の期間を適用することができます。残念ながら同じ月に2回以上利用することはできません。

無利息はどれだけ特になるのか

仮に30万円を年18パーセントの金利で借りた時には、30日で4,438円の利息がかかってしまいますが、30日間の無利息キャンペーンを使えば、当然利息は0円になるのでかなりお得なことがわかります。

30日以内に借りたお金を返せば利息はかかりませんし、30日を超えて借りる時でも始めの30日間は利息がかからないので、借りた金額が大きいほど無利息の利点が大きくなります。

返済する時にはインターネットやATMを使う

キャッシングやカードローンを使ってお金を借りる人はリボ払いになるので、借り入れ残高に従って決められた金額を毎月の返済日までに返さなければなりません。

無利息の期間を使ってもリボ払いしていると、期間が過ぎた日は1日ごとに利息がかかってしまいます。

そのため、無利息のままで終わらせるためには、無利息の期間内に借金を全て返さなければなりません。

大抵の消費者金融では、ネットバンキングを使ってお金を返せるように調整されていて、ネットを通じて全額返済することも可能なので銀行が締まっている時間帯でも問題ありません。

無利息のメリット、デメリット

キャンペーンを上手に活用

消費者金融からお金を借りる時には、借りた次の日からすぐに金利がかかってしまいます。たとえ借りた期間が短くても、金利が増えて返済する金額が大きくなると返済が長引いてしまいます。

そこで、無利息のキャンペーンを上手に使えば、かかる費用を抑えて必要なお金を借りることが出来ます。

消費者金融が設ける無利息の期間について

消費者金融で行っている無利息のキャンペーンとは、一定期間内に借りているお金すべてを返すと金利がなくなるというものです。

消費者金融によって無利息の期間や受けるための条件も異なるので、どのような消費者金融で借り入れをしたら良いかを慎重に考える必要があります。

しかし、消費者金融から借り入れを行う時には審査が行われて、幾つもの会社に申し込みをして借り入れている金額が大きい人は審査に落ちる可能性が高くなるので注意が必要です。

無利息で借りられる人には条件がある

消費者金融から融資を受ける時に無利息の期間を適用するためには、幾つかの条件に当てはまらなければなりません。

無利息期間が適用されるのは初回の30日間という金融会社が多いです。

そして、消費者金融での利用が初めての人に限られているため、無利息のキャンペーンを利用するのは消費者金融を試しに使ってみようと思う人に最適です。

そして、すでに契約をしていて会員の人は、サービスを利用することができません。

現在の利用者にも還元しようとして、ポイント制を取って貯まったポイントの数に応じて無利息の期間を何度でも使えるようにしている会社もあります。

無利息のメリットについて

無利息のメリットとして、30日以内に返せる見込みがある人は借入の費用がかからないので、銀行ATMを使って自分の口座から現金を引き出すよりもATMの手数料の分だけ費用を抑えることができます。

また、30日以内に返せない人でも、無利息の期間を使って全体で利息の総額が下がるように調整できます。借りたお金を2ヶ月後に返したとしても、最初の1ヶ月分は無料になるため、実際の支払いは1ヵ月分で済みます。

1年間借り続けても11ヶ月分の金利を払えば良いので金額が大きい時には助かります。

無利息のデメリットについて

デメリットとして気を付けたいのは、無利息の期間のメリットを味わおうと思って、必要以上に借り入れをしてお金をうっかり使いすぎてしまうことがあります。

無利息の期間には限りがあり、その後の支払いは大変なので必要な金額だけの借り入れに抑えるようにしましょう。

30日間無利息

金融業者によってサービス内容が違う

消費者金融からお金を借りる時に、初回に限り30日間は無利息というフレーズを見て、無利息で借りられるならば試しに借りてみようと思う人は大勢います。

無利息のキャンペーンを行っている業者は幾つもありますが、無利息キャンペーンの細かい内容は業者によって違います。

そのため、どの業者の無利息サービスを使うかによって得する度合いが異なります。

無利息キャンペーンの仕組みについて

無利息キャンペーンとは、一定の期間だけ金利がかからないサービスで、初めて借り入れた日の翌日から30日以内に返せば無利息というキャンペーンであれば、30日間は利息がかからずにお金を借ることができます。

そのため、無利息の期間中に返しきれれば、元金のみを返せば終わります。無利息の期間が始まるのは、契約した日の翌日と初めて借り入れた日の翌日との二通りがあります。

契約日の翌日から無利息の期間が始まる業者であれば、全くお金を借りなくても無利息期間が始まってしまうので、注意が必要になります。

無利息の期間内で返済する期日が過ぎたらどうする

30日無利息の期間内であっても借りたお金を返済しなければならない期日が来たら、いつものように返済しなければなりません。

また無利息の期間が終わると、借り入ている金額に対して利息を支払わなければなりません。30日の間に返済する期日が来たら返済しなければなりませんが、延滞した場合には次の日から利息が生じます。

このように30日以内であっても返済を延滞した時には無利息の期間が終ってしまいます。

消費者金融の無利息の期間を比べてみる

アコムとプロミスは、初めて借り入れをする人にのみ無利息のキャンペーンを行っていますが、アコムとプロミスの無利息の日数はどちらも30日です。

アコムでは昔は30日間の無利息は一時的なものでしたが、最近では新しく申し込んだ人には無利息の期間をプレゼントしています。

プロミスでは昔から30日間の無利息のサービスがありましたが、条件としてメールアドレスを登録して、WEB明細の利用も登録しなければなりません。

30日無利息の期間についての注意点

注意するのはアコムとプロミスは無利息の期間は30日間ですが、無利息の期間の始まり方は異なります。

アコムは契約した日から30日間で、プロミスは初回の借り入れ日から30日間と定まっているので、契約してからすぐに借り入れを行う予定のない人は、プロミスで借りた方が無利息の期間は長くなります。

無利息期間比較一覧

無利息期間
プロミス 30日間
アコム 30日間
新生銀行レイク 30日間 ※180日間
モビット なし
アイフル 30日間
ノーローン 1週間

※5万円まで180日間無利息

学生でも消費者金融のカードローンを利用できるのか?

消費者金融と学生
学生も何かとお金が必要なときがある

たとえ学生であっても交通費がかかったり、独りで暮らしている人でもアルバイトで生活費を稼いでいる人もいます。

時には急な合コンや飲み会に誘われて、学生であってもお金を借りなければならない状況に陥ることもあります。

しかし、学生は消費者金融を利用することができるのでしょうか。また親に連絡されたりしないのでしょうか。

お金を借りた時に親に連絡がいくのか

消費者金融からお金を借りた人は、借り入れたことが親に連絡がいくのではないかと心配になりますが、消費者金融との契約をするのに親の同意は必要ないので、会社から親に知られることはありません。

契約の時の注意点として書類やカードを郵送で受け取る方法を選択してしまうと、郵送物を親に見られて借り入れしていることがバレる危険性があります。

そこで、独りで暮らしではなく、親と同居している人は店や無人契約機で直接受け取るかメールに明細書を送ってもらうようにした方が良いでしょう。

学校やアルバイト先にも知られずにすむ?

消費者金融から借り入れをしていることを学校に連絡する会社はありません。学校は契約に対して何の責任も負わないので、学生の借り入れについては全く関係ありません。

審査の時にはアルバイト先に在籍確認の電話が入りますが、その職場で働いていることを確かめるだけなので、消費者金融との契約内容について詳しく触れるようなことはありません。

審査の担当者は個人名を名乗って在籍を確認するので、別の人が電話に出ても消費者金融からだと悟られることはありません。

申し込むときの注意点

消費者金融はたくさんありますが、審査に通るためにむやみに幾つもの会社に申し込むと申し込み情報が情報機関に半年間登録されるので、他社の申し込みの記録について他の消費者金融も調べることができます。

幾つもの金融会社に申し込むと、経済的に詰まっていることがバレてしまい、ブラック名簿に載ってどの会社からもお金を借りられなくなってしまいます。

また、一度審査に落ちてしまった時にも、申し込んだ情報は全て登録されるので、同じ月に立て続けに申し込むのは避けたほうが良いでしょう。

多くても月に2件くらいにとどめいておいた方が良いです。

希望する金額を高くしない

年収の3分の1を超える金額は借り入れることができませんが、申し込む時に希望する金額を必要最低限にしておけば審査に通過する確率は上がります。

借り入れをする時には収入と支出に見合った金額が望ましいので、大きな金額を借りることは避けましょう。

学生が消費者金融を利用する時の審査について

学生であってもお金が必要になることはたくさんあります。若いうちはお洒落がしたいので、気が付くと今月のお小遣いが無いという状況も生じかねません。

消費者金融であれば学生であってもお金を借りることができるので、詳細をきちんと確認すると良いでしょう。

利用する学生が増える理由

その日のうちにお金が必要になった時には、友人を頼るのではなく、金融会社に連絡した方が良いでしょう。

学生にとっては借金があることを親に知られたくないとか、親にバレないようにお金を借りたいと思う人もいます。

消費者金融であれば、便利に利用することができ、スマートフォンやインターネットを使ってその日のうちに申請できるので、親にも誰にも知られずにお金を借りることができます。

利用できる学生について

消費者金融を使えるのは、20歳以上であってアルバイトをしていて安定した収入がある人という条件があるので、申し込む前にきちんと確認するようにしましょう。

19歳に満たない未成年の人は、法律上は借り入れができないので、大学生であっても20歳を超えていないと個人の責任で会社からお金を借りることはできません。

そのため、未成年の学生が審査に通るには、親や親戚の助けが必要です。

収入の少なさに不安があっても審査に通るか

お金を借りたいと考えても、学生で貰うお金が少なければ消費者金融の審査に通るかどうか不安になります。

なるべく審査に通るように、審査基準が甘い消費者金融を探す人もいますが、大きな消費者金融であればどの会社でも審査をしっかり行ないます。

それぞれの会社の基準は異なりますが、審査する内容はさほど大きな違いがあるわけではないので、簡単にクリアできるわけではありません。

審査の在籍確認はどのように行うか

契約した後には自動契約機からカードを取得することができるので、家の近くの銀行ATMですぐにでも借り入れることができます。

ATMがあれば消費者金融のカードを使って借り入れと返済ができるので、卒業旅行を考えている人は旅行先にも持っていくとお金の心配をせずに安心して旅行することができます。

契約を済ませると審査の段階で消費者金融からの在籍確認がありますが、オペレーターは個人の名前を出して電話をかけてくるため、自分が働いている会社やアルバイト先に消費者金融のことを知られる心配はありません。

また、審査に通った後にも必要な書類は、送り先を別の会社の名前で送ってくるので、仮に家族に見られても借金していることまでは知られません。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ