金融ブラックにならずにカードローンを賢く利用するには

カードローン ブラック
カードローンのブラックは今後の人生を左右しかねない事態

カードローンを利用するうえで絶対に避けなくてはならないのが金融ブラックの状態です。

一度ブラックとされてしまうとその後数年間新たな借金をするのが困難になってしまいますから、 カードローンを賢く利用するにはやはり何よりも「契約内容を守る」ということが重要になってきます。

まず、金融ブラックになってしまった理由として特に多いのが「返済の遅延」です。

1回や2回の遅延であればうっかり忘れていたなどの理由で見逃してもらえることもありますが、遅延が3回以上発生したり3カ月連続で続いた、また遅延発生回数の合計が6回以上になったとなると個人情報にかなり深刻な影響が出てきます。

特に、何の連絡も無く2カ月以上返済を先延ばしにした場合は、これまでの利用がどれだけ好ましいものであったとしても、まず金融事故を起こした顧客、信用に値しない顧客となってしまうでしょう。

また当然ながら「債務整理」にも注意が必要です。

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産など債務整理には四種類がありますが、 そのどれであっても行ったのであれば金融機関は必ず金融事故とみなして処理します。

総括すると、カードローンで金融事故になることを回避するには常に返済日を考えつつ、債務整理が必要にならないように収支のバランスを考えて適度に利用することがベストとなるでしょう。

あくまでもカードローンは今不足しているお金をこれから返せる範囲で借りるものとして理解し、使い過ぎは避けるのが鉄則なのです。

スポンサードリンク

カードローンでブラックにならない為の注意点

カードローンでブラックになることを恐れている人は多いかもしれません。 一度ブラックになってしまうと、5年~10年は個人信用情報に「異動」の記録が残ってしまい、クレジットカードやローンが利用できなくなるからです。

住宅ローンや自動車ローンが利用できないと、人生に大きな影響があるかもしれません。

しかし、カードローンを普通に利用していれば、個人信用情報に悪い記録が残ることはありません。

うっかり返済を一度だけ忘れてしまうことなら、だれにでもあることです。 口座に残高を用意し忘れていたり、ATMから返済するのを忘れてしまっていたケースなどです。

あるいは、お金を使いすぎて給料日まで支払いができないということもあるかもしれません。

しかし、たった一回延滞をしただけではブラックになりません。

たった一回の延滞だけならば、最短で2年が経過すれば記録は消えます。

ブラックになるのは、延滞が3ヶ月以上続いた場合、債務整理をした場合などです。

たった一回延滞をした場合でも契約違反に違いはありませんが、3ヶ月以上の延滞や、債務整理をすると重大な契約違反として扱われてしまいます。

契約を解除されて、残高を一括で請求されてしまいます。

このような事態は、うっかり支払いを忘れていただけでは起こり得ないでしょう。

多くの場合は、借金を作りすぎて返済ができなくなっているケースです。

カードローンを利用するときの注意点は、しっかりとシミュレーションをして、無理のない金額を借りることです。

家族にばれずに専業主婦でもかりられる安全なカードローンとは

専業主婦の場合は消費者金融のカードローンを利用するのは現在では難しくなっています。

総量規制が出来ているためであり、年収の三分の一までしかお金を借りる事が出来なくなっているのです。

専業主婦の場合は旦那の収入を頼りにしてお金を返済する事も考えられますが、 配偶者の収入を対象とせずに自分自身の収入で判断されるが故に収入はゼロとみなされて借りる事が出来ないのです。

カードローンの中にはブラックOKなどという所もありますが、そういうカードローンは闇金も紛れているので気をつけてください

それではブラックでもOKなどといった正規の貸金業者であるかどうかも怪しいカードローンでは無く、もっと安全なカードローンでなおかつ家族にばれずに専業主婦でも借りる事は可能なのかどうかをお話しします。

結論から述べると安全にお金を借りる事は可能であり、総量規制の対象とはならない所で借りれば良いです。

総量規制は貸金業法であるために消費者金融や街金のような貸金業者が対象となっているので、 総量規制の対象とはならない銀行で借りるようにすれば良いのです。

銀行ならば名前も知られていないような消費者金融から借りるよりも安心できますし、家族にばれないようにするためには自分でも注意は必要ですがばれずに借りる事も不可能では無いです。

ただ、一時的な生活費などとして用いるには十分な金額を借りる事は可能ですが、あまり高額な貸し付けは行っていない場合が多いです。

関連記事 » 専業主婦でもアルバイト・パートでもカードローンでお金を借りれる!?

キャッシュカードやカードローンのブラック扱い

カードローン契約時にブラックリストという言葉をよく聞きますが、実際にはそのようなリストは存在していません。

ローンやクレジットカードの申し込みでは信用情報を確認されますが、信用情報に事故履歴があるとブラック扱いされることになります。

短期間のうっかり忘れによる延滞ではブラック扱いになることはありません。 すぐに支払いをすれば延滞解消となります。

しかし3ヶ月以上の延滞や、毎月のように短期間の延滞を繰り返すことで、信用は失われていきます。

信用が失われると、カード会社から強制解約の通知がくることになります。

こうなると信用情報には異動という印が残され、これが完全な信用事故情報となるのです。

ブラックとなっていると、カードローンやクレジットカードの契約が限りなく困難になります。

他社で事故を起こしている人にわざわざ貸し出しはしません。

カード会社も商売ですので、貸して返してもらえなくなったら困るからです。

信用情報は永遠に残るわけではありません。

事故履歴も7年程度すれば削除され、再び契約することが可能となります。

ただし一度事故を起こした会社や関連会社では、新規契約は難しいでしょう。

信用情報からは消えても社内でデータが残っていることがあるためです。

このようなことにならないためにも、計画的に利用し、支払い能力を超えた利用はしないようにしなければなりません。

信用を失わないように毎月決められた金額と支払日は守りましょう。

「ブラックOK」は怪しいサイン?

カードローンやキャッシングなどの広告に、よくブラック客OKといううたい文句がありますがこれは怪しいサインなのでしょうか。

事実、このような客をOKとしているカードローンやキャッシング会社の中には闇金融もあります

闇金融は非常に高い金利で貸しつけをすることで有名ですので普通の客はこのようなところからはお金は借りません。

お金を借りてもらえなければ商売になりませんので闇金融はブラック客にも間口を広げる事によって客を獲得しています。

しかし、だからと言って全てのブラックOKのところが闇金や怪しいところなのかと言えばそうとも限りません。

きちんと金融業として登録してる会社でもこのような客向けに商売しているところもあります。

まず、ブラックリストというのは金融会社などで共有している信用情報データーベースのことであり、

これを見れば申し込みした人が過去に金融事故をしたことや今どこから借り入れをしてるのかの情報を見ることができます。

ただ、この情報を見るためには団体に登録し、毎月一定の金銭を支払う必要があるため小規模の金融会社は登録しないことも多いのです。

ですので、過去に金融事故をした客なのかどうか判断できないためそういう方でも貸し付けをしています。

勿論問題のある客に貸し付けするリスクも考えているので利息は多めになっています。

ただ利息制限法の範囲以内であるため違法でな利息はとりません。 ですのでこのうたい文句自体が怪しいサインとは限りません。

カードローンの審査でブラック以外にも影響するものとは

急なお金が必要な時や、配偶者や家族に内緒でお金を借りて整形手術やブランド品を購入したいならば、カードローンでお金を借りることもできます。

倫理的な良し悪しの話は別にすれば、そのような方法でお金を借りても完済さえすれば問題ないはずです。

ですが、お金を借りたいと思ってもなかなか借りることができない場合があります。

それは、ブラックリストに自分の名前が載っている場合です。

ブラックリストに自分の名前が載るのは、過去にカードローンなどの何らかのローンを組んでも返済することができない状態が続いて、 その結果債務整理をしたような場合です。

ブラックリストに一度名前が載ると5年間から7年間はカードローンを始めとするローンを組むことはできません。 なぜなら、経済的な面で信頼がないからです。

このように、ブラックリストに名前が載るようなことをすると、数年はお金の貸し借りに影響がでます。

では、それ以外で審査に影響するものはあるでしょうか。

それは、収入についてです。

収入については貸金会社よりも金融機関のカードローンの方が審査が厳しくなります。

金融機関の方が借り入れの上限額が高いためです。 ただ、都市銀行で借りる住宅ローンなどとは違い、それなりの名前が通った会社の正社員でないと借り入れをすることができないという訳ではありません。

派遣社員であってもアルバイトであっても毎月の安定した収入があることを証明できれば審査に通ります。

カードローンをうっかり引き落とし出来なくてブラック

カードローンの支払いに引き落としを利用している方の場合、振込みに行く時間がない、うっかり忘れてしまったなどのトラブルが生じてしまい、残高不足によりカードローンの支払いができないことがある場合があります。

また、同じ口座に公共料金なども一緒に契約をしている場合には、予想よりも多く引き落とされて残高が不足してしまうという場合もあります。

そういった事態が引き起こされてしまった場合には、即ブラック認定がされてしまうことに繋がるかというと、一度そういった事態になったからといって、即時ブラックになるということはありません。

まず、引き落とされなかった場合には、口座が残高不足だったということで、次回、再び引き落としをする旨が記載されているもの、もしくは、コンビニなどで利用できる支払い用紙などが同封されていてそれを利用して支払うなどの方法があります。

ブラックになる事態とは、個人信用情報機関に事故情報として記載されてしまうことなので、返済が3回以上滞っている、長期延滞をしている、債務整理をしたことがあるなどの場合です。

一度だけならばたまたまと思われるくらいで問題にはなりませんが、3回目にはブラックとして登録される可能性があります。

また、延滞してしまった場合にはさらに信用を損ねてしまう場合があります。 カードローン会社に引き落としができなくて事故情報として記載されないためには、そのカードローン会社に電話をかけることです。

カードローン会社に対して、次はしっかり返済するということをアピールすることが大切です。

アピールすることにより、返済威力が高い人ということを伝えることができるのでアピールすることは重要なのです。

カードローン付きのキャッシュカードが欲しいブラックの方へ朗報です

過去に金融機関とのトラブルでブラックリストに自分の信用情報が掲載されてしまっている方にとって、 カードローンの契約やクレジットカードを作ることは非常に困難です。

各金融機関は、まず申請者の過去の金融事故・信用情報を審査しますので、この時にブラックであると確認されると、 まずローンの申し込みはできません。

ですが、生活する上でどうしてもお金は必要なものです。

また、急な出費などで早急に現金が必要になる場面もしばしばみられます。

このような時、どのようにしてお金を工面したら良いのでしょうか。 そのようなお悩みを持っている方に朗報です。

ブラックでも申込可能なカードローンやキャッシュカードも存在するのです。

ただし、この場合利用できるのは、よくCMなどで放送されるような各金融機関で申請をしても、審査を通ることはほぼ不可能です。 信用情報に不安を抱える方向けのものは、このような大手の会社ではなく、中小企業の業者です。

過去に金融機関とトラブルを起こしたことがある方に対しても即日融資をうたう業者はとても多いのです。

「でも、そんな業者は金利が高いのでは…」と思う方もいるかもしれません。

しかし、それは昔の話で、最近はキャッシングを行う業者に対する法改正が厳しくなっていますので、利息制限法で顧客に対し不利な貸し付けを行うことができません。

法律でしっかりと管理されている金利になりますので、返済計画もスムーズに立てられるでしょう。

返済計画をしっかりと立て、自分に適したカードローンを申し込む様にしましょう。

申し込みブラックはカードローンの審査に落ちる原因になる!

カードローンは急にお金が必要になった場合に便利なサービスで、もしもの時には大変重宝します。 利用出来る業者も数多くありますから、何かとお金が掛かる現代社会においてとても頼りになる存在です。

そんな頼りになる存在だからこそ、いざという時に利用が出来ないという状況は避けたいですよね。

業者側から敬遠されてカードローンを利用できないという状況に陥らないためには、いくつかの点に注意しておく必要があります。

まずは利用した場合に返済を滞らせない事。カードローン等のお金の借り入れは何と言っても信用が大事です。

相手からの信用を失わない利用の仕方を心がけるようにしましょう。

もうひとつ、業者側からブラックと判断されやすいのが、申し込みブラックと呼ばれるものです。

これは、複数の業者に同時に借り入れの申し込みをする人が付けられる名称で、この行為も業者側から好まれない傾向にあります。

同時に大量の借り入れをすること、これは返済する意思を疑問視されてしまうんです。

返すつもりでも、それが可能なのかと業者側が不安に思うわけですね。

ですから、申し込みブラックと呼ばれる人は審査では落ちる事が多いですので、確実に借り入れを実現したい方は、

一つずつ業者に申請を行うのがお勧めです

ちなみに、こういった申し込み状況というのは、業者間で情報の共有がなされている事も多いですので、申し込みブラックに例外はないと考えておいたほうが無難でしょう。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ