専業主婦でもアルバイト・パートでも借りられるカードローン

カードローンの審査
アルバイトやパートでも借りられる

急な出費があったり、やりくりが上手に行かなかったりして、今月はピンチだという時もあるでしょう。

そんな時に主婦にとって強い味方なのがカードローンです。

カードローンというと正社員として働いていないと審査を通らないのではないかと思っている人も多いですが、そんなことはありません。

アルバイトやパートでもお金を貸してくれる金融機関はたくさんあります。

カードローンの基本的な利用条件は、毎月安定した収入を得ている人です。

ですから、アルバイトやパートであってもその条件を満たしているのであれば問題なくお金を借りることができます。

最近では審査スピードも非常に早く、申し込んだその日に融資を受けることも可能になっていますから、上手に利用してピンチを乗り切りましょう。

スポンサードリンク
専業主婦でも借りられる

貸金業法が改正されて、収入のない専業主婦はカードローンを利用できなくなったということを聞いたことのある人も多いかもしれません。

確かに、収入がないことで上記の基本的条件を満たしていないことになるのですが、実は専業主婦であってもお金を借りることは可能です。

この場合、審査は夫の属性情報や信用情報に基づいて行われることになりますので、融資を受けられるかどうかは夫の仕事や年収などが問題となってきます。

プライバシーもOK

上記のように、専業主婦の場合には融資審査の対象が夫となるため、夫に内緒でお金を借りることは無理だと思うかもしれません。

しかし、実際には夫に内緒でお金を借りられるところもあります。

特に銀行の場合には総量規制が適用されないので収入証明書の提出が必要なく、簡単な手続きだけでお金を借りることができます。

一方、総量規制のある消費者金融系のカードローンは利用にあたり夫の同意書が必要なところが多く、内緒で借りることは難しいといえるでしょう。

レディースローンなら安心

お金を借りたいけれど不安だという場合には、レディースローンを利用するという選択肢もあります。

レディースローンは手続きに当たるスタッフが全て女性であり、女性が臆することなくお金を借りることができるような環境が整っているからです。

また、レディースローンの中には大手の消費者金融などよりも金利が優遇されていることもあります。

これは女性のほうが借金の返済に真面目で、貸し倒れのリスクが低いからです。

ですから、レディースローンを上手に活用することでお得にお金を借りることができます。

専業主婦がカードローンを利用するには

総量規制という法律

主婦がカードローンを利用する場合、ネックとなるのが総量規制というものです。

これは貸金業法の中の規制の一つで、年収の3分の1を超えて融資を行ってはいけないという法律です。

パートやアルバイトで年収があれば良いのですが、まったく仕事をしていない専業主婦の場合、この総量規制があるために融資を受けることができません。

ですが、毎月給料日前になると、ちょっとお金が足りないということはよくあることです。

やり繰り上手な奥さまでも、急な出費が重なると今月はピンチということもあります。

それなのに総量規制があって借りられないというのは不便なものです。

ですが、この総量規制の例外があります。

総量規制の影響がない銀行

年収の3分の1までしか借りられないという総量規制があっても、カードローンを利用することは可能です。

まず、銀行を利用するという方法があります。

総量規制は貸金業を規制するための貸金業法の中の規制ですから、銀行法で規制されている銀行にはまったく関係がありません。

そのため、銀行であれば、総量規制に関係なくカードローンを利用することができます。

配偶者貸付

総量規制の中にも例外があります。

それが配偶者貸付というもので、配偶者の同意があれば利用することができるというものです。

この配偶者貸付を利用するには、信用情報を利用してもよいという同意とお金を借りてもよいという2つの同意が必要です。

それと、婚姻関係を証明するための住民票または戸籍妙本と配偶者の収入証明書が必要になります。

利用するならやはり銀行

ずいぶん用意する書類が多いと思われるかもしれません。

それは消費者金融でも同じことで、提出される書類が多く手間がかかるということで、受付けていない消費者金融も多いのです。

これでは、せっかく例外があっても利用することができないケースが多くなってしまいます。

配偶者貸付を認めている銀行もありますから、やはり主婦がカードローンを利用するのであれば、銀行を利用するのがもっとも確実です。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ