わかりにくいカードローンの審査ってどんな仕組み??

カードローンの審査
カードローンの審査基準

カードローンに申込めば、誰でも審査を受けなければなりません。ですが、その基準がわかりにくいと思ったことはありませんか。

申込者の条件を掲載しているところは多いものの、申込者の条件を満たしていたとしても大丈夫とは限りません。

金融会社では基準を公開していませんから、申込者はきっとこれなら大丈夫と推測するしかありません。

しかも、それぞれの金融会社によって基準が違うのですから、申込んだ後で大丈夫なのだろうかと心配になることも多いでしょう。

スポンサードリンク
判断基準となるもの

ですが、基本となる判断基準はそれほど違っていないことをご存知でしょうか。

それぞれの金融会社が基本の判断基準としているのは、申込者の年収、そして他社からの借入額です。

これに年齢を加えている方もいますが、それは申込者の条件に記載されていることが多いので申込者の条件としてハッキリとしています。

その条件内であれば、それほど気にすることはありません。年収と他社からの借入が判断基準を満たしていれば、カードローンを利用することが可能です。

自分の条件と判断基準

年収に関しては、200万円以上あれば大丈夫だと言われています。

それにプラスして、勤続年数が長く、持ち家であり、固定電話があればベストでしょう。

他社からの借入金額については、ゼロであることがベストですが、他社に借入があったらすべてダメだというわけではありません。

年収の3分の1未満であれば、カードローンを利用できる可能性があります。

自分の条件と判断となる基準を照らし合わせて、審査に通過するかどうかを考えて申し込みをしましょう。

希望限度額

自分の条件と判断基準をクリアしていても、審査が難しい場合もあります。それは、申込時に申請する希望限度額の金額にもよるからです。

30万円以内であれば、年収200万円以上で他社から借入がなければほぼ大丈夫です。

ですが、それが50万円になると途端に難しくなってしまいます

銀行では100万円未満であれば収入証明書なしで申込めるところもありますが、消費者金融の多くは50万円以上で収入証明書が必要です。

最初は、希望限度額を低めにして申込んでみましょう。

お試し診断

金融機関の審査の判断基準は公開されていませんが、お試し診断などのコンテンツが公開されています。

お試し診断を利用すれば、実際に申込まなくても利用できるかどうかを知ることが可能です。

お試し診断で大丈夫でも100%大丈夫とはかぎりませんが、一応自分が利用できそうだとわかってからならカードローンに申込みやすくなります。

審査に通過するための5つのポイント

カードローンと保証会社

銀行カードローンの審査基準を見てみると、保証会社からの保証が受けられる人とあります。

果たして、この保証会社とは何を指すのでしょうか。

ここで指定される保証会社は銀行が提携している消費者金融のことです。

近年、消費者金融が銀行に吸収合併されるケースが増えており、銀行が提供するカードローンの事業は合併した消費者金融に任せていることがほとんどです。

よって、保証会社から保証が受けられる人とは、合併した消費者金融の審査に通過できる人ということになります。

借り入れできる金額の限度がある

カードローンでお金を借りる際、消費者金融など貸金業者からの借入れを利用する場合は総量規制の対象となっています。

総量規制とは、年収の3分の1以上の貸し付けを禁止するとした規定であり、要するに年収300万円の人は100万円まで、年収400万円の人は約130万円までしか借入れすることができないということです。

総量規制を超える貸し付けになるそうな場合は審査に通過することができません。

ただし銀行など金融機関からの借入れは総量規制の対象外となっています。

収入を証明する必要がある

審査では運転免許書、保険証、パスポートといった身分証明書の提出が必須です。

原則として必要書類は身分証明書のみとなっていますが、場合によっては収入証明書の提出も求められます。

その対象条件は、貸金業者1社からの借入れが50万円を超える場合又は全社合わせて借入れが100万円を超える場合です。

金融機関からの借入れの場合は各社で基準が異なりますが、借入れ200万円を超える場合に収入証明書の提出が求められることが多くなっています。

在籍確認をクリアする

カードローンの契約にあたり会社への在籍確認があります。

在籍確認は電話にて行われるのですが、在籍しているという確認が取れればOKなので本人が電話に出られなくても問題はありません

また、担当者の個人名で連絡をかけてくるため、会社で電話を受けた人にカードローンの在籍確認であるとバレることもないでしょう。

多重申込みは禁止

自分の条件が悪いと審査に通過したいがために一度に複数社に申し込む人もいます。

しかし、一度に3社以上に申し込むことは禁止されています。

もし破ってしまうと申込みブラックとみなされて契約できないどころか、今後6か月間は申し込みすら規制されてしまうことになるでしょう。

ならば3社を超えなければいいのかというとそうでもなく、金融会社に信頼してもらうために本来は1社ずつ申込みをすることが求められています。

カードローンの申し込みに必要なこと

カードローンは誰でも申し込みを行い融資を受けることができますが、それは必ず自分の希望にあった金額を借りることが出来ると言う事ではありません。

かと言って、こうやれば必ず大丈夫というような法則があるわけでもないのですが、それでも頭の中に入れておくと良いということはいくつかあります。

最も重要なことは返済について

カードローンでお金を借りる時には、絶対に返済ということが必要になってきます。

これはローンを業務として行う会社の基本契約の中に『安定した収入のある方』と書いてあります。

ここで、安定した収入と言うのを正社員などに拘わり、時として申込書にアルバイトやパートなどの場合であっても正社員と嘘を書いてしまう方がいます。

もし仮に、嘘を書いてしまった場合に審査の際に社会保険証の提示や社員証の提示を求められて嘘が発覚した場合は、どのような場合であってもローンを受けることができなくなってしまいます

職業の例外

結婚している方で、専業主婦などの場合は実際には働いていないのですが、その場合だけは配偶者の収入状況を考慮しても良いことになっています。

また、人によっては家賃収入や投資取引等によって収入を得ている方にとっては、普通の方のように会社からの給与明細が出ない場合があります。

このような場合は、役所からの収入証明だと必要以上に日数がかかってしまう場合もあり証券会社からの取引明細などで代用ができる業者もあるので、事前にどのような方法で収入を証明すればよいのか確認しておく必要があります。

借入状況は正確に

お金を借りる時に借りている金額が大きくなればなるほど、返済がキツくなるのは誰でも分かります。

なので、人によっては申し込み時に他社の借入状況を聞かれた時に借入金額を正直に申告しない方がいますが、この場合もすぐに嘘がばれて審査には通らなくなってしまいます。

金融機関では信用情報機関によって、全ての借り入れや支払い状況などが共有されているので、金融機関の方で容易に正確な借入状況を確認することができます。

実は借り入れ以外にも左右する場合があります

全国に信用情報機関は複数有り、それぞれ管理している情報が違います。

これは一般的にローンの借り入れだけに言えることではなく、商品購入などの審判情報・携帯代金を支払う際の分割情報・コピー機や車などを使用する際のレンタル情報・公共料金の支払い状況と言ったように様々な情報を管理しています。

なので、審査の際に必要な申込者の信用情報というのは単にカードローンに対してのことだけではなく様々な事が影響してくるので注意が必要です。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ