多重債務の現状

多重債務

多重債務とは、複数の金融機関かあら借り入れをしている人のことを指します。現状はどのようになっているのかというと、5社以上の消費者金融から借り入れをしている人は27万人くらいいるそうです。平均借入残高は200万円弱となっています。ですから多くの人が多重債務になっていると考えられます。

では、なぜ多重債務になってしまうのでしょうか。その一例を挙げると、クレジットカードの利用があります。クレジットカードを初めて持った人なら計画的な利用がなかなかできないものです。

クレジットカードの利用が借金の一種であると言うことは認識しておかなければなりません。それを認識せずに無計画に使っていたことで、支払いが難しくなり、そのうちにキャッシングを利用してお金を借りるようになるというケースがあります。

軽い気持ちで借金をして、それを返済できなくなるケースもあります。返済できないときに困って、別の消費者金融から借りたお金で返済するということを繰り返していると、やがて多くのところから借りるようになって、ついには返済ができなくなってしまうこともあります。

連帯保証人になったことがきっかけになる人もいるようです。連帯保証人は、借りた人と同様に返済する義務を負います。それを返済するために消費者金融から借りると言うことから多重債務が始まった人もいます。

多重債務になると返済ができなくなるケースが多いです。最初の1社に返済ができなくなる段階で債務整理を行うべきでしょう。

樋口法律事務所
無料電話相談:0120-804-608

多重債務問題との向き合い方

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンはいざという時に便利お金を借りることができますが、安易な気持ちで借り入れすると借りては返しの繰り返しになって多重債務となってしまう人も多いものです。

多重債務によって毎日借金のことで頭がいっぱいになり、催促の電話や取り立てに怯え心身ともにボロボロになってしまうでしょう。

友人に相談したくても自分が多重債務者だと知られてしまうのが恥ずかしくて相談できず、行き詰ってしまう人も多いものです。

しかし借金問題は悩んでいるだけでは解決しませんし、こうして悩んでいる間にも借金はどんどん膨らんでいきます。

多重債務を解決するために最も有効なのが債務整理です。

債務整理というと自己破産というイメージが強くあるものですが、債務整理には自己破産のほかに特定調停や個人再生、また任意整理などがあります。

どの債務整理が適しているのかは借金の状況や収入、また財産によって変わってきますので、まずは専門の弁護士か司法書士に相談してみることです。

いきなり弁護士や司法書士に相談するのも…と躊躇してしまうならメールでの相談も可能ですし、相談だけなら無料で受けてもらえます。

また債務整理を専門家が受任した時点で催促の電話はもちろん、直接的な取り立て行為はできなくなるので、精神的にもかなり楽になるはずです。

もし、多重債務で頭を抱えているなら、まずは信頼できる法律家に相談することをお勧めします。

多重債務の返済計画の組み立て方

多重債務の状態になっている人が返済計画を立てようと思った場合には、まずどれくらいの金額を返済に充てられるのかを把握することが必要です。例えば、月々の収入が30万円で、生活費に20万円がかかるのなら、10万円しか返済に充てることはできないでしょう。

それを返済に充てていけば良いのですが、多重債務の場合に考えなければならないのは、どこにどれだけ返済するのかです。

これを判断していかなければならないのですが、どうすれば良いのかはそれぞれのケースで異なっていますから、自分にとって最も有利な計画がどれなのかを把握することが必要です。

返済がまだ負担にはなっていない状態の人の場合、まずは金利の高いところから返済をしていくのが良いです。金利が高いと利息が大きくなりますから、ずっと借り入れをしていれば利息の分だけ元金が増えることになります。

金利の高いところから返済をしていけば、利息をあまり支払わなくて良いですから、完済が早くなります。

月々の返済金額が負担になっているという人なら、返済方法を工夫することは必要でしょう。返済金額が大きいところから返済をしていくことで負担が小さくなりますが、それぞれの金融機関で返済方式は異なりますから、それらを考慮しながら検討していく必要があります。

もしも可能であれば、一つにまとめてしまうのは良い方法です。うまくまとめることができれば、月々の返済金額を安くできるケースもあります。

樋口法律事務所
無料電話相談:0120-804-608

関連記事

ページの先頭へ