転職で失敗しないためにすること

転職

転職するときの面接について

採用に繋げるためには各場面においてのコツを抑えておくといいでしょう。

退職理由も考慮しておく

仕事をする場所を得るためには、まずは採用してくれる企業との面接などが必要になります。

採用する側からの立場を十分に理解しておく事で、参考になるポイントが見えてきます。

転職をする場合には、前職を辞めた理由なども採用する企業にとって気になる部分となります。

どの様な理由であったとしても、今後の、あるいは将来のためなど前向きな姿勢を失わないという言葉も必要となります。

前職については、職場の人間関係や職務上において、トラブルなどが発生して退職する場合もあるでしょう。

そういった場合、人間関係においてトラブルがあった事をありのままに伝えたとしましょう。

企業側では、自社で採用した場合に今回は大丈夫だろうかというマイナスな材料になってしまいます。

もちろん、無理に嘘をつく必要はありません。

企業側では仕事以外でも、人物を見定めている事を理解しておく必要があります。

一般的に考えれば、職場には複数の人が存在して仕事をしています。

場合によっては協力し、チーム一丸となって仕事を達成していくこともあります。

深い人間とまではいきませんが、仕事をスムーズに進めていく上で、必要最低限の協力性は必要になってきます。

トラブル発生の過去を伝える際には、問題解決ができた内容も同時に伝えることも必要になります。

前向きな姿勢を提示する

転職をする際に、企業から理由を聞かれる事はよくあります。

同じ業界を目指す場合には、今迄自分が従事してきた実績を生かし、今後更に活躍できる場所を求める状況などを話せます。

やはり同じ業界、職種などの場合には、自分の実績がアピールポイントになります。

企業側では、今後に向けて役立つ人物であると把握できれば、採用して即戦力になってもらいたいと感じる事になります。

一方で、全く新しい分野への転職をする人もいます。

この場合には、企業にとっても、未知の可能性を探る状態となります。

資格などを取得済みであれば、その点を活用して、職場で今後どの様に生かしていきたいなどの話に繋げる事ができます。

全く新しい職種に就く事を目指す場合にも、企業は個人の前向きな姿勢や努力の可能性を知りたがります

職場で働く人材は、企業にとっても、将来的な財産でもあるのです。

一度採用したからには、個人を企業で育成していく必要もあります。

そのために、面接という場所で個人の人柄を含めて、能力や適正などを見定めている事になります。

配属される直接の上司、企業の人事部の担当者などが採用場面に関わるケースは多くあります。

仕事に対する情熱、熱意が採用担当者に伝わる事も大切なポイントとなる訳です。

自分の人生を整理しよう

転職における面接は、個性を示す事も重要なポイントになります。

個性というのは、現在までにおける個人の成り立ちであるとも表現できます。

職歴などは、履歴書を参考資料として、企業側から質問を受けるなどの形になります。

ですので、履歴書に記載した内容は、言葉でわかり易く伝える事ができるよう、準備をしておくといいでしょう。

他にも、現在に至るまでの生活・仕事の中で、自分がトラブルシューティングをできた内容があれば、そこを強調する事もできます。

自分らしさを提示する事で、企業は個人を特定する事ができ、人物の判断ができるのです。例えば、高卒の人が役所などを受ける場合もあります。

この場合にも、大卒と比較して学歴が不足している点に引け目を感じる必要は全くありません。

逆に、高卒で就職している場合には、既に職業経験をしている状態になります。

社会経験を積む中で、今度は自分が市民のためになる立場として、自分の能力を社会に役立てたいと考える人もいます。

話の受け手にとっても非常に素直で、そこに至るまでの発言にスムーズに繋がる内容になります。

不自然な作り話よりも、個人の過去や実績を例文に、今後にどう生かすかを述べる事の方が重要になるのです。

転職における面接の時間は、自分の人生の履歴を整理して相手に伝える事であるといえます。

計画的な実行力が効率性を高める

生活基盤を確保しながら、一番適切なタイミングを見計らう事も大切です。

円満退職を想定して、次の職場へ繋げる

将来の事を考えて、転職をする場合があります。時期については、個人の目標や環境によって、設定が違ってくる事になります。

現在仕事をしている状況で、もっと自分の能力を活用できる場所に勤務したいと考える人もいます。

この場合には、既に何かしらの特定の能力を有しており、現在の職場が許す様であれば即時退職希望を出す事も可能です。

現在の職場を辞めてから、次の職場を探すのでは、ブランクが空く事に不満を抱く人もいます。

ブランクをできるだけ排除するためには、次の職場の確保が先に必要になります。

次の職場が決定してから、現在の職場に退職届などを提出する事ができます。

但し、職場の規定は企業によって異なります。

退職までには、引継ぎなどが必要となる事もあります。

退職の申請についても、何ヶ月前などの時期の指定がされている会社も存在します。

個人が現在勤務する会社の規定については、その人でしか把握できない内容となりますので、予め確認しておく事が求められます。

退職する会社については、今後は関係が無くなる訳ですが、やはり迷惑をかける様な形で去る事は避けたい内容です。

次の職場と関係があるか未確定な状態ですので、円満退職をしておく事は前提になります。

資格の取得後が最適なタイミングです

特定の能力を必要とする職場において、次の活躍を考える人もいます。

全く新しい職種、業界への転職を考える場合には、資格などが必要になるケースも存在します。

資格は、企業が人材を採用する際には、個人が持っている能力の判断材料になるものといえます。

採用を判断する上でも、有利に働く可能性があるものでもあります。

そのため、資格を取得してから、転職を考えるという人も多く見られます。

資格の種類、あるいは個人の能力によっては、取得までに時間を要するケースなどもあります。

この事を考慮すると転職時期は資格取得後という事になってきます。

資格を取得する場合には、予めスケジュールを組んで、効率的に学習するなどの努力も必要になります。

手に職を付けて、国家資格などを目指す場合には、スクールに通学する場合も多くあります。

専門的な知識や技術を習得するためには、日数がそれなりに掛かるという職種なども存在します。

学習方法は、通学に限らず、通信制などの形で努力を続ける方法も活用できます。資格の取得は、将来のためにも役立つものに成り得るものです。

自分で計画を練り、具体的なスケジュールを組んで、今後の見通しを立てていく事も大切なポイントになります。

現在の仕事との両立が大変な場合もありますが、給与をもらう事ができるため、生活基盤を確保できる方法です。

次の企業の採用条件を考慮する事も必要

転職の時期は、思い立った時に行う事ももちろん可能です。

しかし、企業などが求める人材については、年齢が問題になるケースも存在します。

女性に限った事ではありませんが、事務などの場合には特に求められる年齢に制限がある場合も多く見られます。

自分の希望や条件も大切ですが、実際に働く事になる企業にとっての条件なども参考にする必要があります。

この企業に勤務したい、という強い願望がある場合には、企業の採用条件が最も重要になります。

希望する人材の年齢制限などが設定されている場合には、やはりその年齢に到達する前に準備をしておく必要があります

現在勤務する会社がある場合、退職してしまってからだと、以後は収入が無くなる事も考慮しなければなりません。

何らかの補償や手当てなどがあったとしても、期限は設定されます。

賃貸物件で生活をしている人などの場合には、家賃も毎月確実に支払いとして消えていく状況になります。

転職の時期は、退職を考える時であるともいえるのです。退職する以前に、細部までを考慮しておく事が大切になってきます。

余り焦ってもいけませんが、確実に事を進める必要もあるという事でもあります。計画的に、そして綿密に、ベストタイミングを見計らう事が必要です。

転職活動に失敗しないための注意点

これまでの経歴資格などを意識しながら一般企業やお店などに応募する。

自分の経験が活かせる職場を探す

転職活動に失敗しないための対策や秘訣として、自分の経験や経歴などを活かすことが出来る職場や会社を探すことが重要です。

特に30代以降になると、多くの会社や企業では面接者の経歴を重視する傾向があります。

自分の仕事に対する実績について、職探しをする場合には配慮する必要があります。

30代以降で接客経験がない場合には、店舗スタッフや受付などの職種に応募しても書類選考で落とされる可能性が高いです。

また自分の経験が活かせる職場を見つけても、年齢制限や必要資格などの有無についても注意が必要です。

会社の中には年齢制限を設けている事例があり、一定の年齢を過ぎてしまうと応募出来ないこともあります。

また自動車を運転することが多い職種の場合には、応募時に運転免許証を所有していることも条件となります。

特に運転免許証は数日で取得出来るものではないため、就職活動をする上で出来るだけ早めに取得しておく必要があります。

ですが逆に自分の経験に合う職場を見つけることが出来れば、面接時に過去の実績などをアピールすることも可能です。

その場合には経験者として採用される可能性も高くなり、年収や雇用形態などについても交渉がしやすくなります。

応募する時には性別にも注意が必要

2つめの転職時における注意点や失敗しないための対策として、仕事に応募する時に性別をしっかり確認することが大切です。

一般職は性別に関係なく応募出来る仕事が多いですが、中には男性もしくは女性限定という職場もあります。

女性専用のエステサロンへ応募する場合には、求人欄に記されていなくても男性の応募はできません。

逆にメンズサロンの仕事紹介があっても、女性スタッフの採用は実施していないケースも多いです。

また事務職は男性より女性の方が採用されやすい傾向があるなど、職種における注意事項などが必ずあります。

こういった事例に該当する職種の場合には、応募前にしっかりとお店や会社の事業内容を把握することが大切です。

特に性別について記載がない時には、間違って応募してしまわないように注意が必要です。

さらにエステサロンやメンズサロンといったお店では、若い人が採用されやすい傾向もあります。

性別における注意点の他にも、年齢についても同様に注意が必要となります。

場合によっては年齢制限を設けている事例もあり、そのケースでは性別と並行して注意します。

なので就職活動や職探しをする場合には、必ず応募可能な性別であるかも調べる必要があります。

面接動機も間違えないように注意する

3つめの転職活動や職探しにおいて失敗しないようにする注意点として、面接時に会社やお店に応募した動機を間違えないことです。

応募前のミスマッチを避ける目的があり、入社後に意見や考え方の行き違いを避ける必要があります。

特に同じ職種や業界で転職活動する場合において、自分の考えと会社の社風が一致しているか重要です。

面接時にお互いの考えや意見が異なってしまうと、不採用になってしまうことが多いので注意が必要です。

また雇用形態についても間違えないように注意が必要で、正社員なのか契約社員となっているか確認する必要があります。

責任感や与えられる業務範囲が異なるため、間違えてしまうと今後の活動に影響が出てしまいます。

さらに履歴書や職務経歴書については、出来るだけ正確に記入することも重要です。

特に特定の資格や経験が求められる職種の場合には、過去の実績や経歴が重要視されます。

その際に虚偽の記載をしてしまうと、入社後に仕事上のトラブルが起きやすくなってしまいます。

なので虚偽の記載はしないように心掛けて、提出書類の内容は正確に記入する必要があります。

このようなことを意識することで、就職活動や職探しにおいて失敗する可能性も低くなります。

観察力を高めて努力する事

様々な条件をクリアするためには、状況を十分理解し、必要とされる人材になる事が重要です

しっかりと狙いを定める

女性が転職する場合、希望職種や企業を考えるよりも先に、年齢条件が問題になる事があります。

特に事務などの職種の場合には、会社内での役割が企業によって様々な状況となります。

企業にとって、営業マンが売上を作る場合は多いですが、そのサポートをするのが事務職という職種でもあります。

一般的な内容として、社内に在席して細々とした事務処理を行うケースが多く見られます。

事務職の募集広告などにも、年齢を提示しない企業も増えていますが、実情としては年齢制限が存在するケースも少なくありません。

何故かというのは、仕事を通じた社内環境から推し量る事ができます。

営業職などのサポートをする事も主な内容になるため、ある程度年齢が低い人である方が仕事の依頼もし易いという事情なども存在します。

男性の好みという訳ではなく、これからの人材として企業が育てる場合においても、若い人材を育成したいと考える企業は多く見られます。

ですので、資格など、特定の能力が必要とされる企業に狙いを定めるという方法もあります。

英語などの語学力を有していれば、外資系の企業に勤務するという形も候補の一つです。

日本の場合には、会社などの企業はまだ男性社会の気風が残るケースもあります。

資格や特別な能力で対抗するという方法も、女性の転職に有利に働く可能性を見込めます。

求められる条件をクリアしないといけません

女性が転職する場合、あくまでも傾向としてですが、年齢が20代前半であれば比較的働く場所が多く発見できます。

正社員として働く場合には、企業側でも若い人材を会社のために育成したいと考える場合が多くあります。

企業に応募する側が、どうしても特定の企業、特定の職種に就きたいという場合には、やはり企業側からの条件をクリアする必要に迫られます。

年齢に限らず、求められる能力については、現在持つ自分の能力が対応できるかが問題となります。

能力で不足している部分を感じるのであれば、応募までに自分の能力をブラッシュアップする必要が生じます。

企業側が求める内容を、的確に把握する事は重要で、

必要とされる人材になる事が求められます。

一般の企業などではなく、役所などへの就職を目指す人も存在します。

大学を卒業していなくても、大卒程度の能力を有していれば、採用候補として受験が可能なケースもあります。

一般の企業を巡り歩くよりも、役所で採用されれば、将来的な安定に繋がる事をメリットとして選択する人もいます。

役所の場合には、条件なども明確であり、まず公平に行われる試験もあります。

試験をパスするためには、1年などのスクール通いをする人もいる位ですので、ある程度個人によって努力は必要となります。

普段から自分磨きをしておく

女性が転職をする場合に、年齢が条件に当てはまらないケースはあります。

可能性として、海外勤務なども視野に入れる事ができます。

国内企業の中でも、やる気がある人であれば、あるいは語学力を有していれば、採用されるケースが見られます。

やはり、社会情勢として、一般の人の中でも国際交流が増えています。

企業においても、海外の企業との取引をするケースが多くなっている実情もあります。

男性に限らず、即戦力として働ける人の需要も高くなっているのです。

国内企業に加えて、外資系の企業の参入もありますので、候補は国内資本の会社だけではありません。

女性が転職をする場合には、年齢が若い内に行動に移す事も一つの方法です。

他には、自分磨きを日頃から行っておき、特殊な能力を培っておくなどもポイントになります。

つまり、自分のセールスポイントを作っておく事が、採用という面においても優位な立場を確率する事に繋がります。

個人が重点を置く部分は、特定の企業や業務内容として制限される場合もあります。

企業が必要とする部分、自分が希望する内容と照らし合わせながら、的確に進めていく事が大切です。

適応能力は、自分で努力して磨く事もできます。

可能性を広げるためにも、常日頃からの準備が結果を左右する事を頭に入れておきましょう。

40代で転職活動を成功させるための秘訣とは

応募可能な職種と応募出来ない職種をしっかりと見極めることが大切

基本的に自分の経験を活かせる職場を選ぶ

40代の人が他の会社に転職活動をする場合の特徴として、過去の経歴や実績を活かすことが出来る職場や会社を選ぶことです。

若い世代ではないため、この年代では経験者として職場や会社に応募する心構えが必要です。

そのことを意識しつつ、今まで経験したことがない職種に応募しても書類選考で落とされる可能性が高いです。

逆に自分の経験を活かせる職場であっても、年齢制限に該当しないか注意が必要です。

職場の中には、20代限定や35歳以下と年齢制限を告知しているケースがあります。

このような理由が告知される理由として、若年層を育成するために必要な年月となります。

ですが40代の場合には、男女に関係なく未経験者で入社出来る機会が少ないことが現状です。

経験者として入社することを前提にした上で、職場や会社に応募することが重要です。

特に未経験の職場に応募する場合には、年齢不問となっていても不利になることが多いです。

なのでその点をしっかりと見極めたうえで、就職活動や職探しをする必要があります。

また現職に就いている場合には、出来るだけ退職届は出さずに仕事は続けた方が良いです。

次にいつ職が見つかるか保証がないため、無職期間が長引くと収入も途絶えてしまいます。

体力が必要な職種も避けた方が良い

2つめの40代が転職活動をする場合の秘訣として、体力が必要な職種や仕事もなるべく避けた方が良いです。

20代や30代と比較をしていくと、体力面でも衰えはじめてしまう傾向があります。

仮に応募する職種や業界の経験があっても、体力的に継続出来なくなってしまうことがあります。

体力が続かなくなってしまい、結果的に入社してもすぐに辞めてしまう可能性もあります。

そのことも踏まえて、なるべく体力を使用しない事務職やオフィスワークなどを選ぶことが重要です。

事務員やオフィスワークの経験がある場合には、比較的簡単に仕事を見つけることが出来ます。

また夜勤勤務がある職種についても、時間が不規則になりがちなので避けた方が良いです。

特に既婚者の場合には、家族との時間が大幅に減ってしまう可能性が高くなってしまいますので、家族との交流を大切にしている方は夜勤勤務は候補から外しておくといいでしょう。

それ以外にも時間が不規則になるため、体の疲労が解消されにくいデメリットも発生しやすくなります。

タクシードライバーや工場勤務などは、日中だけでなく夜間も仕事を行う事例が多くなります。

なので職探しをする場合において、夜勤勤務がある職場も避けた方が良いです。

以前から夜勤勤務をしていた場合には、体が慣れているため選んでも問題ないのですが、今後の事を考えて、できれば日勤をメインとして職探しをした方がいいでしょう。

人手不足の業界では未経験入社も可能

基本的に40代からの転職活動をした場合において、多くの職場や企業では経験者として採用されることが多いです。

なので未経験で入ることは難しくなりますが、その一方で人手不足の業界については例外となります。

警備業や介護業界などでは、慢性的な人手不足に悩まされていることが特徴です。

これらの業界は資格も不問となっていることが多く、健康な体があれば年齢に関係なく採用することが多いです。

なので応募時に過去の経験がない場合でも、体調が良好であれば採用される可能性が高くなります。

ですが一部注意点もあり、警備員になるためには自己破産をしていないことが条件となります。

警備業法という法律が関係しており、面接時に入念に調べていきます。

そして介護業界に応募する場合にも、一部の施設で有資格者もしくは経験が必要と記載している事例があります。

その場合には未経験者は採用されないため、しっかりと求人要項を確認する必要があります。

またサービス業も人手不足となっていますが、この業界はコミュニケーション力が重視されます。

未経験でも入社可能ですが、その一方で接客が多い仕事となっています。なので清潔感や言葉遣いなどが求められるため、応募する時に注意が必要です。

まとめ

職を選ばなければ転職することは難しくないのですが、こだわると一気に転職は難しくなってきます。

資格を取得済みな場合は、比較的転職しやすく、年齢を重ねるごとに転職する事は難しくなってきます。

若いうちから転職を考えている方は早めに行動するといいでしょう。

現在の会社で資格を取得してから転職を考えるのではなく、資格取得中に転職を考えておくといいでしょう。

スムーズに転職するには前もって計画しておく事が重要です。

この事は年齢、性別関係なく重要ですのでお忘れなく。

転職しやすい職種もありますが、そのほとんどが体力勝負の仕事ばかりです。

若いうちはいいのですが、40代後半の方には非常にこの仕事は非常に非常に厳しいので、できるだけ避けたい所ですね。

そのためにもしっかりと計画性のある転職をしましょう。

関連記事

ページの先頭へ