看護師の転職と優位にある仕事

看護師転職

高齢化社会となり多くのお年寄りは、病院へ通う率も高くなってきています。

さらに、4人に1人は65歳以上というデータもあり、ますます医療の現場は人手不足に悩まされます。

そんな人手不足だからこそ、より良い環境を求めて転職できるのが看護師です。

これからの自分に合わせた条件の良い職場を探したり、地元に根付いた仕事をしたいと考えているのであれば、転職を検討しても良いでしょう。

まずは、看護師という職種であり資格があるという事は、今の時代にとって優位に働けます。

さらに、年齢がある程度行っていたとしても、病院は人手が欲しいので採用される確率も多くなります。

ゆえに、資格があると大いに役立つだけでなく、自分のスキルを上げる事もこれまでやってみたい診療科への移動もできるのです。

もし、転職を希望しているのであれば、ハローワークで探す事も良いでしょう。

ハローワークも地域によっては、看護師専門の求人コーナーを作っているほどです。

また、インターネットでも求人専用のアプリをダウンロードして、いつでも探せるようになりました。

インターネットはとても便利で、今ではパソコンだけでなくスマートフォンでも探せるようになったことや、求人を集約したアプリまで出ているので使い勝手がいいです。

現代のニーズを利用して、職場を変えていきましょう。

それがスムーズにできるのも、今の時代だからできる事なので、待遇面や環境を叶えて次の職場探しをしてください。

看護のお仕事

土日休みの看護師求人を探したいなら

大学病院や総合病院で働いている看護師は、基本的には土日祝日に休むことは出来ません。

いつ急患が来るかわかりませんし、入院している患者の様子を見なければならないからです。

休みが平日だと、十分な家族サービスが出来ないとお悩みの方があれば、思い切って転職することをおすすめします。

インターネットを利用し、看護師求人サイトをチェックすれば、土日祝日でも休める医療機関の求人を見つけることが出来ます。

医療機関の看護師不足は深刻なので、平日だけでも働いてくれるなら助かると思っているところは少なくありません。

大きな病院でその条件に当てはまるところは少ないかも知れませんが、企業専属で働いたり、開業医のもとでもかまわないなら、いくらでも転職先はあるでしょう。

開業医は平日のみに診療を行っているところがほとんどで、土日祝日は休みになっているので、そこで働けば、家族と休日を合わせることが出来ます。

プライベートを犠牲にしなくて済むので、長く続けていくことが出来るでしょう。

大きな病院で働いていた頃に比べると、多少は収入が下がるかも知れませんが、その分、アットホームな雰囲気の中、気楽に仕事が出来るようになります。

どこも経験者は優遇してくれるので、面接の際にはきちんと、これまでどの医療機関で、どれだけの年数を働いていたかを伝えるようにしてください。

スキルの高い人ほど待遇をアップしてもらえるので、履歴書にも忘れずに記入しておくことが大切です。

どのような年代の方がいるかもチェックを

新しい病院に看護師の方が転職を考えている時には、どのような年代の方の働いているか調べてみる事も大切です。

中には20代の女性が中心になっている場合もありますし、50代前後の方が多い場合もあります。

自分の年齢と近い方が多い職場に転職をすると、働きやすさを感じる事ができるでしょう。

特に20代が中心で独身の子ばかりがいる職場だとしたら、30代後半や40代で小さい子供がいる場合熱や学校行事などで休みたいと思っても分かってもらえないかもしれません。

表面上では分かっている風にしていても、休みにくい雰囲気が出ている事もあります。

特に独身の20代の方は自分が何かあって休む事はほとんどないので、しょっちゅう子供が具合が悪いなどと休む事が信じられないのです。

しかしもし自分と似た年代の30代後半から40代の方が多いと、大半が同じように子育てをしている可能性があります。

お互い家族の事情で休む事も多くなる為、理解をしてくれる雰囲気が社内にも流れています。

似たような年代の子供がいる場合は、何か困った時にプライベートな相談もしやすく居心地が良いでしょう。

年代が万遍なくいる大きい病院などであれば問題ありませんが、特に小規模の病院に行く時には自分と似たような年代の女性が多い職場が安心です。

他にも上司はどんなタイプな人なのかや、人間関係はどんな風になっているのかなども調べておくと良いでしょう。

様々な情報を集めて、看護師転職を成功させましょう。

30代看護師の転職について

30代の方で看護師として転職をするのは難しいポジションと言われています。

一般的には20代の方が沢山いる環境であり、30代以上になればベテランのポジションとなってしまうからです。

30代にもなると子供を育てながら仕事を続けたり、またベテランとしてバリバリ働いている方が居ますが、この仕事はプライベートを優先して働いている方が多く居ないのが現状です。

産後であっても交替で働き続けている方が沢山いるので、子供を育てるのを優先して働いている方があまり居ません。

もしそのような働き方が出来なければ病院を退職し、他のパートをしなければなりませんし、まずは特性を知っておくようにしましょう。

30代である看護師は経験が豊富だけでなく、体力が沢山あるので十分に働くことが出来ます。

役割が回ってくるだけでなく、役職も回ってくることがあるため、職場にいる後輩と上手にコミュニケーションを取りながら仕事をする事が大切です。

そして管理職になりたいという理由で転職をしている方が沢山いますが、もし管理職になりたいのならタイミングを逃さないようにしてください。

30代はキャリア組とも言われていますが、もし働き始めるのなら自分のポジションを持ってちゃんと働くようにしなければなりません。

高齢になってくると仕事を変えるのが中々難しいので、転職を考えているのなら早めにすると良いです。

仕事を変えるのは一種のチャレンジかもしれませんが、きっと良い経験になるでしょう。

朝は苦手という方は夜勤専従で働く

昔から低血圧なので朝は苦手という看護師の中で、転職を考えている方があれば、思い切って夜勤専従の募集に応募することをおすすめします。

昼間に働くより、夜間に働いた方が多くのお金をもらえるというのは一般企業だけでなく、医療機関でも同じなので、毎月高い給与を得られるようになります。

まったく同じ時間を働いていても、夜勤には手当がプラスされるので、たとえ短い期間しか働かなくても、かなりの高収入を手に入れることが出来ます。

ブランド品やなどの欲しいものがたくさんある方には、夜勤ほど良いものはないので、求人情報サイトで探してみるようにしましょう。

大学病院や総合病院なら、良い待遇で迎えてくれるところがほとんどですし、夜は病院にいる人の数も少ないので、人間関係が楽だというメリットもあります。

昼間に働くと、大勢のスタッフがいるので、気を使うことが増えますが、夜にはほとんどいないので、それほど人間関係で悩まなくても済みます。

患者さんも入院している人しかいませんし、急患が来ると忙しくなりますが、それも毎回のことではありません。

夜勤は生活リズムが乱れやすく、体への負担もかかりやすいですが、慣れてしまえばどうということはないでしょう。

何よりもたっぷりの夜勤手当がもらえるというのは最大の魅力なので、求人情報サイトで募集が始まったら、すぐに問い合わせるようにしたいですね。

勤務実績が長い人ほど、経験者として優遇されますし、実践に役立つために重宝されますから、安心して転職するようにしましょう。

病院以外で看護師資格が活かせる職場

病院で長く勤めていると、もう辞めたいと思ったり病院以外で働きたいと考える人は多くいます。

看護師そのものを辞めてしまうのは収入面でのデメリットが多く、全く違う業界だと月給も20万を下回ってしまうような職種に就かねばならないケースもまた多いです。

このため病院以外での転職を考える時は今までのキャリアが無駄にならず、かつ活かすことが出来る職場を選ぶと良いでしょう。

例えば福祉系だと介護施設や障害者施設、保育園などの児童関係の施設があります。

ナースの仕事には変わらないですが、それでも夜勤のない場所に勤めれば病院のような辛さは軽減されます。

産業ナースとして大手の企業に就職をすれば資格を活かした仕事が出来、その企業の職員が看護の対象となりますので負担は少なくなるでしょう。

完全にナースとしての仕事をしないというのであれば、医薬情報担当者という道もあります。

これは自社の医薬品を病院や診療所に訪問をして製薬情報を提供する営業職です。

看護師の資格は必須でないのですが、相手は医療従事者なのでより専門的なところでの会話が出来なければなりません。

この時にナースとして働いていた時の知識や経験があれば活用が出来ますし、一目置かれる存在にもなれます。

また資格を活かせるものとして、クリニカルスペシャリストという選択肢もあります。

これは医療関連機器の開発や営業に携わる職業で、資格が必須になっているところが圧倒的です。

最近はクリニカルスペシャリストに転職をする人が多く、人気の職業になりつつあります。

仕事が辛くて辞めてしまいたいと思う気持ちはあれど、安易に辞めてしまうと収入が大きく下がってしまうため出来れば資格を活かした就職をした方が良いです。

未だ女性の職業の中では群を抜いて看護師の収入が高いです。

後悔してからでは遅いですから、後悔をしないようによく吟味をした上で転職先を考えるようにしましょう。

介護系施設への転職のススメ

看護師の転職先として多くの方が真っ先に思い浮かべるのは、病院や診療所などの医療系施設でしょう。

しかし近年では、医療系施設だけではなく、介護系施設も有力な転職先となりつつあります。

なぜかと言うと、高齢化が進んで介護系施設が多く必要とされるようになって施設が続々と新設された結果、介護系施設で働く看護師が不足状態となっており、各施設がこぞって人材確保をしようとしているからです。

売り手市場なので、比較的、採用を勝ち取りやすいのが魅力でしょう。

また、介護系施設では、医療系施設で働く場合とはまた違ったスキルを身につけられるのも魅力的なポイントです。

医療系施設では入院期間が数週間から数ヶ月程度と短めである場合が多いため、なかなか1人の患者さんにしっかりと向き合うことができない場合が多くなっています。

それに対して、介護系の施設では入所者の多くが1年程度は滞在するため、長期的に入所者の健康を見守り、適宜必要なサポートを行っていくことができるのです。

ですから、1人1人に対してきめ細やかな対応をしていくスキルが身につきます。

また、看護系スキルだけではなく、介護系のスキルの習得も可能になります。

介護系施設で経験を積みながら、介護系の資格の取得を行う方も多いです。

そうして、看護系スキルにプラスして介護系のスキルも身につけた人材となると、さまざまな施設で重宝される人材となることができます。

ご興味がある方は、キャリア形成のために介護系施設で看護師として働くことを検討してみてはいかがでしょうか。

看護のお仕事

関連記事

ページの先頭へ