初めてのFX入門講座

FX初心者

FXとは、外国為替証拠金取引のことです。

詳しく説明すると、まず外国為替取引とは円とドルといった異なる2つの通貨を転換する取引のこといい、そして証拠金取引とは証拠金を担保にしてその何倍もの金額を取引することをいいます。

つまりFXは、少ない証拠金で大きく外貨を運用する取引なのです。

たとえば、1ドル100円の時に証拠金10万円で購入しレバレッジを10倍とすると100万円分の取引ができることになります。

その後、1ドルが110円になったところでこれを売買すると110万円となり、レバレッジなしの通常なら1万円のところがなんと10万円の儲けとなるわけです。

そしてもう1つFXの特徴として、金利の高い外貨を持つことで通貨の金利差分を利益とすることができます。

これをスワップポイントといいますが、これは日本が超低金利であり一方世界では高金利なところがあるからで、これを利用しそこにレバレッジをかけて取引すれば、ここでも大きな利益を得ることが可能なのです。

FXの口座開設について

FXの取引をするには、口座を開設する必要があります。

インターネットで資料請求をして、申込用紙に必要事項を記入して運転免許証などの本人確認書類写しを同封してポストに投函すれば、口座開設をすることができます。

では、どこの業者で開設したらいいのかとなりますが、各業者で新規口座開設者向けのキャンペーンを実施していますのでそれを比較する方法もあります。

口座開設して5万円以上の取引をすれば、2万円キャッシュバックしますなど、キャッシュバックを特典としたものが多いです。

運用資金にできますので、還元率の高い業者を選ぶことができます。まわ、スプレッドといって売値と買値の差の狭さが比較するポイントにもなります。

この差はいわば売買手数料であり、この差が狭ければ利益もすぐに上げやすくなります。FXの取引ができる業者には、証券会社とFX専門業者があります。違いとしては、FX専門業者のほうがスプレッドは狭いということです。

FXの注文方法

FXには、多彩な注文方法があります。基本的には、成行指値逆指値の3つの注文方法です。株式投資と同様の注文方法です。

成行注文
為替レートを指定せずにその時にレートで注文をする方法です。
指値注文
レートを指定して注文する方法です。

買いたいレート、売りたいレートを指定します。そのレートに相場がならない限り、注文が実行されないです。

逆指値注文
決済レートを指定する注文方法です。この注文方法のメリットは、損失額をこれ以上いかないように指定ができることです。

その指定したレート以上は損失額が増えないメリットがあります。

FXは、この指値と逆指値を上手に使いこなすことが安定した利益を出すために不可欠です。FXは相場が24時間動いています。

ずっと相場をにらめっこしているわけにはいきませんので、パソコンを離れるときには、あらかじめ指値を設定して注文しておけば、利益確定やおもわぬ大損失を防ぐことができます。

FXと銀行口座は大きく違う

FXを取り扱っているのは証券会社だけです。銀行や信用金庫など、一般的な金融機関では取り扱いしていません。ただし、ネット銀行では取引をしていることもありますので、注意が必要です。

FX口座と銀行口座は開設する方法としては比較的にていますが、役割は大きく異なります。

銀行口座でできることとしては給料振込みや他行へお金を振り込むなどの行動や、通常の預金のほかに定期預金など多数の預金ができます。また、金融機関として様々な公共料金の支払いも可能となっているのも、一般的な銀行ならではです。

しかし、証券会社などのFX口座では一般的な銀行業務はできませんし、ポジションを持っていないとき口座に現金があったとしても金利はつきません。口座開設や維持費などはかかりませんが、ある程度資産がたまったものを他の金融機関へ移す際には費用がかかります

そのため、役割が大きく違うことを理解し、お財布を分けて貯蓄用と日常用で使う用途を変化させている人も少なくないのです。

レバレッジとFX証券会社選び

人によってはFXで一山あててみたいと考えている人は多いのです。

大きく儲けたいと考えている方にとって、レバレッジは重要ですが、証券会社によってある程度上限が決められているため、証券会社を比較サイトを通じて調べてから口座開設している人も少なくありません。

比較的日本国内では25倍のところが少なくありませんが、是は国が法律で定めている数値の際上限となっています。

海外証券会社の中にはFXのレバレッジをかなり高い数値で設定しているところも多いのです。利用するときには様々な業者がありますので、事前にどんなものかを確認してから利用するのが世の常ですが、FXの場合には証券会社が違うだけでレバレッジが倍以上違っているところが国内でも存在いています。

選び方に気を配ることによって、より高い影響を期待できると人気です。海外証券会社でもお問い合わせに日本語スタッフをつけているところが少なくないので、便利といわれています。

FXは24時間いつでも取引が可能

株式投資と違って、FXは24時間いつでも取引可能な投資商品です。

株式投資であれば東証一部、東証2部など海外株式を購入する場合は別ですが、その市場の取引可能時間帯しか株を購入することができないです。

FXの場合は、東京市場が閉まっていてもニューヨーク市場は開いている、ロンドン市場は開いているといったようにどこかの市場が開いていれば取引ができるのです。

そのため、自分の取引したい時間帯に取引ができるのです。注意しなければならないのは、時間帯によって相場状況が異なることです。

どの国が主戦場となっている市場かによっても層がが大きく変わってきます。まったく変動がない時間帯もあれば大きく相場が乱高下する時間帯もあります。

FXは、取引が活発な時間帯が各市場によって異なりますので、自分の得意な時間帯を見つけて取引をすることです。自分の得意な時間帯、得意な市場を見つけることで自分のFXの投資スタイルを確立させていきます。

レバレッジ取引とは

FXは外国通貨を売り買いすることで利益を得ようとする投資商品ですが、日本語の正式名称は外国為替証拠金取引といいます。この「証拠金」とは担保的な性格を持つお金で、FX取引業者に預けることで取引が可能になります。

ただしこのお金は実際に売買を行うための原資ではなく、差額を決済する時にのみ使います。つまり損益を確定しなければ増減しないことになります。

この制度を利用して、FXでは証拠金すなわち自己資金以上の規模での取引ができるようになっています。これをレバレッジ取引といいます。

レバレッジは証拠金に対する倍数であらわされ、たとえばレバレッジ2倍なら自己資金の2倍、レバレッジ10倍なら10倍の取引が可能となります。日本では最高25倍までのレバレッジが認められています。つまり自己資金が10万円なら、最高で250万円の取引ができるわけです。

この倍率は各取引業者ごとに定められており、固定されている場合もあれば口座開設者が選べる場合もあります。

FX取引に伴うリスク

FXは、多くのメリットがありますが、その分リスクも存在します。そのリスクを理解したうえでFX投資をします。

リスク一覧

為替変動リスク
通貨を取引する際、相場は常に動いています。買いから入った場合、購入いしたレートより円安になれば利益がでますが、円高になれば損失となります。
レバレッジ
少ない証拠金でも大きな金額を動かせるのがFXの魅力ではありますが、倍率を高くすればその倍になった分利益も大きくなります。

しかし、損失がでれば損失額も何倍にも膨れ上がってしまうのです。

注文が出せないリスク
雇用統計などの重要な指標が発表される時間帯は、アクセスが集中するためサーバーがダウンすることもあります。

指標発表前に、保持している通貨を手放すかサーバーの強い業者を見つけることです。

リスク回避システム

FXは外国通貨を売買する投資商品ですが、その特徴の1つに差金決済方式を採用していることが挙げられます。これは取引の都度自己資金で売買を行うのではなく、FX取引業者に証拠金を預け入れて損益が確定した場合にのみその差額を決済するというものです。

このため、FXでは自己資金以上の資金規模で投資を行うこともシステム上可能になっています。これをレバレッジ取引といいます。つまり少ない資金でも大きな取引ができるわけです。

このシステムは、自己資金のみで投資を行うよりも大きな利益が得られる一方、損失額も大きくなるリスクをはらんでいます。そのため、各取引業者においては含み損が一定の水準に達した場合は自動的に決済を行う制度を適用しています。

これをロスカットといいます。ロスカットが行われることで投資家は自分の意志に関係なく含み損相当分の証拠金を失うこととなりますが、証拠金では相殺しきれないレベルにまで損失が拡大するのを未然に防ぐことができます。

スワップポイントを得よう

FXは短期的に収益を上げるものと考えている人が多いですが、FXでも長期的な収益を確保する投資方法があります。

それはスワップポイントを狙っていくという方法です。スワップポイントとは通貨の金利の差を言います。

金利の低い通貨を売却して、金利の高い通貨を購入し保有していれば、保有期間に応じた金利が付きます。

外貨普通預金と似ていますが、為替コストが外貨預金をするより格段に安い分、効率的に運用をすることができます。

また、FXには外貨預金にはない特徴もあります。それは、レバレッジを掛けることができるということです。

レバレッジをかければ、当然、もらえるスワップポイントも増えます。レバレッジ2倍にすれば、同期間のスワップポイントも2倍もらえます。

しかし、一方で損失を被った時にロスカットされてしまう可能性も出てきてしまいます。

スワップポイント狙いで取引をする際には、レバレッジは1倍乃至は2倍程度に留めておきましょう。

FXのスワップ金利は業者で違う

FXで長期運用をトレードスタイルとする場合は、為替差益とさらにスワップポイントによる金利収入とWの収益を得ることができます。

このスワップポイントですが、FX業者によって得られるポイントが違うのです。ある通貨のスワップポイントが、1日50円なら1年間365日で18250円になります。

別の業者では1日のスワップポイントが48円なら1年では17250円になります。長い期間保持し続ければ続けるほどこの差は開いてくるのです。

そのためFX口座を開設する際は、このスワップポイントを比較することが大切となってきます。

スワップポイントのたかい業者の傾向ですが、証券会社がスワップポイントが高い傾向にあります。FXの専門業者であるとスワップポイントは証券会社よりも少しだけ低いです。

その替わり専門業者はスプレッドの差が狭い傾向にあります。自分のトレードスタイルが取引回数が少ないのであればスワップポイントが少しでも高い業者を選ぶべきです。

FXのスワップポイント注意点

スワップポイントは、FXが人気のある理由のひとつで、売買を繰り返さなくても通貨ペアを保持しているだけでスワップポイント(金利収入)が入りますので、長期で保有することで効果があります。

高金利通貨であるランドや豪ドルを保有していれば、スワップポイントと為替差益の2つの収入を狙うこともできるのです。

注意しなければならない点は、金利が高いということはリスクが高いということです。政変があれば通貨は大きく価値が下がってしまいます。

長期保有がスワップポイントを得る前提ですので、多少損失がでてもそのうち戻るだろうと思いがちになってしまいますが、急激な円高で10円近く変動してしまうこともあります。

そうなると、運用資金は一気に吹っ飛んでいってしまいます。FXでは、このようなリスクを抑えるためにもレバレッジは低く抑えたり損切り注文も入れておくことが必要になります。FXのスワップポイント狙いはリスク管理も大切です。

FXチャートの種類

FXの値動きはチャートによって表されます。FXに使われる基本のチャートは三種類で、ローソク足とバーチャート、それにラインチャートで順番に説明していきます。

各チャートの説明

ローソク足
日本人が発明したといわれているもので、海外でも使われていますが、特に日本では多く使われています。

一目で「始値」「高値」「安値」「終値」の四本値と、取引が高値で終わったか安値で終わったかが分かるチャートになっています。

このローソクの形や前後の組み合わせを参考にした取引が行われています。またより視覚で分かりやすいように高値で終わった場合には赤色で表示され、安値で終わった場合には青色で表示されます。

バーチャート
海外で多く使われているチャートで、ローソク足同様一目で四本値が分かり、またスリムな形で横幅をとりません。

ローソクとは違い、色分けされることは少ないです。

ラインチャート
これは主に終値を折れ線で表したものです。

情報量は少ないものの取引の流れが一目で分かるようになっています。

FXで勝ちやすいのは順張り取引

FXには無数の取引手法があり、すべて使いこなすのは無理といってもいいでしょう。1〜3つ得意なテクニカル分析を徹底的に学んだ方が勝率も高くなり、徐々に資産が増えていくのが分かります。

無数のテクニカル分析の中でも特にトレーダーに人気なのが指示線抵抗線、トレンドライン取引です。支持線抵抗線の範囲内で価格が推移している時には逆張りで何回も利益を狙えます。また、支持線抵抗線を突破した時には順張りに変更して利益を大きく狙う事も出来ます。

ただ、FX初心者にはどちらかというと指示線抵抗線がブレイクした時の順張りが狙いやすいといえます。逆張りは底値で買い、高値で売る事で大きく利益を狙えますが、いつブレイクするか予想できませんし、大きくブレイクしてしまったらコツコツ稼いだ利益がなくなってしまう事もあります。

また、FXは順張りが王道と言われていますから、トレンドにのった取引がお勧めです。トレンドにのると利益は大きく、損は小さく取引できるでしょう。

FXの取引状況をノートにつける人は多い

ビギナーズラックでいきなり大金を手にした人もいれば、堅実な投資で利益を上げている人もいます。

一方で、相場に参加してすぐに全財産を失う人も少なくありません。一生懸命勉強しても必ず勝てるわけではないのがFXです。

経済アナリストなど、経済のプロなら100パーセント勝てると思っている人もいますが、そんなことはありません。

資産のほとんどを失ったことがあると言う経済アナリストも存在します。とは言え、勉強をせずにFXを始めるのはリスクが高いです。

高確率で損をすると言われています。少しでも勝率を上げるために、FXを行っている多くの人は投資ノートを持っています。

投資ノートには、自分の取引状況などを書き込むのが基本です。ノートをつけることによって、理解が深まるとされ、取引の精度が上がると言われています。

実際、ノートをつけるようになってから、負けることが少なくなった、負けても少額で済むようになったと言う人は多いです。

FXで損切りが上手くなるには

FXは損切りをしないといずれ退場になってしまいます。どの本にも損切りの大切さが書かれていますし、セミナーで損切りポイントを学んだ方も多いと思います。

ただ、頭では分かっていても損切りができない方が多いと聞きます。

FX初心者だけではなく中級者や上級者の方でも損切りで失敗してしまう事があるようです。

ですから、どうしても損切りできない方にはシステムトレードや自動売買に任せてしまう、また、ポジションを持ったら指値と逆指値注文の両方を入れてチャートを見ないようにするのもお勧めです。

チャートをずっと見ているとすぐに利益を確定したい気持ちになってしまいますし、逆指値注文を外したり、ずらしてしまったり、このような失敗経験のある方も多いと思います。

また、FXは曖昧な気持ちでポジションを持つとほとんど負けるので、自信のある時だけエントリーする事で無駄な損切りを防ぐ事が出来ます。経験が長くなると損切りにも慣れてくるので焦らず、取引経験を重ねていくといいでしょう。

FXと株式投資の違い

FXと株式投資、これから投資をはじめる場合どちらからはじめればいいかとなりますが、結論からいえばどちらともいえないです。

どちらもメリットとデメリットがありますので単純に比較ができないです。ただし、取引可能時間となると国内の株式市場は9時から15時の間です。

それも平日の日中ですのでデイトレードを投資スタイルとしたい場合には、仕事をされている方は取引をするのが難しく、常に相場を見ていることができないです。

その点、FXは24時間取引をすることが可能です。日本時間が市場が閉まっている時間帯でも通貨ペア相手国が市場が空いている時間台でしたら取引ができるのです。

これであれば、平日の日中仕事をしている方でも会社から帰宅してからトレードを開始することができます。 むしろ、21時以降の時間帯が一番相場が変動しやすい時間帯ですので、平日の日中にトレードをするよりも夜の時間帯にトレードしたほうがFXは変動幅が大きいのです。

FXは必ずハイリスクというわけでもありません

FXは通貨を交換して差益を得ることを狙う金融商品です。例えば、米ドルと日本円、ユーロと米ドルなどを交換することで儲けを出します。

交換レートが常に変動しているため、一方が安くなったときに買って高くなったときに売ると利益が出ます。

あるいは、一方が高くなった時に売って、安くなった時に買い戻しても利益を出せます。

高い時に売って安くなったときに買い戻すためには、まず売るための通貨を借りる必要があります。

こうした取引を行うため、FXでは証拠金と呼ばれる担保金を差し出して売買を行うのです。担保を差し出すことで、担保以上の通貨を借りて売買を行えるわけです。

こうした特徴から、FXはハイリスクハイリターンであるというイメージがあります。しかし、実際には自分自身で売買額をコントロールしてローリスクローリターンな取引を行うこともできるのです。

例えば100万円の証拠金を担保として100万円分の取引を行えば、負っているリスクはほとんど外貨預金と同じレベルにしかなりません。

FXは円高と円安どちらの局面でも投資できる

FXは、円高と円安どちらの局面でも投資することができます。1ドル100円が110円になる、これは円安です。

1ドル100円のときに1万ドル購入すれば110円になったときは10万円の利益になります。

これは円高に動いてしまうと損失を出してしまうことにはなるのですが、FXではあえて円高になることを予想して売りから入るという投資もできるのです。

1ドル100円のときに売りから入ることで1ドル90円の円高になっても10万円の利益を上げることができるのです。

もちろん相場が予想と反対の方向に動いてしまったら損失を出すことになります。1ドル1万通貨を購入しようとした場合、円高と円安では円高のほうがより安く1万通貨購入できます。

1ドル90円のときに1万通貨購入しようとしたら90万円で済むのです。1ドル110円の円安のときに1万通貨購入しようとすれば110万円の資金が必要となります。

FXでは円安か円高で証拠金がどのくらい必要かも変わってきます。

FXを行う時のテクニカル分析とファンダメンタルズ分析の説明

FXで売り買いする時にはチャートを参考にしたテクニカル分析と、金利政策や経済指標を参考にしたファンダメンタルズ分析を根拠に売り買いします。

テクニカル分析ではFXチャートを参考に、主にトレンドに注目した順張りと値段の反発を予想して取引を行う逆張りがあります。

順張りにはその時のトレンドを表したパラボリックや、相場の帰趨を予想する一目均衡表といったトレンド指標が使われます。

逆張りには終値が移動平均線からどのくらい乖離しているかを表す移動平均乖離率や、市場の過熱感を表した騰落レシオといったオシレーター指標が使われます。

中には順張り逆張り両方に使える手法もありますが、どの手法も万能ではないので、その長所短所を見極める必要があります。

FXのファンダメンタルズ分析では、中央銀行の決定する金利の上げ下げや、貿易黒字や景気の良し悪しというものが参考にされます。

金利が上げられる場合は通貨も上がり、下げられると通貨も下がります。貿易黒字や景気も多くなったり良くなれば通貨は上がり、赤字や悪くなれば下がります。

忙しい人に便利なFXシグナル配信サービス

一時、FXシグナル配信サービスが話題になり、日中チャートを見られないサラリーマンを中心に人気がありました。シグナル配信サービスはFX会社が口座開設者を対象に無料で配信しているもの、トレーダーが配信している有料サービスなどがあります。

サインが出たらエントリー価格や指値、逆指値と一緒にメールで配信されるので、それを確認して注文を入れる事が出来ます。どこでポジションを持って損切りを入れたらいいのか分からない方にも便利なサービスで、配信に従い、淡々と取引する事で利益を出す事が出来ます。

もちろん、いつも勝てるわけではありませんから、ちゃんと逆指値注文も一緒に配信されてくるわけです。配信された内容とチャートを見ていると徐々にどこでポジションを持ったらいいのか分かるようになりますし、ここぞという時にだけエントリーできます。

FXは確信のあるところでしか入らないと生き残る事は出来ません。ですから、取引に慣れるまでこのようなサービスを利用するのもお勧めです。

移動平均線の見方

FX取引で人気のテクニカルというと移動平均線やボリンジャーバンドです。どちらもチャートを一目見て今、トレンドが出ているのか、揉み合い相場なのか判断できます。これからFXを始める初心者はこのような分かりやすいテクニカルから学んでいくといいでしょう。

移動平均線の一般的な捉え方はどの本にも書いてある通り、ゴールデンクロスしたら買い、デッドクロスしたら売りと判断できますが、ここでポジションを持っても成功率は低めです。ゴールデンクロスして買いポジションを持った途端に反転して下落、また、デッドクロスも同じ事が言えますが、移動平均線はもっと早くシグナルを見つける方法があります。

グランビルの法則といい、短期と長期移動平均線を組み合わせて判断しています。買いのパターンが4つ、売りパターンが4つあり、どれもFX初心者に分かりやすいシグナルばかりなので、移動平均線を徹底的に学ぶならグランビルの法則を学んでおくと損はない感じです。

FXシステムトレードとドローダウン

初心者でFXをはじめる方は、まずはシステムトレードを利用してみるのがいいです。

プロのトレーダーの手法がプログラミングされており、相場を自動で監視してくれて取引も自動で行ってくれるシステムです。

自分でFX取引をするよりも、感情を一切排除することができるので安定したパフォーマンスを出し続けることができます。

ただし、システムトレードでFXを運用する際に知っておかなければならないことはドローダウンです。

ドローダウンとは、損失額が資産の何%まで落ち込んだか下落幅のことです。そして、過去最大の損失額を最大ドローダウンといいます。

つまり、この最大ドローダウンを把握しておくことで資産をどのくらい準備しておけば安全にリスク管理をして運用できるかわかる指標でもあります。

それを元に損切りの基準を決めることもできます。システムトレードといっても常に勝ち続けられるわけではありませんので、リスク管理が非常に重要になります。

関連記事

ページの先頭へ