【ゲームセンターCX】有野課長よりもスタッフの方が面白い??

ゲームセンターCX

ゲームセンターCXって番組知っていますか?

私はこの番組のファンで、よく観ているのですが、有野課長はゲームが上手いのか疑問に思うときがありますね(笑

それはそれで面白くて良いので、そのままの調子でゲームをプレイしてほしいですね。

この番組はゲームが上手すぎては成り立たないような気がしますので。上手すぎると撮れ高が無くなりますしね(笑

この番組のメインはもちろん有野課長なのですが、私はこの番組に、たまに出てくるスタッフが好きですね。

こんなにADが頻繁に出てくる番組は他にはなさそうですね。

ここでは、ゲームセンターCXに出てくる好きな番組スタッフを紹介していきます。

スポンサードリンク

菅 剛志 (かん つよし)

番組内でナレーションをしている人が、この人です。

番組中に登場することがありますが、注意しにくるときなので、空気感がピリッとすることも。

またズバズバとしたナレーションが面白く、収録中は有野課長に対して野次を飛ばしていることもあります。

岐部 昌幸(きべ まさゆき)

有野課長に「岐部くん」と呼ばれており、サブコーナでは頻繁に登場します。

年々、太っている印象があり、昔と比べると顔が丸くなったなと感じますね(笑

岐部くんは、この番組の作家をしているのですが、台本を書き忘れるという事態もありました。

元々、台本を忘れるという内容だったのかもしれませんが、面白かったのでよしとしましょう。

個人的には、岐部くんが登場するサブコーナー好きですね。

ファミコンのカセットでかるたをするなど、斬新なアイデアが面白すぎです。

東島 真一郎(とうじま しんいちろう)

ゲームセンターCX初代ADで有野課長のサポート役として活躍していました。

AD卒業後もたまに登場する時もあり、サポートするかと思いきや、ただの日よけ役として、窓の前に立つというサポートをしていたこともあります。

有野課長から気に入られているようで、よくいじられていました。

井上 侑也(いのうえ ゆうや)

イノコMAXの通称で有野課長お気に入りのスタッフです。

たまに有野課長と噛み合わないこともあって、そこが面白い部分でもありました。

その後ディレクターに昇格することにな、ゲームセンターCXでは必要不可欠な存在へとなるのです。

番組中に有野課長がゲームでミスると大きな声で

「アーーーー!」

と叫んでいます。

番組を盛り上げるために、叫んでいるのもあると思いますが、たまに本気で叫んでいるように感じる時もありますね(笑

ADの中ではイノコMAXが番組に1番長いこといるのような気がしますね。

中山 智明(なかやま ともあき)

この人が一番面白いのではないかというくらい謎なキャラでしたね。

人見知りが激しいようで、初登場のシーンでもボソボソと喋っているだけでしたね。

『あんまり人と話さないんで』とも言っており、常にペコペコ頭を下げる仕草をしていました。

ルイージの格好をして、あたふたしているシーンはよく覚えています。

まとめ

ゲームセンターCXはスタッフのキャラが濃いのも面白さの理由ですね。

それぞれに個性があって、有野課長よりもスタッフをメインとして観ている時もありますね(笑

ADが卒業すると報告があるときは謎に悲しくなる時もありましたね。

中山ADはいて欲しかったです。

本当にいるだけでもよかったので(笑

個人的に神回だと思うのは「キャプテン翼」の回でしたね。

ワールドカップ並みにスタッフは盛り上がっていましたし、私自身も密かに盛り上がりました。

また、スタッフ紹介や神回など追加していきますね。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ