カビに最適な環境!?車のエアコンが臭い「エバボレーターに原因が」

車のエアコンが臭い

夏が近づいてくると、車でも冷房を使う頻度が高くなってきます。

私の場合、窓を開けずに、エアコンをガンガン稼働させています。

エアコンを起動させ始めの時は、いつも「カビ臭いな」と感じていましたが、一体何が原因で、車のエアコンが臭くなっているのか?

スポンサードリンク

臭いの根源!エバボレーターがカビの住処に

車のエアコンの中には「エバボレーター」という部品があります。

この部品は冷却と停止を繰り返す役割があるのですが、この役割が匂いを作る根源になっているのです。

ビールなどを飲んでいるときに、時間が経つと、グラスに水滴がついてびたびたになっていることってありますよね?

これと同じようなことが、エバボフィルターにも起こっているのです。

「水滴がつくことが、なぜ、臭いの原因になるのか?」

と、ここで疑問に思うはず。

カビが元気に育つ環境

ここで、登場してくるのが「カビ」です。

カビは湿気を好み、エバボレーターは陽の光も当たらないので、湿気をこもらせるには最適な環境なのです。

湿気がこもるということは、カビにとって、最適な環境に。

家のエアコンにも、黒〜いカビが繁殖しているのと同じで、車のエアコンにもカビが繁殖しているのです。

タバコの煙も車のエアコンを臭くする

これは、なんとなくわかりそうですが、タバコの煙が原因で、車のエアコンが臭くなることもあります。

窓を開けてタバコを吸えば、多少は大丈夫だろう、と思っている吸っている人は多いのでは?

窓を開けて、エアコンの送風を内気で稼働させている場合は、車内の空気を循環させていることになるので、タバコの煙も多少なり、車内を循環することに。

これを繰り返すことで、車内がタバコ臭くなってしまうのです。

車内に臭いが循環することで、エアコンが臭くなってしまうこともあります。

タバコに関しては、車内でタバコを吸わないのが一番の対策方法かもしれませんね。

これで快適ドライブ!車のエアコンの臭い対策

私は、車のエアコンが臭いと感じることはありますが、何か対策しようと考えたことはありません(笑

別にカビとの共存をしたいわけではありませんが、放置することが多いです。

対策方法も一応あるので、気になる方は参考にしてください。

エンジンを切る前に送風にして放置

上記でも言いましたが、冷却することでエバボレーターに水滴がつきます。

できれば、この水滴を拭き取りたいところですが、拭き取るには、車の解体を始めないといけません。

さすがにそういうわけにも行きませんので、自然に常温にして、水滴がつかないようにしておくのがいいかと。

エバボレータを乾燥させて、水滴を飛ばすために、A/Cスイッチを切って、温度、風量をMAX状態の送風にして、5〜10分ほど放置しておくといいですよ。

これをすることで、カビが繁殖することを、防ぐことはできるのですが、毎回家に帰ってくるたびに、エンジンかけっぱなしにして放置するのも、面倒に感じるかもしれません。

ガゾリン代がもったいないと感じる人もいるかもしれませんね。

目的地に着く、少し前に、この状態にしておけばいいのかも。

まあ、1つの予防法としては、使える方法です。

この方法は、臭い対策というか、臭いを未然に防ぐ方法になるので、臭いの元を消すことはできません。

車内を清潔に!埃や臭いの循環を防ぐ

送風を内気で使用する場合、車内の空気を循環させることができますが、車内自体が清潔な環境でない限り、埃や匂いを車内で循環させることになります。

このことを防ぐためにも、車内はできるだけ清潔にしておくことです。

足元のマットレスなどの埃もしっかりと叩いたり、シートがファブリック素材の場合は、掃除機などで、細かい埃、ゴミを吸いとっておくといいですね。

ファブリック素材の場合は、網目の部分に、細かい埃やゴミが挟まってしまうことが多いので、マメに掃除する必要があります。

お金の力ってすごい!グッズで臭い対策をする

お金を使って、臭い対策グッズを買ってしまいましょう。これが一番効果的かもしれませんが、お金は無くなります。

当たり前ですね(笑

私の場合は、グッズを買うことはあまりありませんが、カー用品店に行くと、エアコンの匂い対策のグッズが多数置いてあります。

それだけ、気になっている人が多いということですね。

場所によっては、スーパーやホームセンターにもあるくらいですから。

ここから

「楽天やAmazonの広告がズラッと出てくるんだるうな〜」

と思った人もいるでしょう。

しかし、そのような広告は貼りません。

むしろ、グッズの紹介もしません(笑

実際に、私は買ったことがありませんし、無料できる方法も一応ありますので。

ものすごく気になって、早く改善したい方は、有料のグッズが、いろんな店に置いてあるので、購入するといいですよ(笑

まとめ

臭いの原因としては、エバボレーターにカビが繁殖しているということです。

カビにとって最悪な環境づくりをすればいいので、できるだけ湿気をこもらせないようにすることです。

タバコの煙を車内に循環させることも原因になるので、タバコが大好きな方は、車でのタバコをできるだけ控えるなど、我慢することが対策にもなるので、考えてみてください。

一番良いのは、やっぱり対策グッズを買うことかもしれません。

その道のプロが考えたグッズなので、すぐに効果が出やすいと思いますし。

私は、今後も無料で耐えて、カビとの共存について、しっかりと考えて行くことにします。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ