教習所で教えてくれないこと”知らないと非常識”!?

教習所

教習所に通うことで、免許を取得することができますが、教習所では教えてくれないことは意外と多いのです。

一般道での交通ルールには”暗黙のルール”が存在するのです。

これを知ってないと、非常識扱いされることあるので、知っておくといいですよ。

その暗黙のルールとは?

スポンサードリンク

ハザードランプ

ハザードランプを使った暗黙のルールをしている人は多いと思います。その内容は

  • 感謝していることを伝える
  • 渋滞、事故がある場合、後続車に注意するよう伝える
  • 駐車場で「ここに停めますよ」周りに伝える
  • 視界が悪い時の追突防止

このようなことを伝えるためにハザードランプを点灯させることもあります。

感謝の気持ちを伝える意味があることは知っているのではないでしょうか?

道を譲ってくれた時などに、ハザードランプを点灯させることで、「ありがとう」と伝えることができます。

高速道路で渋滞している場合も、ハザードランプを点灯させます。

これは、後続車に「渋滞しています」と耐える意味もあり、追突防止にもなります。

これは、自分が最後尾の時だけでOK。

駐車場でたまに、ハザードランプを点灯させて、停まっている車がいますよね?

それは、「今からここに停める」と知らせています。

そうすることで、周りの車も対応しやすくなります。

雨が激しすぎるときや、霧が濃い時などにもつけることで、自分の存在を知らせることができます。

この条件下で運転すること自体が危険なので、そもそも、運転しないほうがいいですね。

パッシング

たまに”チカチカ”とパッシングされることありませんか?

「どけどけどけぃ」

”後ろの車にパッシング”されたということはよく聞く話ですが、それ以外にも

  • 道を譲る合図
  • ハイビームになっていることを知らせる
  • ヘッドライトの消し忘れを教える
  • 視界が悪い時の追突防止
  • 取り締まり、ネズミ取りがあることを伝える

といった意味があります。

道を譲る目的で使っている人は多いと思いますが、取り締まり、ネズミ取りがいることを知らせるためにパッシングをしてくれる善人は少ないと思います。

この場合は、対向車がパッシングしてくれるので、「なんのパッシング?」と思うだけで終わってしまうことも。

昼間にライトを点灯させたまま、走っている車がいた場合にパッシングするときもあります。

このように、何かを伝えるパッシングは2、3回ピカピカと点灯させるだけでOKです。

あまりピカピカやりすぎると怒っているような感じが出てしまうので。

バスがパッシングをしているときは、SOSを訴えている可能性があり、バスジャックなどの緊急事態ということ、伝えるためにパッシングをすることもあります。

まとめ

ハザードランプとパッシングは車で会話するためには必要なものですね。

私もお礼をするときはハザーランプを点灯させます。

逆に道を譲ってあげたときに、相手がハザードランプと点灯しなかったらイラっとすることも(笑

まあ、そんなには気にしませんが、いい気分にはなりませんので、お礼はいっておいたほうがいいですね。

特に無理やり割り込んだときは、「ごめんなさい」の意味で点灯させます。

パッシングに関しては、”どけどけ”と”道を譲る”ときに使うことが多そうです。

私は、善人?なのでどけどけは使いません。

逆に使われる側です(笑

このほかにも、その地域独自の暗黙のルールとかもあるかもしれません。

道によりますが、よく渋滞する道であれば、右折レーンに行きやすくするために、”左側に寄る”という暗黙のルールが存在する道があります。

このように、独自のルールが存在するところもあるでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ