フェラーリオーナーの職業って?どんな人が乗っているの?

フェラーリ

スポンサードリンク

フェラーリのオーナーにはどうすればなれるのか

フェラーリの相場価格

イタリアのカーブランドの中でもとりわけ有名なのがフェラーリの車です。

フェラーリといえば高級車、しかもそのデザイン、エンジンの性能ともにファンにはたまらない魅力となっています。

この車に乗っているというだけでも社会的なステータスを得ることができ、ものによっては車一台で一戸建て住宅を買うことが出来るケースもあるのです。

具体的な価格帯については車種やそのグレードによって異なってくるものの、多くは2000万円から5000万円程度の金額で購入することが出来ます。

限定車ともなればさらに価格は吊り上がり、希少価値も高まります。

もちろん、車体価格がそれだけの金額というだけで輸入や運送費、諸経費を加えると多少値段がアップすることもあります。

もちろん、こうしたハイブランドの高級車を乗りこなす人であれば多少の費用負担は気にならないものでしょうが、購入の際には注意しておくに越したことはありません。

そして、こうしたイタリアの高級車を購入する際、これだけの金額が必要になる車ということは、オーナーになる人間にも限りが出てくることになります。

オーナーになるために必要な事、まず第一にそれだけのお金を持っているのかという点です。

購入できる年収、どんな人が購入できるのか

オーナーになるのはどんな人が多いのか、一般的には年収が高い会社役員医師などがその代表として知られています。

確かに、高級車を実際に乗りこなすとなると車体購入はもちろんですが、定期的なメンテナンス維持費が必要になります。

それだけの費用負担を継続的に惜しまない人にしか、こうした高級車は乗りこなせないというわけです。

もちろん、中にはローンを組んで高級車を購入するという人、中古の車体を購入するという人もいるでしょう。

どちらの場合でも一括購入、新車購入に比べればその負担を軽減することが出来ますし、結果的に賢い形で周りからの注目を集められます。

とはいえ、この場合でも一般的な国産車に比べるとその負担は大きくなるため、やはり<ある程度の年収があることが最低条件となります。

では、年収がさほど見込めない人は一生こうした高級車に乗ることはできないのか、結論から言えば一概にそうとは言い切れない部分もあります。

もちろん、自分で購入するのは難しい面も出てきますが、それでも高級車を専門としているカーレンタル店などを利用すれば、少なくとも試乗体験は可能です。

寧ろ定期的なメンテナンス費がかからない分、どんな人でも賢くそのドライブを楽しむことが出来るのです。

維持費やその他のメンテナンス

こうしたイタリア高級車のオーナーとなった場合、具体的にどんな費用が必要になってくるのか、まず挙げられるのが定期メンテナンス、車検代金です。

日本の公道を走る場合には欠かせない検査ですし、これがなければ安心して車体を運転することもできません。

さらに高級車ともなれば必須となる車両保険任意保険です。

一般的に車検を通すのと一緒に自賠責保険には加入するものの、もしもの時の事故のためには任意保険によってプラスの安心を確保していくのです。

この保険に加入しておけば自分が事故を起こしてしまった場合はもちろんですが、自損や当て逃げ、盗難被害などにも対応することが出来ます。

この保険料に関しても月々発生してくることになります。

ちなみに、車検の場合でも保険の場合でも外車ということになればその分、必要になる金額もプラスになる傾向にあります。

車検の場合、外車でも対応可能な業者を事前にリサーチしておく必要があります。

ディーラーであれば問題はないのですが、中古で車体を購入したという場合、業者によっては修理や点検自体が難しいところもあるのです。

高級車の購入を検討する場合には費用にプラスして、こうしたメンテナンスについても考慮していくことが大切です。

フェラーリオーナーの職業は様々

フェラーリのオーナーに関して

フェラーリのオーナーに関しては、お金持ちという印象がありますが、最近では中古や新車でも手頃な価格で購入することが出来る車種も増えています。

オーナーの職業に関しても、以前であれば社長や医者などかなりお金を持っていると考えられる人が大半だったのに対し、最近ではサラリーマンなど一般的な仕事をしている人も増えています。

フェラーリもかなり身近な自動車になり手に入れやすくはなっていますが、購入する際は維持費などもきちんと考慮することを忘れずに。

さらに、高級車ということもあり保管する場所などもきちんと配慮する必要性があります。

高級車も輸入量が増えていることもあり、安い中古車が市場に出回っており、実際に多くの人が、こうした形で購入しています。

ただ、プレミアが付くような車種になればアスリートや成功したベンチャー企業などの社長などが多く、特殊なルートから買うことも多いので成功している人など一部の仕事に就いている場合が多いです。

こうしたタイプの自動車に関しては、様々なランクがあり、コレクションとして購入している人もいます。

保有している人は色々な人がいる

こうした高級車を保有している人は様々な人がいます。

なぜなら、本当にこうした高級車が好きという人も多いからです。

かなりのローンを組んで購入している人などもいます。

スポーツカーはあまり実用性が無いことから、独身で趣味にお金を使える人が購入している傾向にあります。

高級車を購入する場合には、経済的な余裕があるということなどもポイントになっています。

なぜなら、メンテナンスの費用などがかなりかかるということがあるためです。

メンテナンスや修理にかなりの費用がかかるということに関して、高級車の特徴になっています。

スポーツカーや高級車に関しては、仕事の傾向として余裕がある人が大半となっています。

社長や経営者なら、そうした部分を宣伝として利用している人もいます。

メディアに出ている社長や芸能人などイメージを大切にしている人達にとっては、ある種のステータスシンボルとして機能しています。

自動車を購入する際に、ステータスという機能が付随している車種でもあります。

世界的なブランドになっていることもあり、人気があるシリーズは中古でも価値が落ちにくいという部分もあります。

価値が落ちにくいことも、コレクターが多い理由になっています。

保管するなら場所を選ぶ

こうしたタイプのスポーツカーは、きちんと保管する場所も選択することが大事になります。

スポーツカーを利用するなら、こうした価値が落ちにくい車種を選択することは資産としての魅力があります。

保管する場所によっては、傷や劣化などのリスクもあることから、屋内で保管することが一般的なものになっています。

屋内の駐車場なら盗難のリスクなども防ぐことが可能となっています。

盗難のリスクを考慮して、駐車場を決めるということも大切なポイントになっています。

どのような仕事に就いているのかというよりは、どのくらいこのスポーツカーが好きなのかということが所有者の傾向としてあります。

もちろん富裕層が圧倒的に多いスポーツカーではありますが、富裕層とは言い難いような人達にもスポーツカーの所有者はいます。

自動車が好きということや趣味にしているということでも、こうしたスポーツカーの愛好家はたくさんいます。

スポーツカーを乗る上で、仕事の傾向性はあるものの嗜好性の方が重要になっています。

また、若くして成功した社長などは、こうしたスポーツカーを選択する傾向があります。

自分の成功に対する象徴としても利用されています。

まとめ

簡単にまとめると「お金が必要」ということですね。

購入後もお金に余裕がないと楽しく乗れないかもしれません。

お金に余裕がなくても「フェラーリ愛」があれば乗る事も可能です。

車両保険に加入すると年間50万円程必要になってきますし(等級によって変わってきます)燃費も良くないのでガソリン代も必要になってきます。

また保管場所としてガレージは必須で、自宅にガレージがある場合はいいのですが、別で駐車場を借りるとなった場合は、その分のお金が必要になってきます。

お金に余裕がある人は問題ありませんが、趣味として余裕が無い状況で購入する場合は、ある程度覚悟が必要ですね。

あのフェラーリの音を楽しむにはたくさんのお金が必要ですが、乗る価値、魅力は十分にある車であることは間違いないでしょう。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ