好きなことを仕事にして生きる|見つけるのではなく「好きになる」

好きなことを仕事にして生きる

仕事を嫌々している人が多い中、好きなことを仕事にして楽しんでいる人もいます。

嫌な仕事でお金を稼ぐことができますが、好きなことでお金を稼いでいる人が、羨ましく感じますよね?

嫌だと感じている仕事を続けている理由は、その環境が「安定して楽」だと感じているから。好きなことをするには、それを捨てる必要があります。

スポンサードリンク

好きなことで生きている人は一握り

好きなことで生きる 一握り

好きなことで生きている人って、羨ましく感じますが、好きなことを仕事にしている人って少ないですよね?

少ない理由として、「安定」を求めている人が多いから。この、安定を提供してくれるのが「会社」です。

会社で働くことで安定した給料をもらうことができますが、好きなことをする時間がなくなってしまう。好きなことをするのは難しいことなのか?

好きなことを仕事にするのは「勇気」が必要

会社で働くことも簡単ではありませんが、好きなことを仕事にするのも簡単ではありません。

会社で嫌々仕事を頑張っている人が、好きなことを仕事にして生きたいと思い、会社を退職して、未知なる世界へ飛び込むには「勇気」が必要になってくる。

好きなことをするだけなのに勇気が必要になってくるって変な話ですが、意外と、好きなことを仕事にするのは勇気が必要なのです。

勇気が必要になってくる理由は「安定を捨てる」ことになるから。

好きなことを仕事した場合、収入が不安定になることが多いので、会社で嫌々働いている人が多いのが現実です。

実は現実の方が楽?

好きなことを仕事にする場合、勇気が必要と感じている時点で、会社で働くことの方が「楽」だと感じていることになります。

安定感のある生活は人生設計を立てやすいので良いことです。しかし、仕事に不満を持っていたり、本当は好きなことを仕事にしたいと思っている場合は、違う生き方をしたいと考える。

しかし、安定感のある現実を捨てることができなければ、好きなことを仕事にすることはできない。

働くことは楽ではありませんが、「会社で働く」という現実は、先のことを考えると精神的に楽になります。

一握りの人は「追求」することが好き

好きなことを仕事にしている人は、ほんの一握り。それほど、好きなことで生きるのは難しく勇気が必要なことなのです。

収入が不安定でも「追求」することで、楽しみながら仕事をする。嫌々している仕事の場合、追求するまで頑張れませんが、好きなことであれば、とことん追求したくなってしまう。

しかし、中には追求して失敗し、諦めてしまう人もいます。好きだからと言って仕事を続けられるわけでもない。

だから、好きなことを仕事にして生きている人は、ほんの一握りの人数しかいないのです。

ライフ君

好きなことを趣味にすることができても、仕事にするまで本気で好きになったことってないなー。

フレアちゃん

私は、好きなことがあっても仕事にしたくないかな〜。一気に冷めてしまいそう。

ライフ君

仕事にすると冷めてしまいそうなのは同感。趣味を仕事にしない方がいいっていう人結構多いからな。

フレアちゃん

冷めてしまうのもあるし、収入が不安定になるから、毎日不安になってしまいそう。

ライフ君

不安定感を取るか、安定感を取るか。難しいけど、憧れるのは不安定感のある人生だな。

「好き」から始める仕事は続かない?

好きな仕事 続かない

好きなことを仕事にするのは、簡単ではありませんが、憧れたことがある人は多いのでは?

好きなことであれば、諦めることもないだろうと思っている人も多いと思いますが、実は、「好き」から始めた仕事を続けるのは意外と難しい。

好きなことであっても「芯」がブレてしまっては諦めてしまう。好きなことをして、不安定と常に戦うことができますか?

好きだけでは越えられない壁がある

好きなだけでは、超えられない壁が出てくることもあります。飲食店を始めたい場合、資金集めをしなければならない。

しかし、貯金だけで足りない場合は借金することになる。それだけのリスクを背負う覚悟はあるのか?安定を捨てて会社を辞める勇気はあるのか?

意外と、好きなだけでは越えられない壁が次から次へと出てきます。

しかも、その壁を超えたからといって成功する保証はない。「好きだから」という理由だけで始めるにはリスクが大きい。

そのリスクを背負うことができれば、好きなことを仕事にすることができる。

好き→嫌いになることも

好きなことを仕事にしたとしても、好きという理由だけで仕事を続けるのは非常に難しいこと。

好きなことでも壁にブチ当たることもありますし、苦痛に感じることもあります。

その壁を感じた時に、自分の中で壁の存在をどう捉えるのかが、好きか嫌いかの分かれ道になります。

壁の存在を「スキルアップできるチャンス」と捉えることができれば、壁を破壊することができますが、「また壁かよ...うまいこと進まないな〜」とマイナス思考になってしまうと、壁にブチ当たる度にストレスを感じることになります。

ストレスを感じてしまうと、好きなことでも嫌いになってしまう。

やってみないとわからない

好きなことを仕事にしたとしても、実際に始めてみないことには、どうなるのかはわかりません。

実際にやってみると、「思っていたのと全然違う」と思うことも。好きなことでも疑ってしまっては、続けることは難しくなります。

自分との戦いになる

会社を辞めて、好きなことを仕事にする場合、「1人」でノマドワーカー、フリーランスなどで働く人もいます。

このような人たちは、常に1人で戦うことになります。1人で仕事をするので、全てが自分次第になることに。

それは、自分のスタイルで仕事ができるということにもなりますが、堕落してしまう可能性もある。

好きなことでも仕事にすることで、楽しくなくなってしまう可能性があります。

自分の仕事に対するモチベーション維持をしないと、仕事がストップしてしまう。

仕事がストップしてしまうと、収入を上げることは難しい。最大の敵は自分。

ライフ君

好きな気持ちだけで仕事を続けるのは難しそう。かなりメンタル強くないと、好きなことはできないのかなー??

フレアちゃん

メンタルが強いというか、おかしくならないと続かないと思うよ。不安定を楽しむくらいのメンタルがないと、いくら好きなことでも、不安定の中生きていくのは難しそ〜。

ライフ君

不安定になるし、自分との戦いにもなるのか。これでは好きなことが嫌いになるのもわかる気がする...。

ネットで発信する人が増加する理由

ネット発信 増加

最近、ブログやYouTubeなどで情報を発信している人が多くなっていますよね?

ツイッターやフェイスブックは気軽に発信することができ、ネット内で大きな影響力を持つこともできます。

このように、ネットで発信する人が増えた理由はなんなのか?

ネットで「好きなこと」を発信できる

自分の趣味に関する情報を楽しみながら発信することができるので、多くの人が発信している。

私も、このブログで無駄な情報を発信しているわけですが、このように発信することを楽しんでいる人は多いですね。

広告収入で稼ぐ

ブログやYouTubeでお小遣いを稼ぐために、発信して広告収入を得ることができる。これを目当てにネットで発信している人が増加している。

誰でも簡単に場所問わず投稿できるので、好きなことを投稿するにはもってこいですね。

ネット発信だけで生活するのは難しい

ネット発信の場合、「簡単」に始めることができますが、それだけで生活していくのは難しい。

ネット発信1本で生活している人は、ほんの一握りの人しかいません。それだけ厳しい世界ですが、好きなことを仕事にする1つの方法として人気があります。

好きなことを武器にすることができるが、簡単に始めることができるので、簡単に諦めてしまう人が多いのが特徴。

ライフ君

YouTuberは人気があるけど、本当に好きなことを発信しているのか?稼ぐためのビジネス動画を発信している人もいるはず。

フレアちゃん

ビジネス動画でも、動画を発信すること自体がを好きなれば、楽しんで仕事ができるよね。

ライフ君

確かにそうだな。好きなことを仕事にするよりも、仕事を好きになる方向性もアリなんじゃ...。

フレアちゃん

考え方を変えるだけで視野が広がるね。

仕事を好きになることが大切

仕事 好きになる

好きなことがあっても、それを仕事にするのは難しいのが現実。しかし、好きなことをして生きたいと思っている人は多いはず。

しかし、この逆を考えたことがある人は非常に少ない。好きなことを仕事にするのではなく、仕事を好きなる。

この考えを持たないと、好きなことを仕事にしたとしても諦めてしまう。

「結果的」に好きになることもある

私の場合、会社やめて、ブログ、サイト、SEOなど未知の世界にいきなり飛び込んだわけですが、始めた当初は好きでもなんでもありませんでした。

とりあえず稼げればなんでもOKという感覚で始めた仕事。なかなか結果を出せずにいましたが、なぜか続けることはできました。

その理由は、好きになったから。

自分の性格と、今の仕事は相性がピッタリと気づいてからは、仕事を好きになることができ、格段に仕事のスピードを上げることができました。

「結果的に仕事を好きになる」というケースは少ないかもしれませんが、この流れの方が、諦める可能性が低くなることに気がついた。

好きなことを仕事にした場合も、仕事を好きになる気持ちがなければ、好きから嫌いに変わることもある。

仕事をしている感覚がなくなる

仕事を好きになることができれば、仕事をしている感覚は無くなってしまう。逆に仕事をしていないとストレスを感じるレベルになることも(笑

ゲームにハマっている時って時間の概念がなくなってしまう勢いで夢中になってしまいますよね?

それと同じ状態を仕事で発揮することができるのです。

好きなことを仕事にすると「仕事感」が出る

好きなことを仕事にした場合でも、仕事をしている感覚があれば、それはまだ仕事を本当に好きになれていない状態。

本当に好きなことであれば、仕事をしている感覚はなくなります。「好き」から始めた仕事の場合、仕事をしている感覚が意外にもあるのです。

仕事と感じている時点で、その仕事を好きになれていないということ。

仕事を好きになる

好きな仕事をするのではなく、仕事を好きになる気持ちの方が大切になってきます。

その気持ちがなければ、本当の意味で好きなことを仕事をすることができません。

はたから見れば好きなことを仕事にしているように見える人でも、本来は好きでなかったということもあるのです。

仕事を好きになるには、目標、目的を決めて、それに向けて突き進む。そして結果を出して自信つける。その自信が好きになることに繋がります。

ライフ君

好きなことを仕事にしても、仕事をしている感覚があれば、今までと変わりなさそ〜。

フレアちゃん

仕事を好きになることも大切なんだね。仕事をしている感覚がない仕事か〜。そんな感覚経験したことがない。

ライフ君

きむのおっさんなら経験しているかもよ。おい!おっさん!

きむ

ん?

ライフ君

仕事をしている感覚がない仕事をしたことってあるか?

きむ

あるぞ。仕事の感覚がなくなると、脳みそがぶっ壊れる感覚になって、どこへ行っても仕事のことしか考えられなくなる。仕事が唯一の娯楽だな。

フレアちゃん

なんで、そんな感覚にすることができたの?

きむ

仕事がうまくいかなくても「なんとかなる」と思って、楽しむことを意識するうちに、仕事の感覚はなくなっていたなー。

ライフ君

おっさんの場合、単純でバカってのもあるだろ?(笑

きむ

確かに、単純でバカのおかげで、「あれは無理」「これは無理」と考えることはなかったな。

ライフ君

(単純でバカって認めたぞ...)

まとめ

好きなことを仕事にすること自体は難しいことではありませんが、それまでに必要な「勇気」「不安」「収入面」などが、好きなことを拒否してしまいます。

好きなことよりも安定を求めてしまいますが、それほど好きなことをするには勇気が必要になってくる。

しかも、好きなことを仕事にしても、「仕事をしている感覚」がある時点では、本当に好きにはなれていない。

仕事を好きになるためには、真剣に仕事と向き合うこと。真剣に仕事に取り組んでいると、仕事をしている感覚は消えていきます。

好きなことを仕事にして生きるのではなく、仕事を好きになって生きる。

この考えができるようになれば、好きなことがどんどん増えていき、仕事の幅を広げることができますよ。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ