家計簿をつけている人はお金が貯まらない!?

家計簿お金

お金の管理をするために「家計簿」を使っていませんか?

実は家計簿をつけている人の多くが、お金が貯まっていない傾向にあるのです。

なぜ、しっかりとお金の管理をしているのにも関わらず、お金が貯まっていかないのか?

それは、家計簿をつけていることで、お金を操ることができていると思っているからです。

自分の欲求に勝てていますか?

スポンサードリンク

なぜ、家計簿がいけないのか?

家計簿でお金を管理することはいいことなので、決して否定するつもりはありません。

しかし、家計簿をつけている人の多くがお金が貯まっていないことも事実なのです。

それはなぜか?

欲求に負けているからです。

家計簿をチェックしているときに、

「今月も赤字だな〜」「また余計な出費があったな〜」

と振り返ることができますよね?

この振り返っていることが、お金がたまらない習慣が身についていることになるのです。

無駄遣いした後に後悔する

お金が貯まる人は家計簿をつけなくても、自分で自分をしっかりと、操ることができているので、無駄な出費がないのです。

何か欲しいものがあった場合は、本当にこの商品が必要なのか、じっくり考えます。

「この店より安いとこはあるか」「将来的にみて本当に必要なのか」と考え、必要であれば買い、必要でなければ買いません。

一方、家計簿をつけている人は、チェックしている時に

「これは無駄な買い物をしたな〜」

とチェックしている時点で気づくことが多いのです。

気づくことは大事なのですが、気づくのが遅いのです。

これを習慣にしてしまうと、商品を買う時や、サービスを受ける時などに考える力が衰えてしまいます。

家計簿をつけることよりも、自分の欲求について、よく考えるようにするといいでしょう。

家計簿をつけるとお金が貯まるのか?

家計簿をつけても、お金は増えません。

逆に家計簿を買った時点で減っています。

家計簿で自分のお金の管理、チェックしても使える給料が増えない限り、使えるお金は変わりません。

お金が貯まらないことに力を入れてしまっているのです。

この家計簿をつけている時間をトータルすると、意外ととんでもない時間になります。

その時間でお金を生み出すことができたかもしれません。

また、家計簿をつけていることで、お金がたまらないことに気がついてないことも、お金がたまらない理由なのです。

このようなタイプの人は時間を無駄にしてしまう傾向が強いのです。

「時間は人生において最大の武器」

になるので、時間を無駄にしない習慣を身につけることが大切になってきますね。

お金持ちの人で家計簿をつけている人は、私が知っている中ではいません。

お金があるから、家計簿をつけていないのではなく、家計簿からお金が生み出されないと、無意識にわかっているのです。

まとめ

確かに、家計簿でお金の管理をすることはできますが、お金を操ることはできていないことがほとんどです。

これでは、お金を管理しているのではなく、お金を管理しているつもりになっているだけです。

家計簿をつけていることでお金が減っていくわけではありませんが、私は知人や家族などにオススメすることはないですね。

家計簿つける時間があるなら、記事を書いて小遣い稼ぎするなど、お金が増える方法を探した方がいいでしょう。

上記でも言いましたが

「時間は人生において最大の武器」

なのです。

この武器を存分に活かした生活習慣を身につけることが、大切ということです。

お金を管理するのではなく、お金を生み出すことを考えるといいですよ。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ