アクセスが激変することも|サイト、ブログのページタイトルの付け方

サイト ブログ タイトル

サイト、ブログを作成する際に、記事ごとにタイトルとつけていきます。

まさかタイトルなしでサイト、ブログを作成していませんよね?

このタイトルの付け方は非常に重要で、ユーザーを引き付けるようなタイトルにしているか、していないかでアクセスが激変することもあります。

キーワードのみのタイトルの場合、怪しげな感じもしますしね(笑

まあ、キーワードのみのタイトルでも、検索上位に入ればアクセスを稼ぐことができ、稼ぐこともできます。

しかし、しっかりと考えてタイトルを付けていれば、よりアクセス数を伸ばすことができるのです。

タイトルの付け方を甘く見ないようにしましょう。

スポンサードリンク

狙ったキーワードは絶対に入れ込む

タイトルを付けるときに、狙っているキーワードを入れることは最も重要なことになってきます。

キーワードを入れていないと、検索上位に持ってくるのが、ものすごく難しくなってしまうので。

検索上位のこと以外にも、ユーザーに対して、「私のサイト、ブログの内容は、こんな内容ですよー」と伝えることができます。

サイト、ブログのことを考えて、タイトルにキーワードは絶対に入れ込んでください。

タイトルでコンバーション率が変わる

キーワードをタイトルに入れるだけでも、ユーザに対して、検索エンジンに対して、ある程度内容を伝えることはできます。

例えば「アフィリエイトで稼ぐ方法」といったタイトルの場合、”アフィリエイト 稼ぐ”のワードで検索上位に持ってくることはできるかもしれませんが、タイトル自体に魅力はありませんよね?

この場合、”アフィリエイトでどうやって稼ぐのか”をタイトルで簡潔に伝えておくといいでしょう。

「単価の安い広告は選ぶな!アフィリエイトで稼ぐ方法」

のように、そのサイトの記事が、どのような内容になっているのかを簡潔に伝えることで、ユーザーの質が変わってきますし、ユーザーの質が変わることでコンバーションするか、しないかも大きく変わってきます。

あと「単価の安い広告は選ぶな!」という言葉が入ることで、タイトルのインパクトが出ますし、このワードでもアクセスを拾うことができます。

タイトルは32文字以内!長すぎるのはNG

タイトル部分で、できるだけ伝えようと考えすぎて、長くなってしまうこともあるでしょう。

しかし、サイト、ブログのタイトルは”32文字が最適”とされているので、この数字以上のタイトルを付けるのはやめたほうがいいですね。

当サイトでも、長すぎるさサイトのタイトルがあり、

サイトタイトル

このように、最後の部分が「...」と省力されるようになってしまうのです。

これを避けるためにも、タイトルの文字数は32文字以内に抑えることを意識するといいですよ。

32文字ピッタリしなければいけない?

上記でタイトルに最適な文字数は32文字と言いましたが、全てのページのタイトルをピッタリ32文字にする必要はありません。

32文字を超えてしまうのは、よくありませんが、32文字以内であれば、大丈夫なので、30文字前後でタイトルを考えるようにするといいですね。

上記の画像は長めのタイトルになっていますが、忘れてくださいください(笑

32文字内で魅力的なタイトルと付けることで、アクセスが変動することもあるので、タイトルのつけ方は重要になってきます。

前半に「説明」後半に「キーワード」

タイトルはキーワードを入れ込むことが重要なのですが、ユーザーが引き込まれるような、「説明」を入れることで魅力的なタイトルを付けることができます。

「単価の安い広告は選ぶな!アフィリエイトで稼ぐ方法」の場合ですと、「単価の安い広告は選ぶな!」で記事の内容を簡単に説明していることになります。

後半部分に「キーワード」を持ってきます。

このようにタイトルの形を決めておくことで、タイトルを決めやすくなりますよ。

魅力的なタイトルに「魅せる」方法

タイトルのキーワードや文を考えること以外にも、魅力的にさせる方法はあります。

その方法は

  • 「!」「?」と入れる
  • 「|」で前半、後半を区切る
  • かっこ類で区切る
  • 感情を入れる

このことをするだけでも、タイトルの見た目を変えることができます。

「単価の安い広告は選ぶな!アフィリエイトで稼ぐ方法」の場合、「!」が入っていることで、注意を促す効果プラス”文を区切っている”ことになっているので一石二鳥の効果になることも。

前半に説明を入れるタイトルであれば、「!」で区切りやすいですね。

また、「美味すぎる!」といった”感情”を前半部分に持ってくるのもアリです。

かっこ類で文字を囲うだけでも、タイトルの見た目の印象がかなり変わってくるので、こういった意味のない文字を入れることも重要になってきます。

これは、SEO的には意味はありませんが、「魅せるためのタイトル」を付けるためには必要になります。

見出しは第2のタイトル!

タイトルを真剣に考えるのは重要なことですが、それ以外にも、”見出し”も重要になってきます。

見出しは第2のタイトル部分になってくるので、タイトル並みに考えて損はありません。

また、見出しはSEO的に考えても効果的なので、できるだけ関連したキーワードを入れるようにすること。

見出しに関しては32文字を意識しなくていいのですが、あまり長すぎるのも、ユーザ目線で考えて、鬱陶しく感じてしまうので、やめたほうがいいですね。

私は10〜20文字を意識していますが、たまに長くなってしまうことも(笑

まあ、タイトル並みに考えてはいますが、案外適当な時もありますね。

流し読みをする人を「流させない」

サイトやブログを見ている人の中には、流し読みをしている人もいます。

私もサラサラと流し読みをすることが、たまにありますが、目に入ってくるのは、本文よりも見出しです。

なので、見出しを読んでいる状態になっているので、”見出しが魅力的でないと、本文すら読まれない”可能性があるのです。

流し読みをしてくれる人を、さらに引き寄せるためには、見出しに魅力を持たせるしかありません。

しっかりと読んでもらって、リピーター、ファンになってもらえるよう、見出しで引き寄せて、本文をしっかりと読んでもらうことを、考えるようにするといいですよ。

まとめ

タイトルを簡単に考えてはいけません。

サイトの入り口にもなるので、しっかりと考えてタイトルことを考えるといいですよ。

魅力的な入り口を作って、中身も魅力的に。

タイトルにはいろんな要素が絡んできます。

また、文で伝えるだけでなく、魅せることで、他のサイトと差別化することができるので、注目を浴びやすいタイトルを考えていくように。

自分のサイトが、チヤホヤされるようになりたいですよね?(笑

そうなるためにも、タイトルはめちゃくちゃ真剣に考えてくださいね。

スルスル〜と、流されるような寂しいサイトは私だけで十分です!

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ