サラリーマンが副業で稼ぐ!会社にバレずに5万円・20万円稼ぐ方法

サラリーマン副業

副業が許可されているならするべき

まずは会社に確認してみよう

本業を持っていても、お金が足りないと時ってありますよね?

どうにかしてお小遣い稼ぎをしたいという人は、副業を考えてみましょう。

ただし、サラリーマンの場合、原則的に副業は禁止されています。

通常はできません

ところが、最近は本業だけで食べていけないという人が増えてきていることから、許可している会社も増えてきているのです。

まず、自身の勤めている会社では許可されているのかどうか、確認してみましょう。

会社によっては、会社の方から、やってもいいと言ってくれることがあります。

ボーナスや退職金を出せないという中小企業に多くなっていることから副収入を得ようと考えている人は多くなっています。

許可されているのなら、早速、いろいろと仕事を探してみましょう。

もちろん、本業をおろそかにすることはできません

本業を休んでまで行うことはできないので、空いた時間を有効活用できる仕事を探します。

通常、土日や祝日などの休日だけできる仕事を探すことになります。

いわゆるアルバイト的な感じで探すといいかもしれません。

短時間の仕事なら、空いた時間を活用でき、夜勤といった方法もあるので、睡眠時間に影響が出ないような仕事を探してみましょう。

インターネットを使った仕事(ネットビジネス)も最近は増えてきています。

どんなものが手軽にできるのか

サラリーマンの場合、平日はみっちり会社で働くことになります。

そのため、副業をするとしたら帰宅後の数時間だけです。

もしくは土日や祝日の休日を利用するしかありません。

このような短時間だけの仕事というと、かなり限られてきてしまいます。

移動時間も含めてできるような仕事を探してみましょう。

比較的、誰でも手軽にできるものとしてはインターネットを使った仕事です。

スマートフォンを持つ人が多いため、移動時間にインターネットで懸賞サイトに登録してみましょう。

メール受信だけでポイントを貯められるサイトもあります。

これなら空き時間にいつでもできて便利ですが、お小遣い程度にしかなりません。

もっと稼ぎたいというのなら、投資がお勧めです。

投資といってもいろいろあります。

FXや不動産、株といったものが代表的です。

どれも初心者でも始められるので、まずは情報を収集してみましょう。

損をすることが怖いという人は、アフィリエイトといったものもあります。

私自身、このアフィリエイトで生活をしていますし、好きな時間に作業することができるのでおすすめです。

アフィリエイトの仕組みは、専用のブログやホームページを作成し、そこに貼ったバナー広告からマージンを受け取るといったものです。

これなら損をすることもなく、自動的にお金が入ってくるのでとても楽な方法と言えます。

副業としては楽な仕事ですが、簡単に稼げるとは思わない方がいいでしょう。

関連記事
情報収集が重要となる

いずれにしても、サラリーマンが副業を始めるのなら、情報収集が必要です。

本業に支障が出ず、気軽にできる仕事を探しましょう。

また、長く続けられるものなら、ある程度の収入に繋がることもあるので、長い目で見てみましょう。

最近はマンション経営も人気となってきています。

自身が大家になるというわけです

大家になれば家賃収入を、毎月得る事が可能ですので、まさに副収入となるのでピッタリのお小遣い稼ぎです。

しかも、家賃は毎月一定額が入ってきます。

入居者が引っ越さない限り、ずっと定期収入となるので効率的で、マンションなら戸数も多く、毎月、数十万円の定期収入も夢ではありません。

ただし、最初にマンション投資をすることになります。

マンションを、一棟、投資することになるので、ある程度の資金が必要です。

また、大家になるための知識を身につける必要もあります。

このように、どんな投資を始めるにしても、予備知識は必要になり、情報収集量が重要となってきます。

投資によっては無料セミナーが開催されているものもあるので、いろいろと参加してみましょう。

副業で5万円稼ぐには?

アルバイト

サラリーマンが副業を考える事があります。

どうしても、今お金がほしい、あるいは将来に向けて貯蓄をしていきたい、などの理由も多い内容です。

明確に、月5万円という数字を打ち出した場合、方法は個人の生活環境により違ってきます。

仕事をしながら、他での収入を得る形としては、時間の制約を考える事になります。

9時から5時までのメインの仕事がある場合には、夕方から自分の身体を他の仕事に投入できるかが問題になります。

残業なども無いという人であれば、時給900円の仕事で、3時間位を毎日5日程度継続できれば、月5万円稼ぐことができます。

毎日の勤務が難しい場合には、時間や体力が許す範囲で一回の時間を長くし、勤務の日にちを週何日かに分ける事も可能です。

地道にアルバイトなどで働く場合には、体力が必要になってきます。

文字通り体力が資本になります。

他の考え方としては、時給の数字を大きくする働き方があります。

夕方以降で、時給を上げるには、接客業が含まれます。

特に女性の場合には、スナックやキャバクラなどは、時給が高くなる傾向があります。

時給が高くなれば、勤務日数を減らし、効率的に目標金額を達成する事に繋がります。

マンション経営

サラリーマンが、副業で絶対に5万円の確保を考えた場合、例えば現在の貯蓄額によってはマンション経営なども候補の一つです。

動かせる金額によって、マンション一棟を購入する、あるいはマンションの一室を購入して賃貸物件にする事も可能です。

マンション経営の場合、初期段階のステップもポイントになります。

一棟で管理する場合には、個人で諸々の作業をするのに手間と時間が掛かり大変でもあります。

管理会社と契約を結ぶ事で、経営における細かい作業をしてもらう事ができます。

普段の生活は、自分はサラリーマンとしての仕事をこなしながら、マンション経営による収入を得る事が可能になります。

一棟の場合と、一室の場合では、先行投資する金額にも大きく違いが出ます。

個人の貯蓄によって、将来性を見込みながら、副業を始める事になります。

部屋を人に貸し出す訳ですから、物件の状況により、収入の数字にも差が出る事は想定されます。

自身が働くアルバイトなどよりも、先行投資の数字が大きい分、5万円の確保もクリアできる可能性が高くなります。

賃貸物件を取り扱う場合には、部屋を借りる人が存在してこそ、収入に繋がります。

管理会社を介在させるなどは別としても、空室を作らない様に工夫する事は求められます。

リサイクル品

サラリーマンの場合には、社員として特定の企業に従属する事になりますが、企業では、社則などが存在している場合も少なくありません。

内容によっては、副業などが禁止されている項目が、明確に示されている場合もあります。

所属する会社に見つかった場合には、何らかの罰則が加えられる可能性を考慮しておく必要もあります。

2箇所からの収入があると、何かの形で本来の仕事先に他で働いている事を知られてしまう可能性にも注意が必要です。

責任がとれる範囲で、5万円の収入なども目指す事が可能になります。

万全な準備を整える事も必要になるといえます。

毎月という形ではなく、一時的な副業として、5万円の収入を目指す場合には、自分が所有しているものをリサイクルに出すなどの形で収入を得る事ができます。

ブランド品などを多く所有している人の場合には、数万円単位で買い取ってくれる可能でが高いでしょう。

ブランド品は、バッグなどに限らず、女性の場合であれば化粧品などのコスメグッズも売り買いが可能になります。

ブランド品の強みは、使用したものでも、買い手がつく可能性が高いことから高値で買い取ってくれるところが多いですね。

他にも、サイトを利用して、手軽にリサイクル品による収入を得る事も可能です。

副業で20万円稼ぐには?

自分の労働力を活用

サラリーマンとして働いている人が、副業で20万円の収入を目指す方法は、資本がカギになるといえます。

体力がある人であれば、アルバイトなどを掛け持ちする事で、自分が働ける時間を費やして稼ぎ出す事ができます。

アルバイトの種類は、個人の年齢によって制限が出る可能性もありますが、コンビニの店員であれば、幅広い年齢層の方が採用されますので、副業としてすぐに働きやすいでしょう。

体力を使う業務もあるため、本職との兼ね合いで、どれだけ自分の体力が活用できるかにかかってきます。

通常で考えると、本職での拘束時間があります。

9時から5時とすると、昼のランチタイムも含めて会社に在席する時間は8時間の拘束になります。

次の場所への移動時間を含めて、大体夕方6時から夜の11時辺りまでの5時間を副業に費やす事ができます。

平日の5日間だけでは10万円弱になってしまうため、土日に別の時給が高い仕事をこなすなどの形になります。

以上は、あくまでも個人が自分という資本を活用して、時間の許す限り働くことができるケースです。

正確に数字を達成するためには、時給と時間を換算しながら、更に自分の生活スタイルを考慮する必要があります。

職種についても、夕方からできる業務内容を選択する事になります。

投資する

サラリーマンの場合には、副業を行う場合にも、やはり会社での拘束時間が大きなネックになる事があります。

その点で、お金という資本金を有している場合には、不動産を購入した活用方法なども行えます。

20万円という金額については、不動産を賃貸物件として人に貸し出した対価として、賃貸収入で賄う事ができます。

初期費用が大きく掛かる事になりますが、回収及び利益に繋げていく事が可能な方法です。

アパートやマンションを一棟購入して、一部屋を5万円で貸した場合には、4部屋が満室状態であれば20万円の収入に繋がります。

単純な内容とは言い切れませんが、本職をこなしながら、時間と手間を省ける内容として行えます。

アパートやマンション経営は、効率が良い稼ぎ方であるとも言えます。

時間の拘束を少なくするための方法としては、他にも株式投資などがあります。

この場合には、当初から大きな利益が見込めるとは限りません。

変動相場が大きく関係する事になります。

確かに大きな金額を投資すると、リターンが大きくなる可能性などはあります。

株式投資は、社会情勢を十分理解して行う必要があり、専門知識もある程度は必要になります。

失敗するケースもありますので、確実な収入に繋げるためには、学習時間と実務による勉強期間も要します。

銀行や投資会社などの意見も参照できますが、最終的には自己責任の元に数字での結果を受け止める事になります。

サラリーマンが副業した場合の確定申告

サラリーマンの仕事以外の収入

会社で働いている人がそれ以外の仕事をする時は、色々な違いがあるのでよく調べてから対応をした方がいいです。

まず会社以外で仕事をする場合は、会社がそのような事を認めているのか確認をしなければいけません。

このようなことは会社との契約書に書かれていることが多いですから、会社以外の仕事をしていいのか確認することは大事です。

会社以外で仕事をしても会社には分からないという人もいますけど、実際は税金の処理の段階でわかってしまうことが多いのです。

そういう所があるので会社以外の仕事をするときは最初に、そのような仕事をしていいのか確認をしなければいけません。

会社の規定で仕事をしても良いとわかった場合は仕事ができますけど、この時に重要になるのが税金対策です。

会社で働いている時は税金の処理を会社がするので、基本的に自分で何かをする必要はありません。

しかし会社以外の仕事では自分で税金の手続きもすることになるため、税金についても理解をしておく必要があります。

ただしそれほど大きな金額を稼いだのでなければ申請の必要はなく、20万円以下ならば申請をしなくても問題ありません

それ以上の収入があれば申請をする事になりますが、申請をするときは必要な書類を用意しなければいけません。

どの程度まで副業で稼いでいいのか

会社以外の仕事でお金を稼ぐ時は会社にわからない形でしたいこともありますが、そういう時に基準になるのが税金です。

会社以外の仕事の収入は20万円を超えると申請の必要があるので、それ以下ならば会社に分からないようにもできます。

ただし確実にできるわけではないのでこのような形で行うのはリスクが高く、あまりお薦めはできません。

副業で稼いだ時の金額が20万円以上になった場合は、税金の申請をしなければいけません。

そういう手続が面倒な場合は20万円以下にしておくことで、税金の手続きをする必要はありませんので、20万円以下にしておくといいでしょう。

このようなことに対しては税金の手続きをしなくても分からないのでは、と考えている方も多少は存在しています。

しかし何らかの形で収入を得ていた場合は、その仕事をした先の業者が税務署に報告を出すのが一般的です。

そのため自分で手続きをしなくても役所は知っているわけですから、放っておくとトラブルのもとになりやすいです。

メイン以外の仕事でお金を稼ぐときは20万円以下ならば申請の必要もなく、特に税金の対策をしなくてもすみます。

税金の申請をするときは確定申告の手続きで行いますけど、この申請はネットからでも可能となっています。

提出しないと問題になりやすい確定申告

サラリーマンが別の仕事をしていて20万円以上お金を稼いだ時は、その稼いだことについて申請をしなければいけません。

このような情報は収入を得た副業先から情報が流れているので、役所は知っていますから誤魔化すことはできません。

そして手続きをするときは複数の仕事先の書類を集め、それをまとめて税務署に提出することになります。

このような手続きはある程度手間になりやすいので放置をする人もいますが、そのような行為は問題になりやすいです。

税金の手続きをしないまま放置をしておくと、自宅や会社に連絡が来ることがあるため注意が必要です。

自宅の場合はまだなんとかなりますけど、会社に連絡が来た時は色々なトラブルになります

トラブルを回避するためにも、このような手続きはしっかり行って、問題が起こらないように対応することが大事です。

またこのような申請は投資などの収入であるか、給与の収入であるかによって判断が変わることがあります。

投資の収入は雑所得として処理をされますが、アルバイトなどの収入はサラリーマンの所得と合わせて計算しなければいけません。

このような所があるので会社以外の仕事をするときは、税金対策をどうするか考えておくことが大事です。

関連記事

ページの先頭へ