「失敗する人は成功する人」って知っていましたか?

失敗する人

仕事などで失敗することはダメなことと教えられていませんか?

ほとんどの人は「失敗はいけないこと」と思っているでしょう。

なぜ、失敗することは許されないのか?

私は失敗することは非常にいいことだと思っています。

それは、失敗することから得られる知識は、”誰かに学ぶことよりも大きなもの”だと知っているからです。

スポンサードリンク

失敗してもいいんです!

何かにチャレンジすることには勇気が必要です。

チャレンジする前は色々と考えてしまいますよね?

「もし失敗してしまったら...」

「成功できなかったら...」

といったように、マイナス思考になりがちです。

私は変態ですので、なんの根拠もなく自信を持って、物事に取り組むことができますが、変態でない人は考えてしまうでしょう。

それが普通なので気にしなくてもいいのです。

そのマイナスな思考を破ってチャレンジすることに意味があるのですから。

本気でやりたいと思ったことをしているだけで、もう勝ち組なのです。

少数派になることが成功の秘訣

この日本中で本当にやりたいことをしている人は、少数派です。

この少数派になることには非常にエネルギーが必要になってきます。

家族や友人などから「そんなこと無理に決まっている」と言われるかもしれません。

しかし、反対されるからこそ、やる意味があるのです。

反対されるということは、まだ誰もがしていないことに挑戦するということですよね?

なので、ライバルがいないので逆にチャンスということになるのです。

失敗は無駄ではない

初めはノウハウもありませんし、失敗ばかりするでしょう。

失敗ばかりだからやめてしまう気持ちも出てくるでしょう。

ここで諦めては、今までやってきたことが無駄になってしまいます。

失敗を繰り返すうちに、何が駄目なのかがわかってきます。

繰り返し繰り返し失敗することで、無駄をなくすことができます。

失敗は何事においても必要なのです。

失敗から得られるもの

失敗から得られるものは計り知れません。

挑戦、失敗を繰り返すことの価値は非常に大きいもので、後に、この失敗が武器になるのです。

独自のノウハウを身につけることができれば、それは、誰にも真似できないことであり、失敗から得たものでもあるのです。

このように、失敗することで、自分にしかできないスキルを身につけることができるようになります。

”失敗することはダメなこと”という考え方の方が間違っているのです。

そもそも人間は失敗をする生き物です。

同じことを繰り返し失敗をするのは、考えものですが、失敗しないということはあり得ないのです。

失敗を恐れている人は、”失敗から得られるものの価値を知らない”のです。

プロ野球選手は失敗ばかりしている

プロ野球選手が失敗ばかりしているって知っていましたか?

野球ファンの方は知っていると思いますが、プロ野球選手は3割ヒットを打つことができれば一流選手です。

しかし、逆に考えると”7割ミスをしても一流選手”になれるのです。

プロの人でもミスばかりしているのです。

あの有名なイチロー選手でさえ、全盛期でも6割以上ミスをしていたのですから。

このように逆に考えると、ほとんどの人が案外ミスばかりしているのです。

”絶対に成功させる”という気持ちは大事なのですが、絶対にミスをしないことは、まず不可能でしょう。

なので、挑戦していることを10割成功させようと考えないことです。

そのような考えを持っていると、もし失敗した時に諦めてしまうので。

その気持ちは大事なのですが、気持ちだけにしておいて、気楽に3割バッターを目指すといいですよ。

このように、気楽さもなければ”継続することは難しい”でしょう。

私なんか、100球中にヒット1本くらいの感覚でしか、成功を経験していませんから(笑

1%の成功のために日々行動しています。

まとめ

挑戦することは素晴らしいことです。

その挑戦を応援してくれる仲間がいる場合は、最高の環境で挑戦することができるでしょう。

挑戦することは少数派になるということなので、普通の考えを捨てなければ、成功することは難しいでしょう。

しかし、失敗を恐れていては、何もできませんよね?

「あれやりたい、これやりたい」と言って何もしない人より、何かに挑戦している人の方が、私はかっこいいと思います。

失敗した場合は、そのことをメモして、次は失敗しないようにすればいいのです。

このように失敗を繰り返し、自分を精錬し続けることが大事なのです。

”失敗することは素晴らしい”ということを忘れないでください。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ