給料日にお金を”使ってしまう人”クレジットカードで買い物を”してしまう人”

給料日

給料日になると、お金に余裕がでてくることから「飲みにいこー」とか「今月頑張ったから何か買おう」とお金を使う人がいますが、この行動はお金が減っていく行動って知っていましたか?

私は取引先から入金があっても普段通りの生活をしています。

お金は必要ない限り使いません。

給料が出たから使ってもいいという考え方は、お金をどんどん減らしてしまう考えなのです。

スポンサードリンク

給料日はお金を使わないといけなのか?

給料をもらうために仕事をしているのですが、給料をもらったからといってすぐに使う必要はありません。

給料日にお金を使う癖がついてしまうと、”給料日はお金を使う”といった習慣が身についてしまうからです。

飲みにいく必要もないのに、給料日だから飲みにいくという考え方は、お金が減っている習慣が身についていることになります。

「たまには飲ませてくれよ」と思うかもしれませんが、別に給料日に飲みにいく必要はないですよね?

このように給料が出たら飲みにいく、服を買いに行く、などといった行動が定着している人は、”給料日に必ずお金が減っていく”のです。

お金が消えていく仕組みを自分から作っている

給料日だから絶対に服が必要ですか?

給料日だから絶対に飲みにいく必要ありますか?

”給料日という魔法をかけられている状態”の人は多いのではないでしょうか。

その服が本当に必要になった時に買えばいいだけで、給料日に買う必要はないのです。

”頻繁にATMでお金をおろす人はお金が貯まらない”でも紹介しましたが、”その物が必要か必要でないか”を給料日になると判断できなくなっているのです。

このようなことを毎月行なっている場合、スマホの月額料金みたいに、お金が消えていく仕組みを自分から作っていることになります。

給料日になっても、冷静に物事を判断できれば、お金が減っていくことはないでしょう。

クレジットカードで買い物を”してしまう人”

クレジットカードは便利ですよね。

現金がなくても買い物ができるので、小銭の整理もしなくていいですし、お金を払うときもスマートにかっこよく支払う事ができます。

しかし、このクレジットカードが原因で買い物をしてしまう人がいるのです。

クレジットカードは実際にお金が見えているわけではないので、ゲームのお金を使っている感覚になる人もいます。

クレジットカードを使う事で、ポイントを貯める事ができますし、スマートに会計を済ますことができますが、なぜ、必要以上に使ってしまうのか?

買い物をしてしまっている

上記でも言いましたが、”必要か必要でないか”を見極める事ができなくなっていることから、必要以上に使ってしまうのです。

現金で10万円を支払うときは手が震えて考えているのに、クレジットカードの場合は普通に支払いをします。

お金を使っているという感覚が薄れ、本当に必要でないものでも買ってしまうこともあるでしょう。

これでは買い物をしているのではなく買い物を”してしまっている”のです。

クレジットカードが”便利だから”、”ポイントが貯まる”からといって、必要のないものまで買う必要はありません。

クレジットカードは賢く使うからこそ、その価値があるのであって、乱用してしまっては、自分にとって負の財産となってしまうのです。

まとめ

お金の増減に振り回されることなく、お金を使っていくことを意識することで、無駄遣いを回避する事ができます。

給料日というだけで判断力が鈍っていては、毎月お金が減っていきますので、お金のことを気にしている人は、まず、こういった簡単なことから直していくといいでしょう。

クレジットーカードに関しても、便利だからといって、買い物する必要はありません。

必要なときにだけ使うようにしましょう。

クレジットカードもお金ということを忘れないでくださいね。

無限に買いものできるわけではありませんので。

自分でお金を使っていると思っているかもしれませんが、実は、”給料日やクレジットカードにお金を使わされている”のです。

自分のお金は自分の意思で使っていきましょう。

スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ