夕方老眼の症状出ていませんか?パソコン、スマホ大好きな人は要注意!

夕方老眼

朝から夕方まで、パソコン、スマホを見続けることによって、夕方になると近くの物や文字にピントが合わなくなることってありませんか?

私はパソコン、スマホを1日中いじっているので、夕方、夜になるとピントが合わない時があります。

この状態のことを”夕方老眼”と言われているそうです。

この夕方老眼は、パソコン、スマホが生活には欠かせないものになったことから、常に画面を見続ける生活をしている人が多くなっています。

近くのもの、文字を見続けている生活は、目を酷使している状態なのです。

スポンサードリンク

夕方老眼になる原因

パソコン、スマホ

夕方老眼になる理由は、パソコン、スマホです。

この2つを排除することで、夕方老眼になることはなくなるのですが、この2つは今の生活には欠かせないものですよね?

しかし、夕方老眼の原因であることは、頭に入れておいてください。

スマホは使いやすいことから、いつでも、どこでも利用することができるので、近くのものを見る時間が長くなってしまいます。

電車の中、車の中、歩きながらといった、揺れる環境下で画面を見ることは、ピントが合わせづらく、目に大きな負担を与えることになってしまうのです。

ドライアイ

パソコン、スマホを見る時間が長くなることで、瞬きの回数が減り、ドライアイになることも。

このドライアイになる原因として”目が疲れている”ことが上げられるので、ドライアイになることは、夕方老眼に繋がるということです。

この場合は頭痛などを引き起こす原因にもなります

ドライアイの詳細

アイメイク

アイメイクをしっかりと落としきっていない場合、マイボーム腺(目のうるおい成分を分泌)がふさがっている状態になります。

これによって、ドライアイを引き起こすことになり、結果、夕方老眼になることもあります。

ものもらいになる可能性も。

ブルーライト

この言葉は、すでに有名になっていますが、知っているだけで、それほど意識していない人も多いですね。

私も、目には良くないとわかっていても、何も対策をしていません。

ブルーライトはパソコン、スマホから発せられるので、”現代人は自然と目を酷使している”ということになります。

夕方老眼の対処法

完全に解決するのは難しいですが、症状を和らげる対象法はあります。

その方法を紹介します。

ホットタオル、ホットアイマスク

ホットタオル

簡単にいうと、目を温めることで、目を癒すことができます。

ホットタオルの作り方は、

  • タオルを十分に水を含ませる
  • しっかりと絞る
  • 500Wの電子レンジで1分加熱

こんな感じで簡単に作ることができます。

使っている電子レンジによって、温まり方が違ってくるので、加熱時間は、何回かホットタオルを作ることで、ベストな時間がわかってきます。

居酒屋などで出されるホットタオルのように、ぐるぐる巻きにしてもいいですね。

これを、目に当てるだけで、かなり目をリラックスさせることができます。

居酒屋でも、まずは目にタオルを当てるといいでしょう(笑

ホットアイマスク

私は、これを使って目を休ませることがあります。

非常に手軽に使うことができるので、便利です。

本当は、眠れない時に使う目的だったのですが、今では、目の疲れを取るために使っていますね。

”めぐリズム”というものが薬局などで売られているので、夕方老眼だと感じている方は、試しに買ってみるといいですよ。

遠くを見る

たまに外などを見るようにするのもいいですね。

これでも目を休ませることになっているので、オススメです。

長時間パソコン画面を仕事している場合は、たまに遠くを見ることも忘れずに。

あと、目を少しの間閉じることでも、目を休ませることができるので、休憩中は遠くを見るか、目を閉じるかをしておくといいですよ。

本気を出して仕事中に寝てしまうのもアリですね。

「仕事の効率を上げるために寝ています」と言い張れば大丈夫かも。

まとめ

パソコン、スマホを手放すという究極の選択は、できませんよね?

私は絶対に手放したくありません。

なので、できるだけ目を休ませる時間を作っています。

ちょっとしたことですが、あまり目に負担をかけたくないので。

と言いつつも、寝る前にYouTubeを見て目をいじめていますが(笑

まあ、パソコン、スマホが目には優しくないと、意識しておくだけでも、目に対する気持ちが変わってきますので。

夕方老眼になってしまう人は多いですが、対処法はありますので、頭に入れておいてください。

気休め程度かもしれませんが、目にも休憩が必要ということです。

スマホが老眼の原因に
スポンサードリンク

関連記事

ページの先頭へ