ヒゲ脱毛は超痛い!回数をこなせば効果が出る「後悔はしていない」

ヒゲ脱毛

ヒゲが濃いと、老けて見えますし、剃るのも大変ですよね?

剃った後にヒリヒリする人は多いと思います。

私はT字のカミソリでひげを剃っていましたが、刃にヒゲが引っかかって「ブチっ」と抜けることが頻繁にありました。

ケチなので、刃を全然変えていなかったのが原因なのですが(笑

新品にしたほうがいいのですが、新品は新品でよく肌が切れてしまうことがあったので、ひげを剃ることは、肌にも優しくないなと思い、脱毛することにしました。

その脱毛の結果を報告します。

1,000円キャンペーン

光脱毛で脱毛

私が行った脱毛方法は光脱毛です。

このほかにもレーザー脱毛という方法もあるのですが、レーザーの方は痛みが強いそうです。

私が脱毛を行ったところは光脱毛しかなかったので、ちょうど良かったです。痛いのは嫌なので(笑

脱毛をする頻度としては理想は週1なのですが、私はバラバラで2週間に1回とか、月に一回くらいの頻度でサロンに通っていました。(現在は、あと残り1回です)

私は全18回コースをすることに。

脱毛するときの痛さ

脱毛するときに気になる点は「痛さ」ではないでしょうか?もちろんケチなのでお金のことも気になりましたが。

それよりも痛みに耐えられるかの方が気になりましたね。お金を払って、痛みに耐えられなかったら、もったいないないですし。

「ヒゲをそのままにするか」「痛みに耐えるか」ですね。

ヒゲ脱毛するときは、顔の下半分にジェルを塗ってもらうのですが、夏場にこれを塗ってもらうと気持ちいいですよ。

冬場はその逆ですね。

鼻下、顎は強烈に痛いそ!

そのあと、脱毛することになり、初フラッシュは「痛ぇー!!」と、思いっきり声が出ました(笑

自分では気づいてなかったかもしれませんが、暴れていたかもしれませんね(笑

特に、鼻下とアゴの部分は強烈に痛かったですね。チクチクするのを超えて「どすどす」と殴られているように感じました。

しかし、そのフラッシュは最大レベルのフラッシュではないとのこと...。

私はヒゲが濃い方だったので、剃った後にもかかわらず、フラッシュをあてると焦げくさい臭いがしていました。

ヒゲが焼けている証拠ですね。バチバチフラッシュを当ててもらうこと15分程で施術完了です。

脱毛後の痛み、ヒリヒリ感はなかった

時間としては短いですが、地獄の15分間でした。その後、自分の顔を見るとちょっとだけ赤みが出ていて、血が滲んでいる箇所もありました。

赤みと血が出ているからといって、痛みはありませんでしたけど、なかなかの威力だということですね。

この光脱毛の痛さは、言葉で伝えるのは難しいので、実際にしてもらう方がいいですね(笑

肝心のヒゲが無くなったかですが、1回目では無くなっていません。

○回目でヒゲがなくなってきた

ヒゲをなくすために痛みに耐えながら脱毛することと4回目。

ついに、効果を実感することができました!

首回りのヒゲが所々なくなってきたのです。

首回りのヒゲだけ、毛が薄くなってきていたので、ヒゲを剃るのがだいぶ楽になりました。

これだけでもかなり嬉しかったですが、メインのアゴと、鼻下の口ヒゲはこの時点ではびっしりと残っています。

残ってはいるのですが、引っ張るとヒゲが簡単に抜けてしまうようになりましたね。

本当は脱毛中にヒゲを抜いてしまうことはNG(効果が下がるため)なのですが、もうこれにはまってしまい、抜きまくり状態です(笑

ティッシュの上にヒゲが大量にあると、謎の達成感もありましたね。

よいこの皆さんは真似しないようにね。

それだけ、この時点でヒゲに動きが出てきたのです。嬉しかったですね。

12回目くらいに...

この時点ではもうヒゲがほとんどない状態になりました。

首回りの毛は完全になくなって、剃ることを全くしなくてもいい状態になったのです。

放置していても生えてきません。

鼻下と顎に関しては、まだヒゲがあり、なくなった感はありませんでしたが、ヒゲが薄くなっていました。

あの太くて何度も何度も生えてくるヒゲがなくなる時が近づいてきたかなと思いましたね。

この頃になると、ヒゲが薄くなっているので、フラッシュを当てられても、それほど痛くないので、「いらっしゃい」って感じで脱毛することができます。

しかし、鼻下とアゴはかなり力みます。

この時点でもここは痛いですね。

まあ、最初と比べると、かなりマシですが、それでも痛みは感じます。

17回目「ビフォアフター」

もう最終段階に入りましたね。

この時期になると行く感覚もかなり開けることが多く、2ヶ月に一回くらいに脱毛するようになりました。

最初は「ある程度ヒゲがなくなったらいいか」という感覚で、脱毛して見ることにしましたが、まさか、ここまでになるとは思っていませんでした。

それでは、ビフォアフターをご覧ください。

ヒゲ脱毛 ヒゲ脱毛1

まだ、鼻下と顎には黒い点々が薄っすら見えますが、かなりヒゲがなくなったことはわかりますよね。

これが痛みに耐えた結果です。

脱毛すると、肌が荒れるなど悪い噂もありますが、私はここまでヒゲをなくすことができました。

自慢に聞こえる?

自慢しているんですよ(笑

自慢したくなるほど、ヒゲ脱毛には効果があるということです。

もちろんヒゲ以外にもハイジニーナ(VIO)や脚などの脱毛にも効果は期待できるでしょう。

する人はいないと思いますが、髪の毛の脱毛にも効果があると思いますので、お坊さんなどにはおすすめなのかもしれませんね(笑

そもそも頭にフラッシュを当てていいのかもわかりませんが。

「追記」これで脱毛しました

光脱毛器

これで光脱毛しました。

見た目は丸みを帯びた優しそうなやつですが、してくることはエグいです(笑

ブルーの部分を顔に当てて顔に光を放つことでヒゲを脱毛していきます。

照射範囲が広いので、ゴーグルをしていないと、眩しいと感じるかしれませんね。

施術してくれる人もゴーグルの他にマスクをつけていますし、見慣れない機械を手に持っているので、人体実験をされている気分を味わえますよ(笑

こいつが私のヒゲを撃退してくれたので、今では感謝していますが、最初はこいつを見るたびにドキドキしていました。

いい思い出です。

家庭用脱毛器より、はるかにでかい

家庭用脱毛器を直で見たことがありますが、それとは比べ物にならないくらい、デカかったです。

家庭用脱毛器を使って自分で脱毛するのもいいかもしれませんが自分でする場合、フラッシュのレベルを下げてしまいそうなので、ちゃんとした脱毛サロンで脱毛した方が効率的に考えてもいいでしょう。

脱毛器も中には70000円くらいするものもあるので、それだけのお金を出すのであれば、脱毛サロンで脱毛した方がいいでしょう。

脱毛サロンによって、使っている機械が違いますので、通うペースがサロンによって異なってきますので、注意してください。

私が行ったサロンは、脱毛のペースを早くすることができる機械を使っていたため、2週間に1回くらいのペースで脱毛することができましたが、機械によっては月に1回のペースが普通というサロンもありますので、脱毛する際は、そのことについても聞いておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

脱毛でヒゲをなくすことができることを、この身をもって証明しました。

痛くないか、痛くないかで言ったら、もちろん「痛い」ですが、これには個人差があるので、あくまでも私が感じた痛みをお伝えしました。

中には鼻歌歌うながら脱毛してもらう人もいるかもしれませんね。

私は絶対に無理です。

痛みが軽くなってきた頃でも、体はガチガチの状態ですから(笑

まあ、慣れると、痛くてもフラッシュが来るタイミングがわかるようになるので、耐えることはできます。

初めての時は、自分の思っているタイミングにフラッシュがこなかったので、びっくりしました。

慣れると楽勝ですよ(笑

ヒゲが濃いことが悩みで、青髭をなんとかしたいと思っている方は、脱毛でなんとかすることはできます。

費用は高いですが、脱毛「するか」「しないか」では大きく違って来るでしょう。

肌のことを考えても脱毛することは良いことなのです。

これから何年もカミソリで肌を傷つけていくのか、それとも、数ヶ月間脱毛の痛みに耐えるかは自分の意思次第でしょう。

1,000円キャンペーン

関連記事

ページの先頭へ