一人暮らしのウォーターサーバーはランニングコストに注意

ウォーターサーバー 一人暮らし

一人暮らしをしている人の中に、ウォーターサーバーが欲しいと思っている人はいるのではないでしょうか?

ワンルームに住んでいる人は、ウォーターサーバーの大きさやランニングコストは気になりますよね?

ウォーターサーバーはサーバー自体を買うこともできますが、ほとんどの人がレンタルしています。

レンタルする事がオススメなのですが、何を基準に選べばいいのかをここで紹介します。

ウォーターサーバー

コンパクトでおしゃれ

ウォーターサーバーは家庭用としての商品も人気があり、すでに設置している人は多いのではないでしょうか?

私も安物ですが、ウォーターサーバーを設置しています。

家庭用のサーバーが多いため、一人暮らしの人が使うには大きすぎる場合もありますし、ランニングコストが無駄にかかる場合もあります。

しかし、一人だからこその便利な機能も備わっています。

一人暮らしをしている人向けの”コンパクトタイプ”もあるので、狭いワンルームの部屋に置くこともできます。

最近では、”デザインに凝ったウォーターサーバー”が多く、これを部屋に置くだけでおしゃれにすることも可能です。

いろんなメーカーから発売されているので、何がいいのかわからないと思いますが 自分にあったものを探すためにもしっかりと比較する事が大切です。

また、これから先もずっと無理なく続けるためにも、ランニングコストや使い勝手などにも注目して、自分で納得した上で購入しましょう。

魅力的な機能がついている

ウォーターサーバーの魅力として、たくさんの水をストックできるというメリットがあります。

水は毎日必要になるものですが、持ち運ぶには重いものでもあり、こまめに購入しなければなりません。

水道の水を飲むのもいいのですが、水道水には塩素が微量ですが含まれているので、体のことを考えればあまりいい物とは言えません。

水を定期購入する事で、家の玄関まで重たい水を運んでくれますし、いつでも清潔な水を飲む事ができます。

温水と冷水を使い分けることもできますので、一杯だけあったかいお茶が飲みたいという時でも、すぐに飲む事ができます。

いちいちお湯を沸かさなくて済みますし、水道代とガス代の両方を節約することにもなります。

冷水の場合にも、冷蔵庫に水を冷やし忘れた時にも便利であり、夏の暑い日に自宅に帰ってきてすぐに飲みたいという時にも、冷たい水を好きなだけ飲むことができます。

さらに、常温水でも利用ができるので、災害時の備えとしてのストックにもなります。

ランニングコストで選ぶ

ウォーターサーバー選びでは、ランニングコストについて考えることも重要です。

とくに、一人暮らしとなれば何かとお金がかかりますし、いくら便利でおしゃれといっても高すぎる値段であれば躊躇してしまいますよね。

自分一人だけでもぴったりなサイズや機能がついたものを探す必要があります。

コスト面で気になる点は、

  • 水の料金
  • ウォーターサーバー料
  • 配達料
  • メンテナンス料
  • 電気代

水の購入価格に気を取られがちですが、サーバーの料金のことを忘れてはいけません。

ウォーターサーバーは購入しなければならないものもありますが、レンタルで利用できるものもあります。

レンタルの場合には、月にどれだけ水を注文しているかによっては、貸し出し無料で提供しているところもあります。

しかし、最低でも注文しなければならない水の量が決められていることも多く、一人暮らしでは使いきれないような量になればレンタル料が請求されるということもあります。

この場合には、自分が一か月あたり使う水の量を把握しておくことが必要になります。

他にも、24時間電源を入れる状態になるので、電気代のチェックも欠かせません。

仕事で自宅を空ける時間が長い人であれば、省エネタイプを選んでおくといいでしょう。

まとめ

一人暮らしでもウォーターサーバーを利用することはできますが、コスト的に考えると負担になるかもしれませんね。

毎日自炊して、水を頻繁に飲む生活をしていれば、水を使い切る事ができるのでいいのですが、一人暮らしの場合、友人などと外食にいくい機会が多い場合は、電気代や水代など総合的に考えて、お金がかかりすぎることもあるでしょう。

ただ単におしゃれだから欲しいとか、安易な考えで購入したり、レンタルしてしまうと、お金を無駄にしてしまうでしょう。

ランニングコストのことはしっかりと考えて、購入するか、レンタルするか、利用しないかを考えるようにするといいでしょう。

ウォーターサーバー

関連記事

ページの先頭へ